3D!飛び出すナイトメアー・ビフォア・クリスマスを観た! + 多摩センターのイルミネーション

 日曜日、ついに、3D版「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観てきました。

 ジャックへの熱い思いは、以前書きましたので、くりかえしませんが、
 どれだけこの日を楽しみにしていたか・・・・。
 ゼロが目の前に飛んできたら、どうしよう。

 限定特製メガネをかけて、始まり、始まり。

 宣伝のあと、ピクサーの短編映画「ニック・ナック」をやるのですが、これはもともと3D用につくられた映像。
 飛び出し具合があんまりすごいので、期待感がますます高まります。

 さあ、いよいよ、本編ですが、
 結論から言うと、ふつうの映像をあとから3D用につくりなおしたものなので、
考えていたように、目の前に映像が飛び出してくる、ということはありませんでした。
 少しがっかり。
 でも、スクリーンの中のナイトメアーの世界は、何から何まで、見事に立体になっていて、
 月夜のシーンは夢のような美しさですし、飛行シーンなど大迫力、
 これまでとまったくちがうナイトメアーの世界に、どっぷりとつかることができました。

 そして、あっというまに、ラスト。
 これだけでも、もう、大満足だったですが・・・・。


(絵の下は、ある意味ネタばれ的なことなので、これから観る方は読まない方がよいかも)



画像




 ラスト・シーン、サンタクロースが、ハロウィンタウンにあいさつにきてくれます。
 ジャックにまったく悪気が無かったのを知っていたからです。

 上空高くあらわれ、ハロウィンタウンに雪を降らせてくれるのですが、
 なんと・・・・!

 このとき、客席中に、きらきらと雪が舞い降りてくるのです!
 ここにきて、ついに、飛び出た!
 あまりの美しさに、涙が、ぶわーっ。

 そしてエンドロール。
 すぐ目の前で、星がチカチカしてます。
 それから、キャラクターのトランプが、一枚一枚、するすると飛び出してきます。

 このラストの一連のサプライズは、きっと作り直してくれたんでしょう。
 さすがはディズニー。

 と、いうわけで、最後の最後に、やってくれました。
 もう、大感動、
 観てよかった・・・・!


☆ 特製メガネをかけたわが家のゼロ

画像



 外に出ると、多摩センター駅付近は、イルミネーションでえらいことになってました。


画像



☆ 光の道の両側には、動物たちのオブジェが。
  なんと、みんな動きます。

画像



☆ 多摩センターの街を見下ろす巨大キティ

画像


   
  *    *    *


 おくればせながら、
 日本ハムファイターズ、アジアNo.1、おめでとうございます。

 優勝したのはもちろんですが、来年につながるような、若手のいきいきとした活躍が、何よりうれしかった。

 TVに何度も映った「どこに行ってもガッツはガッツ!」の垂れ幕に、胸打たれました。

 それにしても、ラニュー(熊軍団)、なんてかっこいいんでしょ。
 いっぺんでファンになってしまいました。
 でも、試合は見られないんだろうな。


そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事