♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「目を覚ませ!と呼ぶ声」が届いてほしい。ヤクルトVS巨人 東京シリーズat神宮の記録〜GWアルバム1

<<   作成日時 : 2017/05/10 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 案の定遅れてしまいましたが、この前の日曜日(5月7日)は、復活節後第3日曜日。

 カンタータはすでにお知らせしてありましたが、再記しておきます。

 初期を代表する名作、BWV12
 ライプツィヒ2年目、コラール・カンタータシリーズからツィーグラー・シリーズに変わり、第一作目、BWV103
 それから熟練の後期作品、今の季節にぴったりの、「美しすぎるアリア」が聴きどころ!BWV146
 の3曲。


 過去記事は、こちら↓


 <復活節後第3日曜>

    無名詩人氏からツィーグラーへ(BWV103他)
    お気に入りのアリア・ピカンダー編、今この季節のための音楽(BWV146、188)



 さて、引き続き、今度の日曜日(5月14日、復活節後第4日曜日)のカンタータは、

 1年目のBWV166
 2年目のBWV108

 の2曲。

 
 この前の週より、2年目においてツィーグラー・シリーズが始まったのに続き、
 1年目においても、今週から器楽オブリガート付コラールを有する「定型カンタータ」シリーズが始まります。
 カンタータの雰囲気も、実際の季節の移り変わりに合わせるかのように、春のカンタータから初夏のカンタータへと変化してゆきます。


 過去記事は、こちら↓


 <復活節後第4日曜>


    風薫る5月のVnソナタ(BWV108)
    「166番」と四月の思い出(BWV166)



 今日から、何回かはGWの記録が続くと思います。

 まずは、野球の話から。
 タイトルに「目をさませと呼ぶ声」とありますが、今回はカンタータとは関係無く、ヤクルトの今年のスローガンにちなんだものです。



  ☆    ☆    ☆



 東京ヤクルトスワローズ、なかなか勝ちきれない試合が多く、悶々とした日々が続いてはいますが、戦力的にはほんとうに魅力的な選手がそろってきていて、覇気が出てチームの雰囲気も良くなってきた。

 投手陣はあいかわらず不安材料が多いものの、新加入のブキャナンや星ががんばってくれているし、石山、近藤なども安定感が増して勝利の方程式の重要なピースになってきている。
 中心となる小川も大健闘、抑えの要、秋吉もWBCを体験して信頼度と風格が増した。
 一方の打撃陣の充実ぶりには目を見張るものがある。
 雄平、大引、坂口をはじめ、中村、西田、上田、西浦、谷内などなど、みんな川端と畠山の不在を補って余りある活躍ぶり、熾烈なレギュラー争いが良い方向に作用している。
 そして、何より鵜久森&大松の不死鳥渡り鳥コンビ!
 この二人が代打でそれぞれサヨナラホームランを決めた試合、ほんとうにすばらしい試合だった。
 この二人の活躍は、勝ち負けを超えた、野球そのものを観る喜びを実感させてくれる。

 と、いうわけで、準備は整った。
 後は、山田とバレンティンの覚醒を待つだけ。ここ数日の様子を見ると、徐々に復調のきざしが見え始めた??特にバレンティン。

 他のWBC戦士たちはみんなすっかり覚醒してしまったぞ。 

 いずれにしても、これからが本当に楽しみ。



 ヤクルトレディ様からチケットをいただいたので、このGWを中心に二度にわたって神宮に足を運び、何とか山田を目覚めさせるべく、全力応援してまいりました。
   


画像




 TOKYO SERIES 2017 東京シリーズ2017

  ヤクルトスワローズ VS 読売巨人軍 神宮球場3連戦



画像
画像



 傘VSタオル、それぞれ振り回す戦い。

画像



画像
画像



 回す!回す!

 傘の上に付いてるのは、先着でいただけたSWINGグアイテム

画像




画像
画像



画像


画像




 スワローズの戦士たち


 左、バレンティン。

 右、山田と谷内はとても仲が良い。

画像
画像

 
画像
画像


 石川とギムレット、ルーキ。外国人中継ぎヒゲコンビ。
 
画像
画像


 石山と秋吉。

画像
画像


 そして、鵜久森。必殺代打人。

画像


 とにかく頼りになるグッチとビッキー。

画像
画像




 サンセットとともに、プレイボール!

 屋外球場ならではのたまらない瞬間。これぞ、ナイター!

画像


画像



 行け!山田!

画像



 そして月がのぼる。

画像




 4月28日(金)


 東京ヤクルトスワローズ VS 読売ジャイアンツ 3回戦


 東京シリーズの初戦、

 この日は、先発の石川、後を引き継いだギムレットがいきなり打たれまくり、それに対してスワローズ打線、マイコラスほかの前にまったく手も足も出ず、最悪の展開。
 終盤ヤクルトの攻撃、ワンナウト、ランナー1、2塁の数少ない絶好のチャンスの時、山田の打球がわたしたちのいるライト側ヤクルト応援席の目の前に突き刺さり、スタンド全体が傘を振り回しての狂喜乱舞、これまでの悪い雰囲気を一気に吹き飛ばしたかに思えたのだが・・・・、
 これがビデオ判定の結果ファウルと判定され、幻のホームランとなってしまった。
 さらにがっくり・・・・。


 ▽ この日の君が代独唱は、カラオケ番組等でいまやすっかりメジャーになった城南海さん。

画像
画像



画像


画像
画像



 ▽ 椅子取りゲーム

画像


画像
画像


画像



画像
画像


画像


画像
画像




 4月30日(日)


 東京ヤクルトスワローズ VS 読売ジャイアンツ 5回戦


 東京シリーズ、続く第2戦は緊迫した投手戦を雄平の2ランで制し、これで1勝1敗。

 シリーズ前半戦神宮場所ラストの第3戦、この前のリベンジを果たして決着をつけるべく、再度応援に。

 ルーキー星の好投もあって、この日は1点取っては1点取り返すという手に汗握るシーソーゲーム。
 バレンティン、坂口の活躍で、見事競り勝つことができました。
 結局山田は不発、2戦通じて「幻のホームラン」だけしか見ることはできませんでしたが(けっこう重症)、特にこの第3戦は、試合そのものがすばらしく見応えのある試合で大満足!
 やっぱり野球はいいな。


画像



画像



画像
画像


画像


画像
画像


画像



 ▽ ハズレ無しくじでゲットした山田ファイル。最下位の参加賞だが、うれしい。

画像




画像



画像



画像




そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「目を覚ませ!と呼ぶ声」が届いてほしい。ヤクルトVS巨人 東京シリーズat神宮の記録〜GWアルバム1 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる