アロハ、オハナ!春のディズニーランド・リロ&スティッチのフリフリ大騒動~フリフリ・オハナ・バッシュ他

 リロ&スティッチは、映画もアニメも観たことありません。
(ここ数年のディズニー映画にはちょっとうとい)

 でも、この頃の、ディズニーショップの品ぞろえや、中高生たちがぶらさげているキャラクターを見ると、スティッチのものがどんどん増殖してきてました。
 それを横目で見て、気にしながらも、
 なんだかかわいくないな、と、思ってたのですが・・・・。


画像



 今回は、ディズニーシーでなく、ひさしぶりにディズニーランド。
 4月10日から、春~初夏のスペシャル・イヴェント、

 リロ&スティッチのフリフリ大騒動

 が始まったので、先週の土曜日、(4月14日)早速行ってしまいました。
(マジックキングダム・サンクスフェスティバルパスポート利用)



 まずは、メイン・イヴェントのスペシャル・パレード、

 フリフリ・オハナ・バッシュ

 一回目にすべりこみセーフ。
 パレードがシンデレラ城前のプラザに入ってくる入り口のところ、けっこういい場所をゲット。
 ここだと、パレードがプラザを一周してから、また目の前を通っていきます。


▽ まず、スティッチがやってきた!
  意外とかわいい?

画像



▽ フロート(山車)が全部スティッチ!

画像


画像



▽ かわいいフルーツやおかしのフロート

画像


画像



▽ パレードが止まってダンシング・タイム
  すぐそばに止まったのは、なんと、ブタ君たちだった・・・・。(ガク)
  でも、海をデザインしたフロートで、気分はどこまでも、ハワイアン。   

画像



▽ ピノキオやジャングルのさるたちは、バスに押し込められて通過。

画像


画像



▽ 最後を飾るミッキーの乗った特別車には、なんと、リロが。
  でも、主役のリロを下にして、ミッキーたちは高いところから、あいさつ。
  でも、この車、スティッチのいたずら書きだらけで、ゆかい。

画像



 フリフリ・オハナ・バッシュの歌とダンスは、南国ムード満点、のんびりしていて、いい感じ。
 いつもはついていくのがやっとのわたしにも、かんたんに踊れました。



 続いてレギュラーの、
 ディズニー・ドリームス・オン・パレード ムービン・オン


▽ 先頭をきって、またまた思いっきり高いところから・・・・。

画像



▽ おなじみのプリンス&プリンセス

画像



▽ とても仲の良いリロとスティッチ。

画像


画像



 このころになると、もうすでに、
 スティッチって、ちょっとかわいいかも・・・・、
 と、いう感じになってます。



 さて、いま、ランドでは、楽しい Find Stitch!キャンペーンを実施中。
 パーク内のいろいろなところに、スティッチがかくれています。

 また、スティッチは、みんなとオハナ(ハワイの言葉で家族)になりたくて、
 パーク内をデコレーションしまくったらしい。

 実は、わたしは、急ぎ足で歩行中、ばたっと前倒しに転倒して負傷したのですが、
 気合でパーク内を探し回り、ほとんどすべて発見しました。


▽ 入口からして、すでに、こんな感じ。

画像



▽ これもスティッチが飾り付けた。
  なんと、パークの神様と王様に、この暴挙・・・・。

画像



▽ こんなかっこうで・・・・。

画像



▽ こんなところにも・・・・。

画像



▽ これは見つけるのがたいへんだった。

画像



▽ マークトウェイン号に乗ったら、夕暮れのトムソーヤー島で、
  さびしく釣りをしてるスティッチを発見。
  
画像



▽ スティッチは、パーク内のそこら中に、いたずら、落書きをしまくってます。
  付近に、ペタペタ足跡があるので、すぐわかる。

画像


画像


画像


画像



 スティッチは、ミッキーの絵がすごく上手。
 でも、自画像はちょっとかわいく書きすぎ。



 そのほか、スティッチは、

 イッツ・ア・スモールワールド
 ミッキーマウス・レヴュー

 などのアトラクションにも、特別参加。

 イッツ・ア・スモールワールドにはいろいろ妙な人形が出てくるので、それほどおかしくはなかったです。
 予想どおり、南の海でサーフィンしてました。
 スモールワールドは、リニューアル後初めて行きましたが、すごくきれいになっていた。
(歌も、世界各国の言葉が聴き取りやすくなってる?)

 一方、それに対して、ミッキー・マウスレヴューでの登場のしかたは、あきらかに不自然。
 客席もザワザワしてました。
 さすが、スティッチ。



 それから、この日は、これまでなかなか観る機会の無かったショーも観ました。



 ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン


▽ これは、映像でなく舞台。なんと、モノクロームです。

画像



▽ 突然、ミニーが色のついた花を取り出して、ミッキーにプレゼント。

画像



▽ ミッキーとミニーがキスすると、舞台は突然カラフルになります。
  まさに、ディズニー・マジック!

画像



▽ おなじみのミュージカル・シーンも次々とくりひろげられる。
  ピーター&ウェンディはもちろん、空を飛びます。

画像



▽ エンディング。ちょっと、まぶしすぎ。

画像




 続いては、スーパー・ドゥーパー・ジャンピン・タイム

 隣接するプラザ・パビリオンのテラスでランチを食べながら、観ました。
 ミッキー、ミニー、ドナルドが、それぞれのパペットをあやつって人形劇をやります。


画像




 そのほか、この日見たバンドなど。



▽ ディズニーランド・バンド。(マーチング・バンド)

画像



▽ バイシクルピアノ。
  弾きながら、走り回る。わたしも、一台、ほしい!

画像




 最後に、
 5月7日から、大規模リニューアルに入ってしまう、(~7月19日)

 カリブの海賊

 に行きました。

 海賊がやりたい放題、暴れに暴れまくる、古き良きアトラクションも、これで見納め。
 リニューアル後は、ジャック・スパロウ船長大登場、とのことですが、どうなることやら。
 


 楽しかった一日も、いよいよ終わり。
 この日は、ひさしぶりに、
 エレクトリカル・パレード・ドリームライツ
 を見ました。


画像



画像



 ミッキーもミニーもすでに登場してしまい、
 大トリは誰だろう、もしや・・・・?
 と、思っていたら、
 やはり、そうでした!
 リロ&スティッチ!


▽ リロ&スティッチの山車。
  よく写らなかった。残念。右側のぼんやりしてるのがリロ。

画像



 もうこの頃には、
 スティッチーーーーっ、
 と、叫んでました。(心の中で)

 早く、DVD、見なくては!



▽ ミッキーマウス・レヴューにある壁画。
  「ファンタジア」より、「魔法使いの弟子」のミッキー。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2007年04月21日 22:07
Noraさん、こんばんは。
きれいな写真をたくさん見せていただき有難うございました。
ディズニーランドは、今のような春の気候のよい時がいちば
んですよね。
私も、息子が小学校低学年の時に一緒に行ったことがありま
す。
2007年04月22日 10:26
 おはようございます。
 いつもお世話になってます。
 この頃、ディズニーシーなどは、カップルや夫婦連れの方のほうが断然多いくらいですので、機会があったらぜひご夫婦ででもいかれてみてください。
 おっしゃるとおり春が最高だと思いますが、冬の夜のイルミネーションもすてきです。
 夏の暑い時は、ちょっと・・・・。
 でも海辺なので、海風が気持ちいいこともあります。 
Nacky
2007年04月22日 10:58
Noraさま
春らしい、美しく楽しいお写真をありがとうございます。
バッハもいいけど、ディズニーもいいですよね。
直近では、一昨年の年末にお客様をご招待し、ミラコスタのレストランに行きました。シーに入場しなくても食事のみでレストランのテラスからクリスマスのナイトショーを観ることができたのでラッキーでした。
スティッチですか・・・。
UFOキャッチャーでよくゲットします。
2007年04月22日 17:11
こんにちは。
ディズニーランドも、しばらく行かないうちに、変わりましたね。
何が変わったと感じたかというと、パレードの"色調"です。
まだSeaに行ったことのない、田舎者です。(笑)
2007年04月23日 09:41
 Nackyさん、おはようございます。
 またまた、なんてうらやましい!
 ミラコスタは、入ると怒られそうなので、いつもあこがれのまなざしで見ているだけです。
 ショーのとき、Nackyさんの眼下にうごめく一般群集の中に、
 おそらくわたしもいたものと思われます。(笑)
2007年04月23日 10:12
 Stanesbyさん、おはようございます。
 トラックバック、ありがとうございます。
 ピーターパン、これで、写真とともに、音楽も楽しむことができるようになりました。
 でも、写真のショーにも、ティンクは登場してなかったような・・・・。
 もしかして、わたしにはもう見えないのかも。(涙)

 冒頭にのせたパレードは、スティッチのスペシャル・パレードで、トロピカルな南の島がテーマなのです。色調の変化をお感じになったのは、そのせいかもしれません。
 でも、そう言えば、ディズニー映画自体の「色調」も、だいぶ変わりましたね。
2007年05月03日 11:00
何と、魅惑的なディズニーランドの写真ばかり!
見るだけでなく、私も行きたい、なんだかお知りの辺りがむずむずと・・・
ここ何年もディズニーランドに行ってません(涙)。
子どもが小さかった頃は、毎年行ってたのに。そして一番はしゃいでいたのは、ほかならぬ、この私でしたのに・・・

>この頃、ディズニーシーなどは、カップルや夫婦連れの方のほうが断然多いくらいです

そうなんだわ!
もう子どもを理由にしないで、行きたい私が行けばいい!!
Noraさ~ん,Stanesbyさ~ん!ご一緒にいかがですか?
2007年05月03日 21:23
 喜んで!とお答えしそうになりましたが、ふとaostaさんの旅行記などを思い出して、危なく踏み留まりました。小心者のわたしには、様々な不測の事態に対処する自信がまったくありません。
 もう少し修行を重ねますので、その上で、ぜひ。(笑)

 ランドは、やはり、子ども連れのファミリー層が多いですが、それでも最近は、老若男女いろいろなお客さんが見えてるようです。
 また、シーは、徒歩や、汽車や船で、美しい景色や花々などをゆっくりと楽しむことのできる、ちょっと他に無いような散策型のテーマパークだと思います。
 何とか機会を作り、ぜひお出かけになって、aostaさんならではの感想をお聞かせくだるとうれしいです。
 でも、日陰が少なく、広いので、これからの季節、特に夏の炎天下は、要注意です。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事