♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ツールの夏からチェロスイートの夏へ。ヴェールを脱いだ浅田真央選手ニューEX+7月のアルバム

<<   作成日時 : 2016/08/05 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ツールの熱い戦いが終わったかと思うと、東京ではようやく梅雨明け、とたんに急に猛暑に、本格的な夏が始まりました。まだちょっと天候が安定しませんが。



 ツール・ド・フランス、今年もまたすごかった。
 毎晩帰宅してから放送を観るのが楽しくて仕方なかった。今は、戦いが終ってしまったさみしさを感じている。

 そして、振り返ってみれば、フルームが命をすりへらして戦っている姿ばかりが、心に焼き付いている。

 第8ステージ、最後のペイルスルドの山頂の後の下り、誰もが今日はこのまま平穏にレースが終わるだろうと思っていた時に、いきなり「宇宙の走り」を炸裂させ(こんな壮絶な下りの走りは初めて見た!)、わずか10数秒だが、他のすべての選手からすると果てしなく遠い決定的な10数秒の差をつけてゴールしたフルーム、

 第11ステージ、「おれたちは強い、逃げ切れる。一緒に行こう!」というサガンの言葉にそそのかされ?何とマイヨジョーヌとマイヨヴェールを含む4人の逃げという驚きの展開にレースを持ち込み、ゴールではそのままサガンとスプリント勝負を繰り広げたフルーム、

 そして、世界中に衝撃を与えた、第12ステージ、自転車を担いでモン・ヴァントゥを駆け上るマイヨジョーヌ、フルームは、その後自転車を投げ捨て、そのままマラソンのように走り続けた・・・・!

 常にどんな時も、ただひたすら勝利へと邁進すし続けるフルーム。
 その一つ一つは、圧倒的な勝利ではなかったかもしれないが、全 ステージを予断なく貫き通した勝利への意志、高みをめざす心が、最終的に「圧倒的な勝利」につながった。

 コンタドール選手などは残念だったが、他の選手たちも、それぞれのいいところを最大限に「魅せて」くれた、すばらしい大会だったと思う。



 フルーム(+ザ・スカイ)の孤高の戦いを見て、どうしても思い出してしまうのが、浅田真央選手。、

 7月末、THE ICE大阪公演でついにヴェールをぬいだ浅田真央選手の今季エキシビション・ナンバー、 バッハの「チェロスイート」

 まだTVの映像で観ただけですが、それでもかなりの衝撃。
 曲発表の時点で、おそらくすごいプログラムになるんだろうな、と予測はしていたけれど、まさかこんなにすごいことになっているとは思わなかった。

 使われた音楽は、無伴奏チェロ組曲第3番のサラバンド(冒頭の一部分)とブーレ(T、U両方。きちんとダ・カーポ付)。
 バッハの音楽を原曲通り(一本のチェロだけによる演奏ということも含めて)そのまんま使ったことといい、本格的なバロック・ダンスを思わせる考え抜かれた衣裳、振付といい、これまでのフィギュア界にはまったく無かったような(よくは知らないけれど)、新次元の境地を完全に切り開いてしまったのではないだろうか。
 ただただバロックの美に陶然と酔いしれてしまうばかりだが、さらにそれだけではなく、バッハの音楽と浅田選手の演技が完全に渾然一体となって、バッハの音楽が有する普遍的な本質を、これまでのどんな「演奏」よりも雄弁に表現している点も見逃してはならない。
 少なくとも、このブーレに限って言えば、こんなにも美しく、こんなにも生き生きとして躍動感あふれる「演奏」を、わたしはかつて聴いたことが無い。

 この後、THE ICEの別公演で実演を観ることができるかもしれないので、くわしくは、その後で整理して書きたいと思います。


 なお、浅田真央さん情報については、前回の記事を更新中です。こちら



 さて、スポーツ関連では、いよいよ五輪が開幕!

 体操、水泳、柔道、レスリング等はもちろんのこと、陸上、卓球、サッカー等まで、日本選手の活躍が期待できる競技が目白押し、まったく目が離せません。
 個人的には、テニスの錦織選手や自転車の新城幸也選手など、常日頃プロとして世界で活躍している日本人選手が、五輪というまったく異なる舞台でどのような戦いを見せてくれるのか、大いに期待しています。
 いずれにしても全力応援!


 最後にプロ野球。
 野球は、我がファイターズとソフトバンクの頂上対決がほんとうにすごい!すごすぎ!
 先週末の3連戦は、これぞ野球、というすばらしいゲームの連続、ほんとうにしびれました。
 ファイターズ、よくぞここまで力強い軍団に成長してくれた。これで中田が目覚めて、武田久が還ってこようものなら、もはや無敵ではないでしょうか。
 今週末は、またまたソフトバンクと3連戦!ソフトバンクもただのチームではありませんから、簡単には優勝させてはくれないとは思いますが、いずれにしてもクライマックスにはからめそう。今後の戦いがほんとうに楽しみです。
 ヤクルトは、これまで、がまん、がまんの時が続いていましたが、ここに来て、みんなが待っていた山田のホームランを皮切りに、王者?広島に勝ち越し。
 さあ、筒香&DeNAを追撃だ!



▽ 真央さんが表紙の雑誌


画像



画像




 さて、8月7日(三位一体節後第11日曜日)のカンタータは、

 初期のソプラノ独唱用の名作、BWV199、
 第1年巻、BWV179、
 第2年巻(コラール・カンタータ)、BWV113、
 です。

 BWV199が有名ですが、
 BWV179も、ミサ原曲を多くのミサ原曲を含む作品、
 BWV113も、凛とした美しさに全曲を貫かれたコラール・カンタータの大作。


 過去記事はこちら↓


 <三位一体節後第11日曜>

    三位一体節後第11日曜(BWV199他)
    晩夏の出来事とBWV113



 以下、7月の個人的なご近所アルバム。



画像




 阿弖流為のねぶた


画像



 大迫力ですが、駅の展示です。

 青森県・函館デスティネーションキャンペーン×エキュート

画像
画像




 Ecjika ギャラリー


 フラ・フェスタ特集。

 広報コーナーになってしまった??


画像
画像



 7月末には、池袋でフラ・フェスタ開催

画像


画像




 PARAART TOKYO

画像




 旧庁舎解体作業が進む。


画像



画像




 駅前がひまわり畑に。


画像



画像



画像




 夏空図鑑。


 大気の状態が不安定な日が続く。


画像



画像



画像
画像




 夕焼け図鑑

画像


画像


画像



画像


画像


画像
画像



画像




 真夏の夜の花 @ 植物園

画像
画像




 パイナップル収穫

画像
画像


画像
画像



 シクラメンは、夏休み

画像




 選挙の時には、いつも。


画像




 支那そばや


 30周年記念スタンプラリー

 毎月の限定ラーメン(人気投票に基づく復刻メニュー)

画像


画像


画像


 コンプリートして、ステッカーをもらった。

 プレゼント応募ができるのだが、商品数が少ないので当たるかどうか・・・・。

画像



画像



画像




 夏の中華めん


 アンダーグラウンド

画像
画像



 むぎとオリーブの夏メニュー。

 こちらは塩そば。すずしげだが、スープはあたたかい。少し早く、梅雨時に出た。

 
画像


 こちらは冷やし蛤塩SOBA。

画像
画像



画像

 


 ひびき庵の夏


画像



 すごい蕎麦が出た。生粉打ちそば。

 こんなにさわやかな蕎麦はこれまで食べたことが無い。

画像
画像




 今月のみちかちゃん。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツールの夏からチェロスイートの夏へ。ヴェールを脱いだ浅田真央選手ニューEX+7月のアルバム ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる