♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月の海はクラゲの海〜変わりゆくサンシャイン水族館のイベント【大天使ミカエルの祝日】

<<   作成日時 : 2016/09/28 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像




 明日(9月29日)は、大天使ミカエルの祝日。

 カンタータは、

 おそらく第1年巻のBWV50、(断片)
 第2年巻のBWV130、
 後期のBWV19、149、

 です。

 過去記事はこちら↓

 <大天使ミカエルの祝日>

    大天使ミカエルの祝日(BWV149他)
    大天使ミカエルの祝日(BWV19他)


 さらに今度の日曜日(10月2日)は三位一体節後第19日曜日。

 カンタータは、

 1年目のBWV48、
 コラール・カンタータ(2年目)の、BWV5。
 4年目の、バスのための、おなじみの名曲BWV56

 です。

 過去記事は、こちら。↓

 <三位一体節後第19日曜>

    ソロ・カンタータのすすめ(BWV56、5他)



 サンシャイン水族館は、この夏から秋にかけてNHK総合で放送された、ドラマ10「水族館ガール」の舞台として撮影に使われました。
 メインロケ地はイルカショーで知られるしながわ水族館で、サンシャイン水族館はあくまでもサブ的な位置付けでしたが、普段から見慣れている魚や動物たちがテレビに出て活躍するのを観て、何だかうれしくなったものです。

 そのサンシャイン水族館、現在名物の一つであるマリンガーデンの一部を大規模改装工事中、刻々と生まれ変わりつつありますが、そんなサンシャイン水族館で、夏から秋にかけて行われたイベントをご紹介。



 海月ノフシギ 〜クラゲを知る〜

  @ サンシャイン水族館(ふわりうむほか) 〜9月27日(火)まで


画像



 いきなりエントランスに特設コーナー。

 ミズクラゲの赤ちゃん
 サンシャイン水族館で生まれた子どもたちとのこと。

画像
画像


画像


画像


画像



 ふわりうむでは、珍しいクラゲのごはんタイムを観ることができた。

 以下、ふわりうむのドームのミズクラゲ

 海月の漂うこの宇宙に、いきなり神の手(飼育員さんの手・左写真上に写っている白っぽいもの)が現れ、エサの生きたプランクトンを投入する。

画像
画像


 クラゲたちの動きが何となく慌ただしくなり(あからさまにパクパクしたりはしない)、真ん中の模様のようなもの(=内臓)がみるみるピンク色(=プランクトンの色)に染まってゆく。
 つまりクラゲたちがすごい勢いでプランクトンを食べまくり、それが内臓にたまっていったのだ。

画像



 クラゲ担当の飼育員さんが、クラゲへの愛が迸る詳しい解説をしてくれる。
 クラゲに刺されまくって耐性ができて、もう刺されても痛くも何ともないという。
 サンシャイン水族館では、クラゲの完全な繁殖飼育をしていること、バックヤードには、展示しているよりもずっと多くの種類、数のクラゲがいることなどを、熱く語っていらした。


 海月の世界

 まず、9月14日。通常ヴァージョン。

画像


画像


画像


画像


画像



 中秋の名月の9月15日(木)からは、お月見バージョンになった。

 月光のような黄色い光が差し込んできて、

画像


画像


 時折、クラゲにあたると、ほんとうの月みたいに見える。

画像


画像



 今年の中秋の名月、十五夜は9月15日だったが、あいにくの曇り空だった。

 時折、ぼんやりと雲間から、それこそクラゲのような月が見えた。


 その他のクラゲたち

 タコクラゲ

画像


画像


画像


画像


 ブルージェリー(といいつつ、ワインレッドのものもいる)。

画像


 いかにもたちの悪そうなアカクラゲ。この方はもうどく展で観た。

画像
画像



 カナロアカフェのクラゲメニュー。

画像




 マリンガーデンリニューアル工事中に付き、マリンガーデンの生き物たちと身近に接することができる施設、

 マヂカワペンペリガーデン

 開設中。


画像



 ふだん行くことができない水族館の3階屋上部分で、ひっそりとやっている。

 わたしもここに行ったのは初めて。

画像


画像
画像


画像



 工事中。

画像



 カワウソ君のお散歩に遭遇。

 マヂカワ関連イベント、カワウソとことこグリーティング

 おなかがすいているのか、なかなか進みたがらない。

画像


 水を飲みまくり、カバンの中に頭を突っ込んで食べ物を探す。

画像
画像


 食べ物が無いとわかると、水筒?を強奪し、さらに水を飲みまくる。

画像
画像


 バックヤードの入口まできたら、帰るのがイヤみたいで、腹這いになって動かなくなった。
 この後、飼育員さんにほとんど引きずられて退場。

画像




 アシカ・パフォーマンスがついにここまで来た!

 ミュージカル アシカのテティスとパフォーマンス学校

 お客様参加型ミュージカル。歌&踊りをおぼえて歌って踊らねばならない。


画像



 どこのアイドルを連れてきたのかと思ったら、館のスタッフがやっているらしい。

画像
画像


画像
画像




 サンシャイン水族館名物、ラグーン水槽の水中パフォーマンスもヴァージョンアップ。

 ラグーン・ファンタジー 〜海は光に満ちている〜

 (一部の回のみ、新プログラム)

 
画像



 いつになく、神秘的なライティング。

画像



 水中パフォーマンスのスタッフは、これまでサンタ(&トナカイ)になったりしてきたが、ついに人魚になった。
 ただ、肌襦袢の上にモコモコした海草みたいなビキニを身に付け、ウロコはあるけど2本足。
 最近のスタッフはたいへんだ。

画像


画像


画像



 ストーリー仕立てでライティングも凝っていて楽しいが、個々の魚があまりよく見えないという致命的な欠点が。
 多様なラグーン水槽の魚たちをよ〜く観察するなら、やはり通常ヴァージョンがおすすめ。



 特別展 「ファインディング・ドリー」の世界展も開催中。(〜9月25日(日)まで)

画像
画像


画像




 フェスタ ド ブラジル関連企画も。

 これは観ることができなかった。

画像






そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!くらげ大好き。思わず書きこみします。
地方の人間なのでサンシャイン水族館にはまだ行ったことないのです。
海月をお月さんに見立てたポスター、傑作だとおもいます。
ネットを探検していたらこんなブログを発見したので紹介させてくださいね。
画像がとてもきれいです。http://folli-2.at.webry.info/200910/article_4.html
もうひとつhttp://folli-2.at.webry.info/200910/article_4.html
やまくらげ
2016/11/28 11:45
 やまくらげさん、コメントありがとうございます。
 クラゲ、いいですよね。わたしは特に深海系のクラゲが好きです。
 このイベント、実際の展示も、クラゲが月に見えるようにライトアップを工夫していて印象的でした。このイベント自体はすでに終わってしまいましたが、サンシャイン水族館には常設のクラゲコーナーがあって、規模は小さいながら凝った展示を行っており、何よりも、飼育員さんのクラゲに対する愛情がハンパではありません。
 機会があったらぜひ立ち寄ってみてください。
Nora
2016/11/29 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9月の海はクラゲの海〜変わりゆくサンシャイン水族館のイベント【大天使ミカエルの祝日】 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる