ゴーヤ栽培日記・ゴーヤ料理レシピ付 Vol.3~簡単ゴーヤまぜごはん

 5月30日


 だんだん暑くなってきて、順調に育っています。


 1号は、もう軒下に届いてしまいました。

画像



 下の方は、もう収拾がつかないほど、枝や葉がしげってます。
 ゴーヤ棚の柵を越えて、ベランダのフェンスづたいにツルをのばしている枝もあります。

画像



 そんな中、突然、ついに、つぼみが出始めました。(写真のちょうど真ん中あたり)

画像




 6月3日

  
 いろいろな昆虫も集まってきました。

画像


 コメツキムシ。カナブンなどと同じ、甲虫です。
 すぐに死んだフリします。
 裏返して地面に置いておくと、ポコン、と音をたて、びっくりするほど高く飛び跳ねて起きようとします。
 でも、高く跳ねすぎて、失敗してまたひっくりかえったりする。
 子どものころは、おもしろくて、何度も何度も裏返して遊びました。(ひどい・・・・)
 思わずやりたくなったけど、わたしはおとななので、もちろんがまんしました。


 これは、雄花。

画像



 雌花。

画像



 今の時期は、ほとんど雄花ばかり。
 雌花のつぼみが出ても、ほとんど咲くことはありません。
 さながら、男子校みたい。
 花もムダに咲いてかわいそうだな、と思っていたら、
 まず雄花がたくさん咲いて、昆虫たちを集めておく、という考え方もあるそうです。
 根元にチビゴーヤがある雌花が咲いても、虫がいなかったら、それこそムダになってしまう。
 なるほど。男はつらいのです。


 ゴーヤを観察していたら、日が暮れてしまった。

画像




 6月10日

 ついに、つぼみがほころびだした!


画像




 6月11日


 雨の朝、とうとう初めての開花!感動・・・・。

画像




 (つづく)



 さて、今回も、ゴーヤ料理の自己流レシピのご紹介。
 とてもかんたんなわりには、意外とおいしい料理です。


 【特別ふろく:自己流ゴーヤ料理レシピ・その3】

  簡単ゴーヤまぜごはん  


 1、ゴーヤ1本は両端を切り落とし、縦に二つに切り、ワタをスプーンで取って、
   その後薄切り。
   苦いのが苦手な人はできるだけ薄く切る。(量も少なく)
   ボウルなどに入れて塩小さじ1弱をふり、かるく手で混ぜ、
   苦味がだいじょうぶな人は2~3分、苦手な人は7~8分置く。
   その後、水洗いし、水気を切っておく。

 2、豚ばら肉薄切り100~150gは食べやすい大きさに切り、
   しょうゆ・酒少々で下味を付けておく。

 3、フライパンに油を熱し、溶き卵2個分を全体に流しいれ、
   はしで大きくかきまぜてスクランブルエッグ状に固め、いったん取り出しておく。

 4、フライパンをさっと洗い、水気をふいた後、再び油を熱し、2の豚肉を炒める。
   色が変わったらゴーヤを加え、炒める。苦味が苦手な人は長めに火を通す。
   砂糖、酒各小さじ2、しょうゆ大さじ1、あればコチジャン小さじ1/3で調味する。
   火を止め、3の卵をフライパンに加え、軽くまぜる。
   (このまま、ご飯のおかずにしても良い。)

画像

 
 5、ボウルなどに入れた温かいごはん茶碗3杯分くらいに4のゴーヤ炒めを汁ごと加え、
   しゃもじでさっくり混ぜる。

画像


 6、茶碗に盛り、すりごま、しょうが千切り、焼きのりなどをのせていただく。

画像








そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2007年06月14日 07:54
お~、大きくなりましたね。
頭打ちにして、ぶどう棚のようにしておくと、収穫しやすいかと・・・。
釈迦に説法・・・でしたね。(笑)
2007年06月14日 09:52
早速作ってみました。
レシピありがとうございます。美味しゅうございました(笑)。
ゴーヤって成長が速いんですねえ。

2007年06月15日 01:15
 Papalinさん、こんばんは。
 アドバイス、ありがとうございます。
 ウチの場合、ベランダとは名ばかりで、30センチくらいの幅の出窓、のようなものです。
 一応、ひさしまで網をつなげてますが、ぶどう棚のようには、なかなかなりません。
 毎年、なぜか実が小さめなのですが、もしかしたら、ちゃんとぶらさがらないせいなのかもしれませんね。
 何か、方法があるといいのですが・・・・。
2007年06月15日 01:26
 たこすけさん、こんばんは。
 ありがとうございます。レシピを書いたかいがありました。

 ところで、がってんカレー、たこすけさんのところで見て、すぐレシピをゲットしましたが、あんなに手の込んだものを、よくお作りになったものです。わたしはそのままになってしまってます。
 今度、作ってください。(笑)

 なお、このようなページをつくりました。(→右URL欄→)
 もし、機会があったら、たこすけさんも、演奏を聴かせてくださるとうれしいです。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事