♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 新国宝展他@トーハク&KANNONHOUSE&静嘉堂文庫〜初夏の仏像三昧・日本編【三位一体節後5】

<<   作成日時 : 2016/06/26 16:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前回の浅田真央選手情報にも追記しましたが、公式サイトで2016/2017年シーズンのプログラム曲が発表されました。
  EX  チェロ・スイート (「Sarabande」&「Bourree I/II」) : バッハ
  FS  Ritual Dance : Falla
  SP  Ritual Dance : Falla

エキシはバッハの無伴奏チェロ組曲からサラバンドとブーレ、
何番かは発表されていないが、ブーレがあるのは、3番ハ長調(BWV1009)と4番変ホ長調(BWV1010)だけ。よく知られる3番の方か?

SP・FSはファリャの「Ritual Dance」(「恋は魔術師」の火祭りの踊り ?)

サラバンドはスペイン風舞曲なので、何と、オールスペインプログラム!


以前エキシが「バッハのチェロスイート」と発表された時の記事のコメント欄で、たこすけさんが、ヨーヨー・マと「ボレロ」の伝説的名演技で有名なサラエボ冬季五輪の金メダリスト・トーヴィル&ディーンとのコラボによる第6番のサラバンドの映像を教えてくださいました。
できればこのようなものが観たいと思っていたところ、ブーレ付なので番号はちがうかもしれませんが、夢の演技が現実のものになるかもしれません。



 引き続き、まずはカンタータのお知らせ。


 今年も過ぎてしまいましたが、6月24日(金)は、夏至の大祭、洗礼者ヨハネの祝日でした。

 初夏らしい飛びっきりの名曲が目白押し。

 第1年巻の、BWV167、
 第2年巻の、BWV7、
 そして後期、バッハの現存する事実上最後の教会カンタータ、大名作BWV30。

 過去記事はこちら↓

 <洗礼者ヨハネの祝日>

    バッハの最後のカンタータは?その2(BWV30)
    始まりはいつも Overture(BWV7、167他)
    (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
    お気に入りのアリア・ヨハネの祝日編 夏至の火祭・不思議なギター〜BWV30
    長いお別れ・その1カザルス・ホール〜BWV30で笑顔のさよなら。BCJ特別公演


 さらに、今日(6月26日、三位一体節後第5日曜日)のカンタータは、

 第2年巻(コラールカンタータ年巻)、究極のコラールカンタータの中の1曲が早くも登場、BWV93。
 もう一曲は、後期のドラマティックなオペラ風、BWV88。 

 過去記事はこちら。↓

 <三位一体節後第日曜>

    源流への旅11 古すぎて斬新!トロープスレチタティーボ(BWV93他)



画像




 今回は初夏のアルバム、続き。


 前回は、上野で開催されたさまざまなアジア各国の展覧会で観た仏像のことが中心でしたが、
 今回は、やはり上野周辺で観た、日本の仏像に関連する展覧会等の話題。



 平成28年 新指定国宝・重要文化財

  @ 本館8室、11室 ※ この2室内はすべて撮影禁止。


画像



 国内の貴重な文化財が一堂に会する、毎年恒例「新指定国宝・重要文化財」展示。

 何と言っても今年は、トーハクが誇る洛中洛外図の名品、「舟木本」が、岩佐又兵衛筆として国宝に指定されたのを受け、それを核に据えた展示だったので、仏像ではないが、まずはそのことから。

 「舟木本」、少し前の特別展「京都展」の時のような二重三重の人垣も無く、すぐ目の前から独占状態で気がすむまで観ることができるが、展覧会に比べて光が弱く、ちょっと観づらく感じられた。
 だけど、やはりうまい。うまいし、おもしろい。いくら観ていても飽きることがない。
 
 なお、ミュージアム・シアターでは、国宝指定決定記念として、
 特別VR上演「洛中洛外図屏風 舟木本」
 を実施中。
 5月中は、前期、京散策 四条河原から方広寺編、6月からは、後期、京散策 寺社巡りと二条城編(〜7月10日(日)まで)の2部構成。
 年間パスポート更新の時にいただいた無料券がまだ残っているので、この機会に観ようと思っている。


 誇らしげに掲げられた「国宝 洛中洛外図屏風」の垂れ幕。   
 
画像
画像



 お次はいよいよ仏像の話題。

 今年は、国宝・重要文化財指定の仏像が多く、仏像ルームほとんどすべて使用しての展示、新人国宝・重要文化財仏、圧巻の勢ぞろい、見応え満点だった。
 文字通りの重要仏ばかりが日本各地から一堂に会する、正にこの展示ならではぜいたくな機会。
 影禁止なのは残念だが、一体一体の姿を心に焼き付けた。

 体内納入品とともに新たに国宝に指定されたのは、おなじみ西大寺の叡尊坐像。あの一目見たら忘れることのできないお顔と再会。

 江戸時代の出開帳で名高い越谷・浄山寺の秘仏、「野島地蔵」を目の前でじっくりと観ることができたのも、思いがけない幸運だった。どっしりとした体躯、つんと尖らせた唇が印象的。

 その他では、快慶の弟子・長快のしなやかな十一面観音立像、大迫力の平安仏、大阪・尊延寺の軍荼利明王・降三世明王立像、小像ながら素朴な力強さが漲る大阪・清泰寺の2体の木造菩薩坐像等が特に心に残った。

 石川・法住寺の鎌倉仏、不動明王坐像(天野社護摩所旧本尊)と、奈良・宝山寺の精巧な江戸仏、矜羯羅童子・制吒迦童子像が、時代・地域が大きく異なるまったく関係の無い像ながら、セットにすると大きさ、雰囲気ともぴったりと合いそうだったのがおもしろかった。こういうのも、この展示の醍醐味。

 ずらりと並んだ十大弟子像、神像等も魅力的。(2階8室に展示)


 仏像以外では、称名寺聖経・金沢文庫文書(国宝)、尾形乾山・尾形光琳兄弟の銹絵寒山拾得図角皿(重要文化財)等のおなじみのものもあり。
 琉球関係の美しい地図(第二尚氏時代)、福田平八郎の「漣」などが印象的だった。
 出土が北海道から鹿児島までに及ぶ、夥しい考古資料も、いつもながらバラエティに富んでいておもしろかった。



 上記特別展示に続いてトーハクで行われた、これも毎年恒例、新収品展。


 今年は第T期、第2期に分けて行われる充実ぶり。
 詳細は、今後の記事でまたとりあげますが、ここでは、仏像だけ。


 平成27年度新収品展T

 (仏像があったのは、第T期だけでした) 


画像



画像


画像
画像




 新指定国宝・重要文化財展の後、通常展示に戻った仏像ルーム(本館11室)は、観音まつり。


 トーハク一のスター、久々に降臨。
 やはり、圧倒的に美しい。

画像



 その他の観音様も大充実。(撮影可能なものだけ)

画像
画像




 さて、トーハク仏像ルームのスターと言えば、他には純鎌倉様式の慶派十二神将像(記事、こちらなど)がすぐに浮かぶ。

 こちらは最近、運慶の真作か??と話題だが、
 この十二神将像、実はトーハクには5体しかなく、それ以外の7体は、二子玉川の静嘉堂美術館にあり、現在修理プロジェクトの最中。
 今回、静嘉堂美術館において、7体の内5体の修理が完了したことを記念して、その5体+やはり修理が完了した仏画等を中心にした展覧会が開催された。
 この機会に、おなじみの十二神将の他のお仲間にお会いしようと、行ってまいりました。


 ちなみに、現在仏像ルームで展示中のたいへんめずらしい四天王眷属像(トーハクの誇る群像仏・文殊渡海像の作者、康円による)のお仲間も、静嘉堂美術館にいらっしゃる。
 (こちらは、今回の静嘉堂美術館の展覧会では展示されていなかった)

画像



 リニューアルオープン展第3弾

 よみがえる仏の美 修理完成披露によせて

  @ 静嘉堂文庫美術館


画像



 上野ではないけれど、一応トーハクの十二神将のお仲間がメインの展覧会なので。

 やはりトーハクの四天王眷属のお仲間もここにいらっしゃるはずだが、残念ながら今回は出ていなかった。

 いつか、どちらも一揃いで観てみたい。
 その時には、国宝としてこの十二神将を観ることになるのだろうか。


 特に心奪われたのは、この方。

 卯神

 雄大でバランスのとれた体躯、美しくしなやかな細部の表情、
 わたしは、この浄瑠璃に伝わった他の十二神将像に関しては、精緻で迫力に満ちていながら、リアルさ、というか何だか妙な生々しさが強烈で、実際の大きさ通りのスケールしか感じられないイメージを持っていたのだが、(だからこそ、運慶作のような気もする?)
 この像に関しては、小さな体が、観ているうちに途方もなく大きく感じられてくる。
 これこそが仏像だと思う。しかも、これまで観たあらゆる十二神将像の中でも飛びぬけて見事な名品ではないか。
 このような像と出会えるとは思わなかった。

 まるで兎の耳のような風になびく頭髪の中から、ちょこんと顔を出した兎のかわいらしさも心憎い表現。

画像

 

 いつかトーハクの国宝展で、大阪の藤田美術館の曜変天目茶碗を観たが、日本にわずか4つしか伝わっていない曜変天目茶碗のうちのもう一つを、初夏の日光のもとで観ることができた。(大きな窓に囲まれたロビーに展示されていた)

 時間の関係で、河鍋暁斎の地獄極楽めぐり図がじっくりと観られなかったのが残念。


 美術館への道。

 美しい森の中にはいってゆく。
 鮮やかな緑と幟の曜変天目茶碗の写真が妙にマッチ。

 閑静な高級住宅地の真ん中に聳える小山がまるごと静嘉堂文庫。さすが岩崎家。

画像


 
 静嘉堂文庫&美術館

 静嘉堂文庫は、見事な名建築。

画像
画像



 美術館から庭園の緑を見下ろす。眺めがすごぶるよい。 

画像
画像



 敷地内のあじさい

画像




 この次の展覧会。

 今週始まった。これも楽しみ!

 今回は駆け足になってしまったので、今度はゆっくり庭園等も散策したい。
 
画像




 おしまいに、上野に登場したすてきな仏像スポットの話題。


 東京のど真ん中に誕生した、「長浜の観音堂」

 びわ湖長浜 KANNONN HOUSE


画像
画像



 「観音の里」としてあまりにも名高い、長浜。

 ここは、その長浜市による、観音様を前面に押し出した都内情報発信ブース。

 長浜周辺には、それぞれの地域で大切に守られ、信仰されてきた数えきれないほどの貴重な観音様が点在しているが、それらの観音様が一体ずつ順番に、このビルの中に創出された「観音堂」にお出ましになる。(約2か月交代とのこと)

 工夫をこらした各地の情報発信拠点は数あれど、観音様自らがおでましになって土地の心を伝える、わたしたちも観音様を通じて直接土地の心と向き合う、そんなことが現実に可能なこの施設は、けっこう画期的なのでは。

 長浜市や観音様に関する映像や資料、その他観光資料等を観ることができるギャラリーコーナーも併設されていて、実際に観音様を拝観するとともにさまざまな情報をゲットできる。


 長浜産の檜で造られた、モダンな観音堂。

画像



 今年の3月にオープンし、最初にいらっしゃっていただいた観音様は、琵琶湖竹生島宝厳寺の聖観音立像だった。
 琵琶湖の宝石とも讃えられる優美な平安仏。

 6月7日から新しい観音様、川道町尊住院の聖観音像がいらっしゃってます。
 一回り小さく、より素朴なお姿です。

 どちらも同じ聖観音像。しかも時代もほとんど同じなので、一見、とてもよく似ている。
 しかし、仏像と一対一で向き合い、目の前でじっくりと観ると、まったく異なる方?であることがわかる。
 それが可能なのがKANNONNHOUSU。お寺等の薄暗い空間で観ると、もしかしたらこれほどの違いは感じられないかもしれない。

 左、宝厳寺像。右、現在展示中の尊住院の聖観音像。

画像
画像


画像
画像


画像
画像



 観音様の視点。

 手前は自由に座って仏像を拝観したり、備え付けられている長浜や仏像の参考資料を読んだりすることができる。(飲食は禁止)
 その向こうの壁面全体が窓。

画像


 その向かって左の壁面のモニターに長浜の仏像等の紹介映像が流れているため、常に正面の窓には暗幕が下されており、堂内は薄暗い。
 だが幕を上げると・・・・、

 聖観音立像の故郷、琵琶湖を模して造られた不忍池が広がる!
一面の不忍の池の風景が広がる。
 
画像


 風水の観点から、琵琶湖を見立て配置された不忍池のほとりに、さらに実際の琵琶湖周辺を見守ってきた観音様を迎えるお堂ができたことになる。家康&天海の恒久の平和を目指した壮大な風水計画も、300年後の現在になってより完全なものになった?

 観音様、琵琶湖を懐かしんでくれるだろうか。



 びわ湖の仏像と言えば、

 この夏、あの感動の「観音の里の祈りとくらし展」がかえってくる!


 観音の里の祈りとくらし展U

  @ 東京藝術大学美術館 7月5日(火)〜8月7日(日)


 前回は18体おでましで十分すごかったが、
 今回は、さらにパワーアップして、何と40体いらっしゃるらしい。
 観音ハウスから一度お戻りになられた琵琶湖竹生島宝厳寺の聖観音立像も、またいらっしゃるようだ。

 下のチラシの写真、黒田観音寺の千手観音様だが、こんな大きな方もいらっしゃるのか!?

画像




 梅雨の合間の上野公園。


 知る人ぞ知るアジサイの名所、清水観音堂。


画像



画像



画像




 前回に引き続き、初夏の上野の記録。パート2。


 生誕300年記念。東京都美術館の若冲展の大行列が話題になりました。

 トーハクやさまざまな美術館に行く途中、上野の森がびっしりと人で埋め尽くされているのをいつも横目で見ていた。万が一のために救急車まで出動。
 公園にまで行列があふれ出したこともあってけっこう話題になったようだが、トーハクでも庭や建物の内部で同様の行列はけっこうできている。

画像
画像


 ちがう日。ますますエスカレート!この日は、曇っていたからまだよかったが。

画像






そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
サラバンド&ブーレ。個人的には4番でやってほしいな、と。3番サラバンドよりも4番の方がスケートに合う気がします。4番のほうが知られていないのでこの際沢山の人にこの素晴らしさを伝えてほしい、というのも…(勝手な思いですが(笑

>卯神
うちの3歳児がこんな表情をします(笑
 
たこすけ
URL
2016/06/27 10:04
久しぶりにコメント致します。
大ドラと申します。

奈良の生駒にある宝山寺は、『祈りの回廊』というサイトで、お寺には珍しい近代の洋風建築、獅子閣の公開の話が出ていることが多いですが、お寺そのもので仏さまを公開しているなら、お姿を拝みたいですね。

静嘉堂美術館は一度訪ねたくなるような美術館に思えますが、十二神将像も一度観覧してみたいお像です。

上野のKANNON HOUSEで前に展示されていた宝厳寺の聖観音さまは、今年1月終わりに、同じ滋賀でも安土城考古博物館の特別展で観覧しましたが、その特別展では同じ長浜市内の観音さまではほかに、西浅井の善隆寺の十一面観音像が印象に残りましたし、同じ宝厳寺の仏像では弁才天像も印象に残りました。
尊住院の聖観音像もお姿を拝んでみたいと思いますが、黒田観音寺の千手観音さまは2年ほど前のGWに車で木之本に出掛けて町を散策した際、観光案内所で取ってきたパンフレットに出ていて、ついつい出来心で拝観しようと思って、観光案内所の方に電話で世話役の方に拝観希望を伝えて頂いて、実際にお堂で拝観して感動してしまいました。それが仏像拝観の趣味を始めるきっかけでした。
大ドラ
2016/06/27 21:07
 たこすけさん、こんにちは。
 4番のサラバンド&ブーレ、いいですよね。3番に比べ、サラバンドはよりメロディアスですし、ブーレも流麗、確かにスケートには合っているかもしれません。
 それにしても発表するなら番号もちゃんと書いてくれればいいのに、と思いますが、フィギュアスケートの世界では曲名等にはあまりこだわらない場合が多く、浅田真央さん自身も、曲の名前そのものにはけっこう無頓着です。
 ヒントとしては、「音楽を聴いて体が自然に動くようなプログラム」、「クラシックとモダンによる独特の世界観」等の浅田真央さん自身の言葉がありますが、果たしてどうでしょうか。ちなみに、ピアニストがその曲を弾くのを聴いて、最終的に決定したそうです。

> 卯神

 たこすけさんと言えばわたしは娘さんのイメージが強いのですが、現在3歳なら息子さんの方ですね。ほっとしました・笑
 この像、リアルで、実際に生きている人間のようですよね。これ、ほんとに運慶なんじゃないかと思います。
Nora
2016/06/29 00:45
 大ドラさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

 宝山寺の獅子閣は、わたしも特別公開情報等でよく目にしますが、いつか行ってみたいと思っています。その際に、矜羯羅童子・制吒迦童子に再会できれば、こんなにうれしいことはありません。
 今回重要文化財に指定されたのは、宝山寺の本尊ですが、不動明王に、矜羯羅童子、制吒迦童子の二童子だけでなく、蓮華吉祥天、薬厠抳の計五尊に、倶利迦羅竜剣までついているとてもめずらしいものです。トーハクでは、その内の二童子だけの展示だったので、全体がそろっているところをぜひ観てみたいものです。

> 静嘉堂美術館は一度訪ねたくなるような美術館に思えますが、十二神将像も一度観覧してみたいお像です。

 静嘉堂文庫、すばらしかったですよ。住宅地の中なのにちょっとした小登山気分で、建築も最高でした。十二神将は、すべての修理が終了した時点で、また何らかの形で展示を行うのではないでしょうか。もし運慶作ということが確認されでもしたら、トーハクのものも含めて十二体そろっての展示、ということもあるかもしれません。
 これもぜひ、全部そろっているところを観てみたいものです。できればもとの浄瑠璃寺で、と思いますが、これはかなわない夢かもしれませんね。

> 黒田観音寺の千手観音さま 実際にお堂で拝観して感動してしまいました。

 そのような観音様が東京までいらっしゃっていただけるとは、夢のようです。今からとても楽しみです。
 ただ、いつかは、やはり大ドラさんのように、実際に地元の人たちに信仰されているお堂で、観てみたいとは思います。
Nora
2016/06/29 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新国宝展他@トーハク&KANNONHOUSE&静嘉堂文庫〜初夏の仏像三昧・日本編【三位一体節後5】 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる