♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧

<<   作成日時 : 2006/09/15 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 コラールカンタータ年巻(第2年巻)の、冒頭を飾る4曲のカンタータ


1、三位一体節後第1日曜(6月10日)

   BWV20 「おお永遠、雷(いかづち)の言葉」

     冒頭合唱のコラール旋律 : ソプラノ
     冒頭合唱の楽曲型式   : フランス風序曲(管弦楽組曲の第1曲)


2、三位一体節後第2日曜(6月17日)

   BWV2 「おお神よ、天より見下ろしたまえ」

     冒頭合唱のコラール旋律 : アルト
     冒頭合唱の楽曲型式   : 古風な声楽モテット


3、洗礼者ヨハネの祝日(6月24日) *

   BWV7 「我らの主キリスト、ヨルダン川に来たれり」

     冒頭合唱のコラール旋律 : テノール
     冒頭合唱の楽曲型式   : Vnをソロとするコンチェルト。標題性が強い。


4、三位一体節後第3日曜(6月24日) *

   BWV135 「ああ主よ、あわれな罪人たる我を」     

     冒頭合唱のコラール旋律 : バス
     冒頭合唱の楽曲型式   : リトルネッロ型式ながら、高度な対位法技法を駆使。


 * 暦の関係で、逆転する年もある。
   ちなみに、今年は同日。



 (参考)

 第1年巻の冒頭を飾るカンタータ 


1、三位一体節後第1日曜(6月10日)

   BWV75 「貧しき者は食べて満足を得る」

     当然、壮大なフランス風序曲で開始。


2、三位一体節後第2日曜(6月17日)

   BWV76 「天は神の栄光を語り」


3、洗礼者ヨハネの祝日(6月24日)

   BWV167 「もろびとよ、神の栄光を讃えよ」


 これらは、トマスカントルとしてのバッハのデビュー作品群。
 BWV75、76は、楽器編成、楽曲の規模、ともに異例ともいえる超大作。

 ちなみに、楽章数は、両曲とも「14」。
 これはBACHを数字に置き換えた合計で、「バッハの数字」。
 そんな密かな「自己紹介」のためだけに、こんなにも長くした?

 おそらく、市当局者は頭を抱え、
 一般市民や学生たちはドギモもを抜かれ、その後大部分の人は大喜びしたでしょう。

 さすがのバッハも反省したのか、
 3曲目のBWV167からは、小規模ながら真摯な美しさにあふれた珠玉作を書き出します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる