♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 闇の中の閃光〜顕現節後第2日曜(BWV13、3他)〜カール・リヒター

<<   作成日時 : 2007/01/12 00:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今度の日曜日(1月14日)は、顕現節後第2日曜日。

 該当する福音書章句は、婚礼の席で、マリアにたのまれたイエスが、水をぶどう酒に変えるエピソード。
 イエスは、このように次々と奇跡をおこして、弟子を増やしていきます。
 でも、現代のわたしたちにはちょっとピンと来ない話ではあります。

 その点、該当する書簡章句の方は、ローマの信徒への手紙の有名な箇所で、
 わたしたちの日常にも、十分かかわりのある内容です。

 わたしはクリスチャンではありませんし、聖書にもくわしくないので、聖書の内容そのものに関する事がらは、なるべく必要最小限に留めようと思っているのですが、この部分はとりあえずそのまま書いておくことにします。

 「愛に偽りがあってはなりません。
 悪を憎み、善には親しみ、兄弟愛をもって互いに慈しみ、尊敬をもって相手を優れたものとみなしなさい。
 熱心で、倦むことなく、霊に燃えて、主に仕え、
 希望を抱いて喜び、患難に耐え、たゆまず祈りなさい。
 貧しい聖徒を助け、旅人をもてなすよう努めなさい。
 あなたがたを迫害する人を祝福しなさい。祝福するのであって、呪うのではありません。
 喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。
 互いに思いを一つにして、高ぶらず、かえって低い人たちと交わりなさい。自分を賢いと思い上がってはなりません。
 誰に対しても、悪をもって悪に報いず、すべての人に対して善をなしなさい。
 あなたがたは、可能な限り、すべての人とともに、平和に暮らしなさい。


 うーん。一つ一つ、ほんとうにそうあるべきだと思います。
 でも、難しい・・・・。


 さて、カンタータは、

 初期の、BWV155 「わが神よ、いつまで、ああいつまでか」

 コラール・カンタータ(第2年巻?)の、BWV3 「ああ神よ、いかに多くの胸の悩み」

 後期(3年目)の、BWV13 「わがため息、わが涙は」

 です。


 これらのタイトルを見ただけでもおわかりかと思いますが、
 この日のカンタータは、現世における果てしのない苦悩や絶望を、切々と歌ったものばかりです。
 上の言葉のように生きるのは、やはり困難がつきまとうのです。

 ただやはり、バッハは、必ずその中に、救いを用意してくれています。


 BWV155では、後半、実際にレチタティーボの歌詞に「ぶどう酒」が登場すると、それに続いて、突然、まるでスキップをしているようなリズムのアリアが歌われます。
(もう1つの第2曲、デュエットアリアは、ファゴットの超絶技巧で知られ、他の初期カンタータ同様、楽器やピッチの上で、たいへん興味深いのですが、これはまたの機会に)


 コラール・カンタータのBWV3でも、全体的に厳しい詞と曲調の中に、
 夢のように美しい冒頭合唱、
 ソプラノ、アルトと器楽、通奏低音の4声部が、まるで室内楽のように親密に絡み合う、柔らかで美しいアリア、
 などが、用意されています。
(BWV3については、名曲なので、また、あらためて書きます。)


 そして、後期の、BWV13

 冒頭アリアは、リコーダーを始めとする管楽器と、テノールが織り成す涙のシチリアーノ。
 嘆き悲しむかのようなため息音型(マタイ等でよく知られていますね)と半音階音型が、全曲を構成する、極限とも言えるほどに厳しい音楽です。
 そして、後半のアリアでも、ため息音型による詠嘆は執拗に繰り返され、いつ果てるともしれません。

 まるで、宇宙空間にたった一人放り出されてしまったような孤独感。
 これはこれで、超絶的な、これ以上ないほどすぐれた音楽ではあるのですが、
 ただ、ここには、救いは見当たりません。

 でも、そのすさまじい音楽のど真ん中、3曲目に、
 なんとバッハは、ただもうまぶしいばかりの、燦然と輝くコラールを置きました。

 BWV147や、BWV140の、あのコラールたちを彷彿とさせるような、
 きらめくように美しい弦楽のオブリガートを身にまとい、リコーダー等の管楽器とともに奏されるコラール!

 ほんとうに、シュープラーコラール集に入れてしまいたくなるような名コラール。
 カンタータの中には、このようなコラール編曲がたくさんありますが、その中でも特に美しい1曲です。

 このコラールは、歌詞自体は、よりいっそう厳しい内容で、本来の曲調もそれにふさわしいものです。
 でも、バッハは、あえて曲調をそのように輝かしいものに変えてしまったわけです。

 苦悩や絶望といっしょに、常に希望が存在する、ということなのでしょうか。

 そして、全曲の最後に、バッハは、さらにもう1曲、他のコラールを置きました。
 これは、もともとの歌詞には無いもので、わざわざ追加したものと思われます。

 こちらは、単純な4声体コラールですが、イザークの有名な「インスブルック」に基づくと思われる、夢のように美しいコラール。

 闇の中に垣間見えた希望が、最後に確信にいたる、というわけです。

 BWV13、例によってあまり知られてはいませんが、名作中の名作だと思います。

 このBWV13や、新年のところに書いたBWV171などの、隠れた名カンタータは、リヒターも録音してくれています。
 それ以外には、ほとんど全集しか録音がありませんので、ほんとうにありがたいことです。
 特にBWV13については、よほど曲調が合っているのか、類稀な名演だと思います。
 短調アリアの切々とした表現、中間アリアの輝かしさ、最後のアリアのすべてが浄化される
ような感じ。

画像



 ところで、なんと、ここに来て初めて、タイトルにリヒターの名前が登場しました。
 カンタータのブログだというのに・・・・。



そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闇の中の閃光〜顕現節後第2日曜(BWV13、3他)〜カール・リヒター ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる