江戸川柳と判じ絵~たばこと塩の博物館

 渋谷はあまり好きな街ではありませんが、
 雑踏を抜けたあたりにある、この「たばこと塩の博物館」は、思いがけずおもしろい企画をやっていたりするので、たまに行きます。

 残念ながら、もう終わってしまったようですが、
 先週は、「川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩」展というのに行きました。
 それほど期待していたわけではないのですが、おもしろくて、思わず何時間も見入ってしまった。 

 そこで覚えた江戸川柳のいくつかをご紹介します。


<江戸川柳>

 元禄時代、それまで一握りの文化人のものだった俳諧が、誰でも気軽にできる娯楽?として大ブームになり、「前句付」という一般公募システムが確立して、投句が殺到したそうです。

 前句付の選者の中でも、特に川柳という選者が大人気で、入選句の中から、わかりやすい句を集めた「誹風柳多留」が評判になり、これがいわゆる「川柳」の始まりになりました。

 つまり、今、川柳というと、少しくだけた、時事風俗をテーマにした句ですが、
 そもそもの始まりは、まじめもまじめ、大まじめの俳句で、それが江戸っ子の手にかかると、ちょっとおかしなものになってしまった、ということ。

 でも、「誹風柳多留」の「川柳」は、江戸の四季や生活を生き生きと伝えて、
 芭蕉や蕪村の句と比べても、決して負けないくらい魅力的です。


 なお、実際の展覧会では、全187句に、それぞれ関係のある浮世絵や模型などが展示されていました。
 ここでのせた絵は、わたしがこれまでに行った展覧会の目録等をスキャンしたもので、
 一部、実際展示されていた絵とは異なります。(特に、北斎)

 始めの3つが葛飾北斎、後はもちろん初代歌川広重。
 後半は、あまりいい絵が見つかりませんでした。


 鶴という 字も舞っている のどかさや

   * お正月の凧揚げ風景。

画像



 麗らかさ 海の底にも 足の跡

   * 雛祭り前後、洲崎あたりの汐干の風景。

画像



 この花を 折るなだろうと 石碑見る

   * 今も昔も花見で人気の飛鳥山には、吉宗が作らせた由緒正しい石碑がある。
     (現存するらしい)
     それを見ている酔っぱらいの句。

画像



 花咲けば 諏訪の親類 遠くなり

   * 冬の諏訪湖には、氷結した湖上をまっすぐに突っ切る街道ができた。

画像

     

 留女 片袖持って 詫びている

   * 宿場の旅籠前の情景。
     すさまじい客引きのタックルで、袖をちぎってしまった。

画像
   


 渡し守 一棹もどす 知った人

   * これも人情味あふれる旅の句。


 板橋と 聞いてむかひは 二人減り

   * 「旅迎え」の習慣は、宿場で遊ぶのが目的だった。
     当然、品川に比べると、板橋は人気が無い。  


 日本から ありんす国は 遠からず

   * 日本堤まで来れば、もう吉原はすぐそこ、ということです。


 辻番で こっそり鴨の 葵坂

   * 江戸の日常風景。
     漁などもちろんご法度の、江戸城溜池でつかまえた鴨を、
     番所で鴨鍋にして食べている。


 焼き魚 団扇を読んで しかられる

   * これも江戸の日常風景。
     しかられたのは、女中さんでしょうか。
     団扇には、宣伝の謎解きや判じ絵などがかかれているものが多かった。


<おまけ・判じ絵>

 最後の句は、判じ絵と関係があるわけですが、
 帰りに、ミュージアム・ショップで、以前企画展でやった判じ絵の本を買いました。

 おしまいに、そこから、何問か。今日は台所、食材編。
(江戸版サプリ文字です。正解は下)


 (1)

画像



 (2)

画像



 (3)

画像



 (4)

画像



 (5)

画像




 <答え>
 
 (1) みずがめ  (水が目)
 (2) 茶釜     (ガマがお茶)
 (3) ざる     (サルにヽヽ)
 (4) しょうが   (賀を背負う)
 (5) しらすぼし (お白州に星)



 ところで、早くも、江戸城DVDがとどきました。
 やはり、すごい、の一言。
 なんだか、今年になって、お江戸ブログの様相を呈してきた。



そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2007年02月06日 11:07
こんにちは。お久ぶりです。
川柳、いいですね。江戸情緒があって。
吉原ネタでは、
「傾城に 可愛がられて 運の尽き」
なんてぇのもあったようで。
2007年02月07日 09:55
 こんにちは。
 「鳳凰が 雁首を出す 格子先」なんてぇ豪勢なのも。
 ほんとは、吉原ネタや(夜の)宿場ネタがおもしろいんですが、一応、カンタータ日記なんで、今回は思いっきり自粛してみました。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事