♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ディランのいる春(+観音の里の祈りと暮らし展、美ら海フェスティバルほか)〜花のアルバム【復活節】

<<   作成日時 : 2014/04/18 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 植物園の春の道

 散り残った花のピンクと新緑の緑が霞みたいに溶け合っている。
 前方、地面で雪のように輝いているのは、ニリンソウ。

画像




 今年の4月は、ディランがいる4月。
 ZEPPライブハウス日本縦断ツアー開催中。

 わたしも、最後の方のライブに行く予定。

 このところ、ディランのライブの予習で、東京Zepp DiverCity のはじめの数日のセットリストから数曲をピックアップし、いつも持ち歩いて聴いている。

 この日も、花々が風に舞い散る中を歩きながら、Simple Twist of Fate を聴いてたら涙がこぼれてきた。
 Simple Twist of Fate などを、現在の境地のディランが歌ったら、どうなってしまうんだろう。
 

 今回のボブ・ディランのジャパンツアー、上記セットリストを見る限り、基本的に、渾身の最新アルバム・テンペストを中心とする、21世紀になってからの楽曲を中心にした構成みたい。
 それに加えて、ブラッド・オン・ザ・トラックス(血の轍)から武道館ライブ&ストリート・リーガル、インフィニティを経てブートレクの最後の「メドレー」にいたる、ディランのロック時代の黄金期(=わたしのディランのリアル体験そのもの)からの数曲等がちりばめられている。

 もちろん、ちょっと恥ずかしいくらいにロックしている「メドレー」の2曲は無いが、ブートレクシリーズでその前に置かれている、もともとインフィニティのために録音された、名曲名演の誉れ高いBlind Willie Mctell が入っているし、ディランの最高傑作の一つ、ブラッド・オン・ザ・トラックスからの超名曲2曲、何よりSimple Twist of Fate が入っているのがうれしい。
 そもそもテンペストは、冒頭のDuquesne Whistle やSoon After Midnaight などをはじめ、キャッチーな味わい深い曲がそろってるし、Modern Times から選ばれたLong and Wasted Years なんかもけっこう好き。
 つまり、ほとんどがいい曲ばかりで、本当に楽しみ。


 * 以上は、東京公演最初の3日間のセットリストを前提とした記述になっています。
   当然その後変更されている可能性もあります。それはそれで楽しみ。




 さて、今日(4月18日)は聖金曜日ですので、今度の日曜日から3日間(4月20日〜4月22日)、いよいよ復活節、

 カンタータの祭典、春の祭典です。

 バッハが生涯にわたって書き続けた春の喜びの音楽が勢ぞろい。
 一口コメント付一覧表等を参考にして、ぜひお気に入りの1曲をみつけてください。


 過去記事はこちら↓

 同様の雰囲気の曲が続く、復活節後第2日曜日まで、一気に。 


 <復活節>

    お気に入りアリアその2(BWV134)
    春のよろこび〜復活節 【復活節(イースター)・カンタータ一覧】
    お気に入りのアリア・復活節編 踊る双子の兄弟(姉妹?)〜BWV134、66
    お気に入りのアリア・復活節編 春はたそがれ〜BWV6、42ほか
    お帰りなさい、ファイターズ〜日本ハム・東京ドーム初戦(BWV6)
      * コメント部分
    聖金曜日+復活節+マリアのお告げの祝日+「チュウリップの幻術」

 <復活節後第1日曜>

    「教会」コンチェルト・バッハの最高の協奏曲は・・・・?(BWV42ほか)
    桜・さくら・サクラPart 2〜江戸絵画でバーチャルお花見+BWV67簡単解説      

 <復活節後第2日曜>

    鋼のようなやさしさ・「田園」 パストラーレ(BWV104、85、112)
    お気に入りの仏像 奈良駅周辺編+復活節後第2日曜日(BWV104)



 毎年、復活節には、春らしい写真等をのせています。

 今年も、とりためた花々の写真とともに、最近出かけた展覧会等の感想を。



 3月23日(日)


 観音の里の祈りとくらし展 −びわ湖・長浜のホトケたち−

  @ 東京藝術大学美術館


画像



 これだけの仏像をいっぺんに回るのは、なかなか難しい、というか、ほとんど不可能だと思うので、ありがたい展覧会。

 しかも、それぞれの観音様がまつられているお堂等の様子、雰囲気がとてもよくわかるように展示しているところがよかった。
 壁際にずらりと並ぶ大きく個性的な観音様たちに取り囲まれるように、会場中央のガラスケースの中に鎮座していた小さな観音様たちがどれも美しくて見惚れてしまった。

 また藝大コレクション展−春の名品選−も見ることができた。
 蕭白の作品などもあり、近代美術以外の思いがけない名品が多く、驚いた。


 観音クリアファイルがもらえ、ラッキー。

画像



 巨樹を眺められるいつものテラスで休憩。

画像
画像


 ふと気づくと、木々の間に、観音様の姿が。

画像



 次回展覧会も必見。

画像



▽ 藝大の建築と看板。 

画像




 4月13日(日)


 第2回 美ら島フェスティバル

  @ 東武百貨店 池袋店 8F屋上 スカイデッキ広場


 琉球鼓舞道場

画像
画像



 カワミツサヤカさんの島唄

画像



画像




 赤塚植物園の春


 休みの日。

 赤塚植物園に春が来た!


画像



画像
画像



 その他の地面で健気に咲く花々。

画像
画像


画像
画像



 圧巻

画像
画像



 力強く咲こうとするもの。

画像



 チューリップの幻術

画像



 万葉植物園全景

画像



 赤塚城址

 小鳥の声が響き渡り、清々しかった。

画像
画像




 ひびき庵にも春が。


画像
画像



 夜桜 at ひびき庵

画像
画像




 春たけなわの神田明神屋上庭園

画像
画像


 明ちゃんも桜の花びら舞い散る中でお昼寝。

画像




 お彼岸の道


画像
画像


 
 モダンなお寺。

画像



 季節は少し移って、4月。

画像


 わしゃわしゃ。

画像


 花に月。

画像




 練馬トッピング


画像




 西武池袋本店の南北饗宴


 北海道展(初夏の北海道うまいもの会)


 さるふつの天然5年物のほたて丼めしと村そば赤井川の限定牡蠣そば

画像
画像



 続いて、九州展(大九州うまいものと技紀行)


 おなじみ、鮎屋三代ほか。

画像
画像


 有田焼カレー

画像






 春らしい飾り、いろいろ。


 ひな祭り

画像



 醍醐の花見


画像
画像



画像






そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ディランのいる春(+観音の里の祈りと暮らし展、美ら海フェスティバルほか)〜花のアルバム【復活節】 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる