♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 前夜・奈良でゆっくり夕食〜’16晩秋奈良旅行・旅のしおり(行程)その1

<<   作成日時 : 2016/12/15 21:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 きっかけは駅弁だった。

 今年の春先、たまたま訪れた横浜で、春日大社の第六十次式年造替を記念した「春日彩膳」という駅弁を購入した。なぜ横浜で奈良のお弁当?とも思うが、これはJR東海が「うましうるわし奈良」キャンペーンの一環としてつくり、JR東海各駅で幅広く販売していたもので、「春日大社監修」と蓋に書き記された何ともありがたいお弁当。奈良の本格的な伝統料理や食材をふんだんに使ったメニューがバラエティに富んでいて、しかもすばらしく美味だった。
 中にはくわしいお品書きのしおりが封入されていて、よく見ると引換券というのが付いており、それを春日大社に持っていくと、先着で記念品がいただける旨が記されていた。
 (記事、こちら

 わたしはこのお弁当がすっかり気に入ってしまい、JR東海の駅で駅弁を買う時にはけっこうこの弁当を選ぶことが多かったのだが、それに伴い、いつのまにか引換券もたまっていった。
 こうなってくると、せっかくなので何か奈良に行く機会があったら、記念品をいただきに春日大社に寄りたいものだと思うようになった。まったくJR東海の思うつぼだが、もともと奈良が好きなのだから仕方ない。
 式年造替と本殿遷座祭を無事終えた春日大社の参拝そのものを目的として奈良に行っても良いのだが、春日大社には少し前に訪れたばかりだったので、それだけのために行くのも何かためらわれた。できれば、他にも何かしら奈良を訪れる理由が欲しかった。

 そうこうするうちに、次第に年も押し迫ってきた。
 だが、今年に限って奈良に行く機会はなかなか訪れない。
 記念品交換の締め切りは12月20日。しかも数量限定とある。
 これはそろそろどうにかしないと、と本腰を入れていろいろと調べてみたところ、何と當麻寺塔頭・南西院の秘仏の特別開帳に間に合いそうなことがわかった。
 當麻寺塔頭・南西院には、三体の美しい観音様が祀られているのだが、その内の一体が、日本に現存する真数千手観音のうち、わたしがまだ拝観していなかった恐らく最後の一体なのだった。
 そのような事情もあり、南西院千手観音像は、しばらくの間、奈良で最も観たいとずっと思い続けていた仏像だったわけだが、残念ながら普段は非公開でこれまで拝観する機会が無かった。これを逃す手は無い。
 當麻寺には、奥の院の仏像パノラマその他、魅力的な仏像が多いし、そもそもこのお寺は奈良を代表する紅葉の名所。わたしは京都や奈良にはよく足を運ぶ方だと思うが、残念ながら、紅葉真っ盛りの季節にこれらの古都の観光名所を訪れた記憶はほとんど無いような気がする。
 京都はラシュアワー状態だろうが、奈良ならそれほどでもないにちがいない。
 このチャンスに當麻寺の秋を満喫するのも良いだろう。


 と、いうわけで、勤労感謝の日(11月23日)を利用して、その前後2泊3日でちょうど2年ぶりに奈良を訪れました。
 目的は上記の通り、春日大社に参拝し、式年造替の記念品をいただくこと、
 そして、當麻寺での秘仏拝観&紅葉狩り。

 祝日の前後丸々休むのも気が引けたので、22日(水)の午後、早めに仕事を切り上げ、その日のうちに奈良に行って、近鉄奈良付近で一泊。
 翌日は春日大社を中心にゆっくりと秋の奈良観光。
 そして、宿を橿原神宮付近に移し、最終日に丸一日當麻寺参拝というスケジュール。



 以下、いつものように、写真を中心に旅の行程をたどるダイジェスト。(「旅のしおり」)
 一応、毎年恒例、「秋の観仏行」シリーズ。

 詳細は、奥の院に記事を出し始めています。



 第一日目 11月22日(水)



 仕事を早く切り上げ、その日のうちに奈良へ。
 

 
 富士山があまりにもきれいだったので、3連発。
 やはり冬の富士山は格別。


画像



画像



画像




 京都駅では、新幹線の出口の目の前が近鉄乗り場。そのまま近鉄へ。
 今回京都滞在時間数秒間。
 この方がお出迎え。

画像



 早くも日没。

画像



 奈良着。
 これらの方々がお出迎え。
 また、この方。

 いきなり、式年造替記念パネル。

画像
画像


 この方も。

画像



 今回は、千手観音を訪ねる旅でもある。

 千手観音と言えば、マイフェイバリットのこの方。

画像




 夜の散策


 猿沢の池

画像



 もちいどの商店街

 奈良中が式年造替で盛り上がっている?

画像
画像



 高札

画像
画像


 ちゃんと鹿への申し渡しも掲げられている。

画像



 南都銀行

画像
画像


画像




 遅いディナー

画像
画像



画像




 いつも利用していた奈良公園前の国際奈良学セミナーハウス(興福寺・旧世尊院)がこの春に営業をやめてしまったので、駅から地上に出てすぐ、小西さくら通りの入口、な・ら・ら横のホテルに、初めて泊まってみる。

画像
画像


画像


 ラッセンみたいなポスター

画像




 豪華な朝食。

 朝から鍋&御釜で焚いた茶がゆ付。
 少量づつだったので、何とか完食できたが。

画像
画像


画像




 奈良ではコンビニもこんな感じ。

画像



 JR奈良駅もだいぶ整備された。

 ただし、新駅舎と旧駅舎の連続性がまったく無いのがたまにキズ・・・・。

画像



 すっかりスター然としてる

画像




 ついでに、2泊目のホテルの写真も。
 2泊目は當麻寺に行きやすいように橿原神宮前のホテルに移動。


 ツリーと仏像パネルがいっしょに飾られているところがすごい。

画像


 錚々たるメンバー。

画像


 愛しの快慶・文殊菩薩。そろそろまたお会いしたくなった。

画像



 場所柄、天皇陛下もお泊りになったホテル。

 温泉の大浴場がある。
 夜と朝に2度行ったら、男湯と女湯がチェンジしていて、岩風呂と檜風呂、まったくちがう湯を楽しめた。肌がつるつるになったが、のぼせた。 

画像



 ホテルからのながめ。

 右、飛鳥方向を見る。
 何と夕食はこの写真にも写っているファミレスで食べた。

 左、大和三山の一つ、耳成山。

画像
画像



画像
画像




そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
前夜・奈良でゆっくり夕食〜’16晩秋奈良旅行・旅のしおり(行程)その1 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる