バッハの源流への旅・その10~さらに中世へ・セクエンツィアの名盤でたどる今後の旅の道標

 七夕の夜に、再び、天体の音楽=中世の音楽について。


 星も見えぬ東京に戻ってきました。
 星が見えなくても、わたしたちは、音楽を聴くことができます!

 バッハの源流への旅、これから、いよいよ中世へと足を踏み入れていくことにします。


 中世の音楽は、もちろん西洋音楽(広義のクラシック音楽)の一部ではありますが、
 実は、まだまだヨーロッパ各地域の民族音楽としての側面がとても強いです。

 従って、中世の音楽は、
 クラシック音楽の延長として演奏してしまうと、
 わけがわからず、また退屈きわまりないものになってしまい、
 逆に、中世音楽専門グループの演奏によって初めて、その真価を発揮する、
 と、いうことになります。

 なお、このことは、あまり指摘されませんが、
 この中世音楽の民族音楽性は、
 中世音楽への道を切り開いた、かのデビット・マンロウが、
 そのキャリアの中で、実際に中南米の民族音楽にどっぷりと親しんだことから天啓を受け、「発見」したものに他なりません。
 わたしたちの前に広がっている、冒険とロマンにあふれる中世音楽の沃野は、
 本来は幸福なリコーダー吹きであるはずだった青年が、その短い生涯をかけて、わたしたちに残してくれたプレゼントなのです。
 この旅を始めるにあたって、あらためて、心からの感謝を捧げたいと思います。


 と、いうわけで、
 今では、いくつもの中世音楽グループが、それぞれ驚くほど個性豊かな演奏を聴かせてくれますが、
 少し前までは、

 アンサンブル・オルガヌム、
 アンサンブル・ジル・バンショワ、
 セクエンツィア、

 が、その御三家とも言える、圧倒的な存在でした。

 ここでは、その中でも最も聴きやすいセクエンツィアの名盤を実例としてたどりながら、中世音楽の歴史のおおまかなガイドラインを、ご紹介したいと思います。

 言わば、今後の中世への旅の、道標になるようなものです。
 ちょっと教科書みたいな内容になってしまうかもしれませんが、
 今後登場すると思われる用語もなるべくたくさん紹介しますので、がまんして、おつきあいください。



 あまり遡ってもキリがありませんので、初期ポリフォニーあたりから始めましょう。


 音楽史の本には、よく、
 10世紀後半になって、ようやく音楽史上初のポリフォニー(複声音楽)が誕生した、
 と、いうようなことが書いてありますが、もちろんそんなはずはなく、
 これは、正確には、
 「10世紀後半になって、教会音楽を中心とする西洋音楽史上初めて、
 ポリフォニーと確認できる音楽の記録が登場する」
 と、いうことです。

 いずれにしても、「最も古いポリフォニーの記録」は、10世紀ごろからちらちらと登場し始めます。


▽ 「最も古いポリフォニーの記録」の一つ。
  なんと、歌詞がそのまま上下しています。そして、明らかに二つに分かれている! 
  子どもの頃、作曲ごっこ、といって、こんなのを書いたような気が・・・・。
  でも、あとで見ても、わからない。(笑)
  もちろん、この楽譜?も然り。

画像



 グレゴリオ聖歌等の単旋律音楽が、ポリフォニーに変容したのは、
 以下の3つの要因によるものと思われます。

 1、表現上の理由。

 単旋律の段階から、
 アレルヤを大きく引き伸ばして歌うセクエンツィア
 ヒルデガルトの聖歌、
 等、単なるグレゴリオ聖歌ではない、宗教的感興をよりストレートに表現し得るような音楽は登場していたが、その次の段階として、副旋律がつけくわえられた。

 2、内容上の理由。

 聖歌の各節とともに、それを補足、説明するような歌詞がつけくわえられた。
 聖歌の歌詞+補足歌詞、という単位がくりかえされる。
 (トロープス

 3、音響上の理由。

 残響の多い聖堂等で歌われるグレゴリア聖歌等は、もともと前の音が次の音にかぶさるため、もともとポリフォニー的性格を内包していた。そこから、より美しく響く音を、自然に重ねるようになった。

 ☆ 上記のうち、ヒルデガルトの聖歌は、セクエンツィアのおはこ、
   「シンフォニア」、「オルド・ヴィルトゥトゥム」等、すばらしいCDが出ています。(DHM)



 以上のような要因が複雑に重なりあって、ポリフォニーの原型が形成され、それにともなって、記譜法も発達、
 11世紀になると、スペインや南フランスの、どちらかというと地方の聖地を中心に、
 いまわたしたちが聴くことのできるポリフォニーが、ほとんど同時に大発生します。

 これが、いわゆる初期ポリフォニー。
 音楽の源、素朴すぎるほど素朴だけど、清冽な泉のように美しい、原初のポリフォニーです。

 ☆ 初期ポリフォニーには、いくつもの写本が、南ヨーロッパ各地に伝わっていますが、
   そのうち、スペインのカリクトゥス写本には、セクエンツィアの名盤があります。
   (DHM)



▽ 最初期のセクエンツィアとトロープスのネウマ譜。

画像




 さて、このように、南ヨーロッパの聖地に同時発生したポリフォニーですが、
 その後、各聖地への巡礼の道を逆行するようにして、徐々に、当時の文化の中心、パリへと伝わっていきます。

 折りしも、この頃の南ヨーロッパでは、教会音楽以外の、民衆レヴェルの宗教音楽もさかんになっていました。
 聖母マリアの巡礼歌=カンティガ
 その他、もろもろのマリア崇拝の音楽、
 各街々の典礼劇の音楽、等々です。

 初期ポリフォニーは、これらの音楽が花開き始めた巡礼の道をたどっていったわけですから、
 当然、それぞれがそれぞれに影響を与え合いました。
 すなわち、
 民衆歌の奔放さ、自由さが初期ポリフォニーに、
 初期ポリフォニーの新しい技巧が民衆歌に。
 それぞれが、新しい魅力を与えられ、より高度なものになっていきます。

 つまり、カンティガ等の民衆の歌は、それ自体とびっきり魅力的ですが、
 初期ポリフォニーをパリへ運ぶ媒体、という、音楽史上極めて重要な役割をも担った、
 と、いうことですね。

 ☆ 残念ながら、セクエンツィアのカンティガのCDは、知りません。
   少なくとも、わたしは聴いたことがありません。
   でも、そのかわり、マリア崇拝の音楽に、すばらしいCDがあります。
   「ボルデスホルムのマリアの嘆き」(DHM)
   (少し後年の音楽になりますが)




 さて、当時、パリでは、ノートルダム大聖堂に象徴されるゴシック文化が全盛でした。

 パリに集約された初期ポリフォニーは、ゴシック文化に吸収され、さらに加速度的に進化していきます。

 宗教音楽とはまた別に、独自の発展をとげていた、
 宮廷詩人、吟遊詩人の愛の歌、トルバドゥール等の影響も、これに加味されます。

 ☆ トルバドゥールにも、セクエンツィアのすばらしいCDがあります。
   「ダンテとトルバドゥール」(DHM)




 そして、いよいよ、世に言うノートルダム楽派
 史上最初の大作曲家、レオニヌス、ペロティヌスへとつながるわけですが・・・・、



 少し長くなってしまいました。
 ほんとは一息にデュファイまでいくはずだったのですが・・・・。
 当面必要と思われるところまでは書いたので、とりあえず、今回はここまで。
 ここまでを前半として、その後は、近いうちに後編として、まとめたいと思います。







そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

fiore musicale
2007年07月09日 13:10
こんにちは。七夕の日の記事一つ一つ共鳴し、喜びを持って拝見させて戴きました。 実は私も、グレゴリアなどの単旋律の中世音楽の時代は、西洋音楽の歴史のスタートでは無かったんじゃないかな? と感じておりました。
それが何故かと言われると、私の微知識の中では、説明出来ませんでした。ただ漠然とそう考えていましたが、今日この記事を読ませて戴いて、大変感激いたしました。そしてそれをきちんと理論つけて御記述頂きまして、漠然としていたものが吹っ切れてすっきり出来ました。 感謝します。

地球上での最古の楽器は、中南米で見つけられたそうですね。
それは打楽器だったと聞いております。
西洋の素晴しい音楽の発展から見ると、西洋人はそれを認めたくないんではないかと言う浅ましい考えもちらほら浮かびましたが^^;

単旋律であった音楽から2声のポリフォニーが始まった頃からが西洋音楽の始まりだったんではないかと思いました。
fiore musicale
2007年07月09日 13:11
追伸:一本の美しい絹糸のような音楽がその響きで2本になり3本、4本、5本。。。とどんどん止まる事を忘れたかのような横の響きと申しましょうか?
縦の和音ではなく横の和声ポリフォニーの発展はホントに素晴しくも驚異の発展だったと感じます。

またそれを追求するばかりに、若い生命を熱過ぎるほどの情熱で解明しようとした、故、ディビッド・マンロウ氏にも敬愛と哀悼の意を伝えるNORAさんのお心に感動した事も付け加えさせて頂きたい所存です。
本日の日記は保存させて頂きたく存じます。 いつまでもこのブログがありますようにと祈るばかりです。
有難う御座いました。
fiore musicale
2007年07月09日 13:22
すみません、もう一つ書き忘れていました^^;;

これから続く、吟遊詩人達のお話しや、2声のポリフォニー誕生になりますでしょうか? レオニヌス&ペロティヌスのお顔が見えてきましたね。
楽しみにしております。

まったりと人の精神を揺るがすかのような中世音楽のようにゆっくりとお進みくださいませ ^^。

2007年07月10日 16:33
 fiore musicaleさん。いつも、あたたかいコメントをいただき、ありがとうございます。
 fiore musicaleさんの古い音楽に対する愛情がとてもよく伝わってきて、少しでもお役に立てれば、と、心から思います。

 始めは、きちっと順序だてて、時代を遡っていくはずだったのですが、
 やはり、好きな時に好きなことを書きたいな、と思い、まず始めに前提となるアウトラインを一気にまとめてしまおう、と、書き始めた今回の記事です。
 でも、それさえ途中で力尽きてしまい、まったく我ながら先が思いやられるわけですが、そんな感じでよろしければ、気長におつきあいください。
2007年07月10日 16:36
 わたしも、追伸です。

> 一本の美しい絹糸のような音楽がその響きで2本になり3本、4本、5本。。。

> まったりと人の精神を揺るがすかのような中世音楽のように

 fiore musicaleさんがお書きになった、これらの言葉は、実に的を射た表現だと思います。
 かなり中世の音楽に親しんでおられるものとお見受けいたしました。
 ペロタンなどは、誰もが前衛音楽に通じるような面を強調しますが、実際、あれは、実に「まったりとしていて」、しかも「精神を揺るがす」音楽に他なりませんね。
 わたしもそれにならって、まったりと書き進めていけたら、と思ってます。
fiore musicale
2007年07月11日 22:31
そのように仰っていただけて恐縮です^^;
精神が揺らぐときに、Noraさんの心が感じられた事を書かれているなぁと思って拝見させて戴いています。だからきっと感動するのだと思います。
有難う御座います。m(_ _)mペコリ
2007年09月27日 12:57
>11世紀になると、スペインや南フランスの、どちらかというと地方の聖地を
中心に、
 いまわたしたちが聴くことのできるポリフォニーが、ほとんど同時に大発生
します。

シンクロニティの不思議さを思います。
すべての社会的状況、音楽的熟成といったものが、信仰の情熱や生きることへのエネルギーとともに同時多発的に爆発したかのようですね。

アルフォンソ10世の「カンティガ集」を始めて聞いたのはギター演奏用にアレンジされたものでした。
アントネッロのCDを聞いたときは、これが同じ曲かしらと思うほどの踊るようなエネルギーと、何か原初的なリズムに感覚が麻痺したような感覚をおぼえました。また同時に何かゆったりと流れる悠久の時間の流れのなかで、緩やかにほどけていく心がありました。
セクエンツィアの演奏はまだ聴いたことがありませんが、きっとまた異なる魂の振るえを感じるような気がします。
2007年09月27日 22:02
 aostaさん、こんばんは。

> 同時多発的に爆発

 ちょうどそのころ、ポリフォニーが記録できるような記譜法が広まった、というのが、実はとても大きいのですが、
 それにしても、その大部分が中央ではなく、地方の大巡礼地に伝えられている、というのがおもしろいですね。

 カンティガもいいですが、同時期に教会内部で歌われだした、初期ポリフォニーも、機会があったらぜひお聴きになってみてください。
 グレゴリオ聖歌に旋律が一つ加わっただけで、どれだけ音楽が豊かになったか。素朴だけれど清冽な、泉のような音楽。
 サンティアゴ・デ・コンポステラに伝わるカリクトゥス写本がお手ごろです。

 ギター版カンティガ、というのも、すごくひかれますね。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事