♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「熙代勝覧」の富士山、江戸城と、新年のカンタータ (BWV41他)

<<   作成日時 : 2008/01/01 01:55   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像




 あけましておめでとうございます。



 「熙代勝覧」の世界をたずねる大江戸バーチャル散歩
 本石町十軒店のあたりの、にぎやかな雛市のところで止まってしまってますが、

 この絵巻の最後の最後、クライマックスの情景が、とてもめでたく、お正月にぴったりなので、とりあえずご紹介してしまいましょう。


 日本橋魚市場のすさまじい雑踏をぬけると、
 それまでずっと平行透視図法で、ただひたすら通り沿いだけに限られてきた画面が、一気にがらんと開けて、一点透視図法による壮大な景観が広がります。

 この部分、タケコプターか何かで、急にふわりと、空に浮かび上がったかのような爽快さです。


 画面の中央に、商人の町・大江戸の中心、日本橋。
 橋の真ん中で、高く高く掲げられた槍。
 その槍が指し示すあたりには、誇り高い武士の国・坂東東国を象徴する江戸城が浮かんでいます。
 そして、さらにその向こう、それらのすべてを抱くかのような、日本国の象徴、巨大な富士山。

 どこまでものどかな、平和な空。


 まさに、「熙代勝覧」=「輝ける太平の世のすぐれた景観」、そのものの風景です。



 2008年が、平和で良い年でありますよう。



 新年(1月1日)用のカンタータをご紹介しておきます。

 どれも、過ぎ去った1年を振り返り、新しい年を迎えたことを感謝するものです。

 第1年巻のBWV190、
 コラール・カンタータ(第2年巻)のBWV41、
 3年目のBWV16、
 後期(1729年)のBWV171。

 昨年の記事は、こちら

 田中一村の鶴の絵をご覧いただけます。



 それでは今年もよろしくお願いします。



画像




そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年の元旦は、午後爆眠してしまい、典型的な寝正月になりました。
明日、妻の実家に行く予定です。
今年はNoraさんに触発されて、バッハのカンタータにチャレンジ
しようかと思っています。とりあえず鈴木雅明指揮BCJのCD
を1、2ヶ月に1回のペースで聴いていこうかと思います。
またいろいろと御教示のほどお願い申し上げます。
アルトゥール
2008/01/01 21:58
あけましておめでとうございます。
おお、Noraさんも富士山ですね。江戸時代の富士山ですね。
感激です!
娘が置いていったテープ(CDではありません)3本のバッハを聴いています。ごく知られたのばかりです。BWVが書いてないのもあります。

本年も宜しくお願いいたします。
tona
URL
2008/01/02 15:03
 アルトゥールさん。おめでとうございます。
 昨年は、すばらしい曲や演奏家をたくさん教えていただき、とても感謝しています。おかげ様で、かけがえの無い宝物が、また増えました。
 今年もどうか、よろしくお願いいたします。

 カンタータは、演奏家によってまったくちがうので、どのCDを選ぶかはとても難しいですが、BCJは身近でいいですね。
 後期の名曲の数々の録音がまだこれからですが、今年も2〜3ヶ月ごとにリリースされていくはずなので、それを聴いていくのも手かもしれません。
 先日も、いつかご紹介したコンチェルト風カンタータ(BW42他第 巻)と、アルト・カンタータ(BWV170他・第 巻)のCDが発売されたばかりです。 
Nora
2008/01/02 21:28
 tonaさん、おめでとうございます。
 富士山、ほんとにいっしょですね。わたしの方は、また、にせものですが、tonaさんのは、正真正銘、元旦の富士山ですね。すばらしい!
 それにしても、おもしろくて何度も見比べましたが、雪の感じまで同じです。何百年も変わらず、江戸・東京を見守り続ける富士山。
 新年早々、また感動させていただきました。
 今年もどうか、よろしくお願いいたします。

(PS)
 新年にバッハ、いいですねー。
 娘さんと同じテープを聴く、というのも、とてもすばらしいと思います。
 もし曲名等でわからないことがあったら、何でも聞いてください。
 それだけがとりえですので。
Nora
2008/01/02 21:51
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

去年、ひょんなところからつかまってーーークリスマスとジョンの記事が最初に拝見したものでしたーーーあれよあれよという間に、バッハだけでなく色々な時代にひきまわされて・・・(笑)。Noraさんのおかげで新しい世界にかなり触れることができました。感謝しています。

ちなみに私は新年をアントネッロの「聖母マリアのカンティガス」で迎えました。なんか面白い年になりそうです(笑)
たこすけ
URL
2008/01/03 14:42
Noraさま
明けましておめでとうございます。
本年も、唐突なコメント(爆)となりがちですが、
よろしくお願い致します。

年初から、富士山!! ありがとうございます。
それから、田中一村画伯の「鶴」も。
縁起がいいですね。
奄美大島の一村美術館には一度行ってみたいと
思っています。

昨夜はニューイヤー・コンサート(再放送)を
テレビで楽しみましたが、今日は、訳あって(笑)、
ヨハネ受難曲の終曲(コラール)を鼻歌の如く
(不謹慎で済みません)歌いながら、パソコンに
向かっています。
それでは最後に恐縮ですが、Noraさま。それから
本ブログにご訪問される皆さまの、今年1年の
ご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
Nacky
2008/01/03 21:20
 たこすけさん、あけましておめでとうございます。
 新年早々、カンティガまで行ってしまいましたか。(大笑い)

 昨年は、すばらしい演奏をたくさん聴かせていただき、こちらこそ心の底から感謝しております。
 今年も新年早々、とびっきりステキなバッハを聴かせていただきました。
 またゆっくりとおじゃまさせていただきます。
 今年もよろしくお願いします。

 PS、
 そう言えば、昨年末、たこすけさんにぴったりの本が出ました。
(ちょっとおそかったかな?)
 今週末の記事でご紹介させていただきます。
Nora
2008/01/04 00:46
 Nackyさん、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 Nackyさんも、田中一村画伯、お好きでしたか。
 わたしは、東京の展覧会で見ましたが、それまで見たことも無いような絵ばかりで、感動しました。奄美にも絶対に行きたいと思っています。

> 訳あって(笑)、ヨハネ受難曲の終曲(コラール)を鼻歌の如く(不謹慎で済みません)歌いながら、

 何があったのか妙に気になりますが、(笑)
 Nackyさんも、新年早々ヨハネとは、すばらしいですね。

 それでは、わたしも最後になってしまいましたが、
 NackyさんとNackyさんにかかわるみなさんにとって、今年がよい年でありますように。
Nora
2008/01/04 00:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「熙代勝覧」の富士山、江戸城と、新年のカンタータ (BWV41他) ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる