♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS お花見(やりなおし)・桜満開の外濠公園 + 大きな大きな物語〜棕櫚の日曜日(BWV182)

<<   作成日時 : 2007/04/01 13:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 外濠公園のお花見、先週、ちょっと早すぎて、がっかりしたので、
 昨日、リベンジ、ということで、また行ってきました。

 午前中は寒かったのですが、午後からは少しあたたかくなり、
 時々薄日の差しこむ花曇りの中、飯田橋から四谷まで、満開の桜がどこまでも続く道を、
 ただひたすら歩き続けました。

 
  この日のコース : とてもおすすめ

 飯田橋の神楽坂下(カナルカフェ入口前)から、外堀通りを市ヶ谷方面へ。
 一つ目の橋を新見附(法政大学)側に渡り、
 あとは外堀の土手上を、四谷まで。
 それから、聖イグナチオ教会や上智大学の横をさらに進み、ホテルニューオータニ前へ。


画像

       (↑ちょっと大きな写真をのせました。お花見に行けない方は、拡大してお楽しみ下さい)


 ほんとうに、東京は、桜の街です。
 あっという間に街中がピンクにそまり、その後、いっせいに新緑が芽生えます。
先週の写真と比べてみてください)


▽ カナルカフェ

画像


画像



▽ 外堀通り側から

画像


画像


画像



▽ 新見附の橋の上から

画像

  * ちなみに先週同じところから撮った写真はこちら 


▽ 市ヶ谷付近の松林

画像



▽ 雙葉高校 

画像


▽ 赤坂離宮をのぞむ斜面

画像



 この日は、さらに半蔵門の方まで足をのばし、
 千鳥ヶ淵公園で夜桜を見て、帰りました。


▽ 半蔵門付近から、桜田門方向

画像



▽ 千鳥ヶ淵(これは、九段下の方でなく、
  半蔵門横の吹上御所付近

画像




 さて、桜づくしの記事を書きましたが、
 競馬も来週は桜花賞。
 F1も野球も開幕して、スポーツの春到来!

 日本ハムファイターズ、
 開幕早々、いきなり引き分けの緊迫した試合の連続です。
 結局、絶対に勝つぞ、という気迫は十分なのに、やはり戦力が1点分だけマイナスになってしまってる、ということなんでしょうか。
 でも、昨年活躍できなかった選手もどんどん登場してるので、今後は、とても楽しみです。
 だけど、ダルビッシュくんはかわいそう。ほんとはもう、2勝していていいのに。 

 一方、ジャイアンツ愛を注入されてしまったガッツさん、
 もちろん、応援してますが、
 正直言って、今はまだ、巨人が勝っても負けても、うれしくも悲しくも何とも無い。
 ううん。困った・・・・。


  *    *    *


 さて、と、いうわけで、
 世の中は春一色ですが、
 今日(4月1日)は、棕櫚の日曜日。
 イエスのイスラエル入場。今週はついに受難週、聖週間です。

 カンタータはBWV182 「天の王よ、あなたを迎え入れます」

 シンフォニアが美しくも悲しい、初期の傑作です。

(実際には、先週のBWV1のところでも書きましたが、
 この曲も、BWV1も、棕櫚の日曜日とマリアのお告げの祝日が重なった日のために作曲されたものです。)


 最近しつこくご紹介した、
 ガーディナーのSDGシリーズ、
 五旬節(BWV127、159)とマリアのお告げの祝日(BWV1)の2枚組みセットには、
 もちろんBWV182も収録されています。


  BWV127、159
  (五旬節=イエス・キリストのイスラエルの旅)

  BWV182
  (棕櫚の日曜日=イエス・キリストのイスラエル入場)

  そして、BWV1


 ガーディナーのセットには、これらがすべて収録されていて、
 続けて聴くと、受難曲にも負けない大きな物語のようです。
 演奏も一息に行われたものでしょう。



 長いレントももうおわり。
 レントの間は、最近の記事を見ていただくとわかるように、なまけまくり。
 思いっきりリラックスしてしまって、もうふにゃふにゃです。
 この間に、ゆっくりと、受難週や、復活節の記事を用意しておこう、と、思っていたのですが、
(バッハも、レントの間に、受難曲を書いたり、復活節のカンタータを書き溜めたりしていたようです)
 なんと・・・・!
 油断していて、まだほとんど手をつけていません。
 宿題にまったく手をつけないうちに、夏休み最後の日を迎えてしまった小学生の気分。
 まあ、誰も困らないか。



そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Noraさん
何やかやと忙しくしておりましてご無沙汰してしまいました。

>ほんとうに、東京は、桜の街です。

ここ何年か桜の美しさにしみじみと感じ入ることが多くなりました。
若い頃は何を見ていたのだろうと思います。
花の華やかさだけに目が行っていたのでしょうか。
移ろうがゆえの美しさ、愛おしさ。
淡く霞のようにたなびく桜を見ていて、胸が痛くなるような、一種、物狂いにも似た衝動が込み上げてきました。

数日前上京した際、街灯の光の中で朧に咲いていた桜の花を思い出しました。
aosta
2007/04/07 15:12
 こんばんは。
 天候不順は困ったものですが、そのおかげで、今年はずいぶん長い間、桜が楽しめました。
 東京は多くがソメイヨシノですが、TVなどで、地方のいろいろな変わった桜を紹介してるのを見ると、いかにも力強そうな桜もあるようです。
 機会があれば、ぜひいろいろな桜も見てみたいです。
Nora
2007/04/08 02:11
雙葉高校の桜のお写真、道路標識が写ってなかったら、外国のようです。
我が家の桜は、まだまだ。
昨日、近くの高遠城址公園のタカトウコヒガンザクラが満開になりました。
信州にも、ようやく春の訪れです。
(^-^ ) ニコッ
Stanesby
2007/04/14 15:55
 高遠のサクラ、一度でいいから、見てみたいです!
 実は以前、ちょうど今頃の季節に一度だけ行ったのですが、前日温泉に泊まり、翌日、いよいよお花見だ、という時に、わたしだけ急用ができてしまい、朝一の電車で帰ったことがあったのです。(涙)
 TVでは見たことありますが、すごいんだろうなー。

 写真、道路標識はまだいい方で、撮っているわたしのまわりには、実は手拍子しながら歌ってるようなみなさんが、たくさんいるわけです。
 それらの方々の頭などが写らないように、ものすごく苦労しました。 
 その点、絶対に、外国ではない。(笑)

 この日のコースは、ずっと細い一本道が続くので、グループでお花見してる方はそれほど多くはないのですが、それでもちょっとでもスペースがあると、みなさん、思い思いに楽しんでらっしゃいます。
 この頃は、バーベキューセットなどを使って、びっくりするほど豪華な料理を用意してるグループが多く、途中何度も、思わず仲間に入れてもらいたくなってしまいました。
 そういうのも含めて、春だな、と、思います。
Nora
2007/04/15 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お花見(やりなおし)・桜満開の外濠公園 + 大きな大きな物語〜棕櫚の日曜日(BWV182) ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる