秋の夜長のブラームス・室内楽、すっかり見直してしまったぞ + 三位一体節後第16日曜(BWV27他)

 今日は、三位一体節後第16日曜日。

 カンタータは、
 初期のBWV161
 第1年巻のBWV95
 コラール・カンタータのBWV8
 後期のBWV27
 の4曲です。

 昨年の同日の記事は、こちら

 昨年は、BWV95BWV8を比較して、コラール・カンタータについて説明しています。
 
 曲そのものについては、BWV95について少し書いてますが、
 そのほかについてはまったくふれてません。

 BWV161は、リコーダーのためのカンタータとも言えるような、初期の真摯な傑作。
 マタイのコラールも登場。

 BWV8は、コラールカンタータの最高峰とも言われる大傑作。

 ほんとうは、これらの曲について書いてみたいところですが、
 内容が、今のわたしにはまだまだむずかしいので、とりあえず、今年もパス。

 意外と気楽に聴けるのは、やはり、後期作のくBWV27
 悠然として美しい短調の歌と、動きの細かい表情豊かな部分が全曲にわたって交錯する、なかなかの魅力作だ、ということだけ最後に付け加えて、またまたお茶をにごしてしまおう。



  *    *    *  



 と、いうわけで、
 今日は、ロマン派へのチャレンジ・シリーズ。続きを書くことにします。



 9月も後半になりましたが、東京では、まだまだ暑い日が続いています。
 でも、空や雲は、すっかり秋の表情を帯び、日が暮れるのも急に早くなってきました。
 秋の夜長。何となく、しっとりとした室内楽などが聴きたいような今日この頃です。

 初夏くらいからずっと、やはり、いろいろな方のブログ等を参考にして、
 ずいぶんブラームスの室内楽を聴いてきました。
 けっして、勉強のために無理して聴こう、としたわけはではなく、
 何だか、とてもよくって、気がつくと、ついかけていたりしたのです。

 今回は、その中から、特に印象深い何曲かを書いておきましょう。
 しっとりとした室内楽、というと、ブラームスなど、いかにもぴったりなようですが、
 実は、案外そうでもないぞ、というお話。



 1、弦楽六重奏曲第1番 作品18


 チェロの練習をなさってるたこすけさんのブログで見て、聴いてみました。
 チェロ弾きのみなさんの間では、あこがれの曲らしく、なるほど、チェロが大活躍します。(特に2楽章)
 
 弦楽六重奏というと、なんとなく、渋い晩年の作品みたいですが、これは、青春時代の、情熱あふれる作品。
 分厚い弦のハーモニーを従えて、次々とくりだされるチェロのテーマが、どれもヒロイックでかっこいい。時として、ハードボイルドな雰囲気さえ漂います。恋愛映画に使われたことがあるそうですが、その手の映画にもいいのでは。
 それにしても、これ、自分で弾いたら、気持ちいいだろうな。
 人気があるのがわかります。


 CDは、ソリストがメインになっているもの、正統的な室内楽団のもの、など、何種類か聴いてみました。
 どれもそれぞれ魅力的でしたが、
 わたしは、オリジナル楽器のグループ、ラルキブデッリのものが、とても気に入っています。
 ビルスマのチェロがうまいのはあたりまえですが、その他のメンバーも颯爽としていて、いかにも青春の歌、といった感じ。



2、ヴァイオリン・ソナタ第1番 「雨の歌」 作品78

 
 以前から、名前は知っていて、気にはなってましたが、
(雨、という言葉に弱いのです)
 aostaさんがこの曲についてお書きになった美しい文章を読んで、いてもたってもいられず、速攻、図書館へ。

 CDをかけた瞬間流れてきた、きらきらとした、まぶしいほどに美しい音楽に、びっくり。
 これが、ほんとうに、ブラームス?

 モーツァルトやシューベルトのVnソナタの魅力にとりこになったことは、以前書きましたが、 
 これは、正にその系譜を引き継ぐ、そして、それらの作品に勝るとも劣らない、純粋な美にあふれた音楽です。

 雨の歌、という魅力的なタイトルがついてますが、雨じゃなくても合うみたい。
 3楽章に同名の歌曲の旋律を使ってるそうですが、もちろん、秋の長雨の季節にもぴったりでしょう。


 CDは、断然、aostaさんもご紹介してらっしゃるデュメイ、ピリス盤です。

 モーツァルトでは、ちょっと美しく研ぎ澄まされている気がしたのですが、このあたりの音楽になると、もう誰もかないません。


 aostaさんは、他にも、ピアノ四重奏曲、というのもご紹介なさってます。
 こちらもよかったですが、こちらの方は、始めから終わりまで、イメージどおりのブラームス、でした。



3、弦楽五重奏曲第2番 作品111


 この曲は、存在すら知りませんでしたが、またまたアルトゥールさんのブログを見て、聴いてみました。
 こちらはけっこう晩年の作品のようなので、渋い傑作をイメージしたのですが、
 とんでもなかった!

 なんと明るく、清々しい音楽!

 晩年のモーツァルトやR.シュトラウスの音楽にだけ見られる、澄み切った、まったく影が無いような、不思議な明るさ。
 それが何と、ここにも響いているのです。
 しかも、この二人にも負けないくらいの無邪気さをも併せ持っている。

 くりかえしますが、澄み切った憂愁、ではなく、澄み切った明るさ、です。
 ブラームスなのに。

 今ではもしかすると、ブラームスの中では、この曲が一番好きかもしれません。

 雨の歌でも感じましたが、ブラームスは、先人のよいところをきちっと受け継いで、次世代にしっかりと受け渡しているのですね。
 これまで何となく敬遠してましたが、やはりさすがに、大きな美しい川の本流に位置しているだけのことはあります。


 このような音楽は、アマデウスSQ+α や、意外と新しいウィーン・フィルハーモニア弦楽五重奏団の演奏のように、なんでもなければなんでもないほど、いいような気がします。
 とくに、ウィーン・フィルハーモニア弦楽五重奏団は、録音もみずみずしく、すばらしい。
 あのブルックナーのクインテットの名演と、同じ名前ですが、同一のグループかな。


 また、最近、すごい演奏を見つけてしまいました。
 ヴェーグの、ストリングス・オーケストラ版のCD。

 ヴェーグは、モーツァルトのセレナードのすばらしい全集セットで知られますが、
 ここでも、それと同じ姿勢で、このブラームスの珠玉の作品に向き合い、美の極限のような世界を描きだしています。
 


 以上、ブラームスの室内楽をいろいろと聴いてきましたが、
 ブラームスの室内楽、というと、最晩年のクラリネットのものが何と言っても有名ですし、
 事実名曲だと思います。
 わたしもこれらは昔よく聴いて、ブラームスというと、あの老人のようなひげの写真とともに、真っ先にあの微かに霧がながれるような灰色の世界を思い浮かべてしまうほどです。

 でも、それだけではなかった、ということ。当然のことですが。
 そういえば、長髪の、少し愁えた表情の若い頃の写真もありました。
 あれなど、けっこう、美しい、と言ってしまってもいいのでは。

 J.シュトラウスやブルックナーを心からうらやましがっていたというブラームスさん、
 あなたも、なかなかやるじゃないですか。



そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2007年09月23日 07:31
おはようございます。
ブラームスの室内楽は完成度が高くて、全ての曲が名曲だと思います。
作品18は仰るとおり若きブラームスの情熱みなぎる名曲だと思います。
弦が6本に増えて響きも充実していますし。ただこれ、「弦楽六重奏曲」
ですよね。
ヴァイオリン・ソナタは3曲とも名曲だと思います。私個人の趣味では2
番・3番が好きなのですが、一般では1番が人気のようですね。
弦楽五重奏曲は2曲とも好きです。ブラームス晩年の達観したような澄み
切った境地を聞くようです。
以上以外だと、若き日のピアノ五重奏曲が人気曲のようですね。3曲残さ
れた弦楽四重奏曲は渋すぎるかもしれませんね。

2007年09月23日 14:04
 アルトゥールさん。こんにちは。

> ただこれ、「弦楽六重奏曲」ですよね。

 ありがとうございます!さっそく修正させていただきました。なにしろ、みんな、聴きなれない曲なので。(笑)

> ブラームスの室内楽は完成度が高くて、全ての曲が名曲だと思います。

 ほんとにそうですね。しかもバラエティに富んでいると思います。
 ブラームスの室内楽、というと、「いい曲だけど渋くて地味」みたいな、勝手なイメージを持っていて、特に聴かなくてもいいか、と思ってたのですが、
 みなさんに教えていただいて聴いてみて、そのあまりにも豊かな世界に驚いてしまい、このような記事を書かせていただきました。
 特に、作品111の透明な美しさは、他の作曲家にもなかなか無いくらいですね。
 良い曲を教えていただき、ありがとうございました。
2007年09月23日 19:01
 Noraさん、今晩は。ブラームスの室内楽大好きです。ヴァイオリン・ソナタ 「雨の歌」何百回聴いたことでしょう。華やかな「弦楽五重奏2番」、若い頃に戻りたい。そして バックハウス のピアノ協奏曲。この曲は一緒に働いていた職場の女性が大好きでかなり影響を受けてしまいました。お子さんが1人いる既婚者でしたが、品がよく、美人で・・・若かりし頃の心の浮気ですね。昼食時は、いつも家内が作ってくれた弁当を彼女と一緒に食べながら、クラシック音楽を話したものです。20年も昔の話です。Noraさんのこの記事を読ませて頂き、当時を思い出してしまいました。今日は久し振りに浅草のSGGのカウンターに立ちました。50人近くの外国の方がいらっしゃり、かなり忙しい半日でした。
 又、諸々のコメントを楽しみにしております。
 それでは失礼致します。
2007年09月23日 20:42
BWV161・・・早速聴いてみんければと思っていますが、
お風呂に先に入ります。 *o_ _)oバタッ

ブラームスのクインテッドは大好きです。
あの曲、チェロ1とチェロ2の難易度というか目立ち度は全く違いますよね。恐らく特定のチェロの名手のために書いた作品なのでしょうね。僕は、無伴奏チェロのレコードを初めて買った、モーリス・ジャンドロンのチェロのCDをよく聴きます。メニューインがVnを弾いています。

ブラームスと言ったら、クララ・シューマンでしょう。
僕と正反対なプラトニックだったようですね。
(o_ _)o ドテッ!!
koh
2007年09月23日 21:00
こんばんは。ブラームスが話題になっておりますので、ついおじゃましたくなりました。
ブラームスは大好きです。ネクラなところがいいと思います。尊敬する先輩の奥さんであるクララ・シューマンを好きでしょうがなかったのに、ついに最後まで告白できなかった、などというエピソードには泣かされますね。
アルトゥールさんがコメントなさっていますが、わたしもピアノ五重奏曲ヘ短調作品34が気にいっています。短調で決して明るい曲ではありませんが、さわやかさが感じられます。
ピアノ四重奏曲もわたしが知るかぎり3曲あって、いずれもすてきな曲です。
ブラームスといえば、室内楽ではありませんが、やはり交響曲第4番をあげないわけにはいきません。交響曲は誰の作品でも(モーツァルトでも)たいてい途中で退屈してしまうのですが、この4番だけは別です。
2007年09月24日 19:36
 my favorite storiesさん、こんばんは。
 昨日、今日と、急に秋らしくなってきましたね。
 外国の方も、気分よく観光できるのではないでしょうか。
 これから本格的な秋の観光シーズンで、ますますたいへんになりますね。

 ブラームスのピアノ協奏曲がお好きとは、かっこいい女性ですね。
 ちょっと前まで、職場などで、クラシックの話などをすると、何この人?という目で見られたものですが、最近はまた、クラシックブームで、だいぶ株を上げてきたみたいです。
 でも、バッハなんかは、ダメですね。特にカンタータはいけません。カンタータの話なんかをすると、みんな逃げていってしまいます。(笑)
 だからわたしも、ちょっとクラシックの通ぶってみようと、このような記事を書いてるわけです。
2007年09月24日 19:54
 Papalinさん、こんばんは。

> BWV161・・・早速聴いてみんければと思っていますが、

 かなり前に、Stanesbyさんという方が、これからBWV161を歌うとかおっしゃってました。検索、ほんとに便利だ。(笑)

 室内楽は、わたしは基本的には、専門の室内楽団の演奏が好きですが、たまにトップアーティスト同士が共演した演奏で、驚くほどすばらしい演奏がありますね。ご紹介いただいた演奏も、おもしろそうです。

 ブラームス、わたしと同じプラトニックだったんですね。あれ?
(o_ _)o ドテッ!!
2007年09月24日 20:17
 kohさんまで、ブラームス、そんなにお好きだったとは。
 長いつきあい?ですが、初めて知りました。
 ブラームス、意外と大人気なので、ちょっとびっくりしています。

> ピアノ五重奏曲ヘ短調作品34

 これはちょっと聴いてみなくてはなりませんね。
 早速図書館で探します。

 交響曲第4番、BWV150との関係をぬきにしても、実はわたしも大好きです。全部で5箇所くらい、必ずほろっとするところがあります。
 どことなくハードボイルな感じが、何だかジャズを思わせますね。

 そういえば、ブラームスは、第4番以外にも、カンタータとものすごく関係の深い作曲家でした。書いてよかった。
2007年09月26日 22:13
こんばんは。

ここのところくしゃみが多いのはめっきり秋の気配が濃くなったからだとばかり思っていましたら、こんなところに原因があったのですね(笑)

秋になるとブラームスが聞きたくなりますね。
とくに去年はブラームスばかり聞いていたように思います。
今年はNoraさんの影響でしょうか、シュッツにはまっております。
ドイツ語歌曲集やマドリガーレ集など、澄み切った秋の空気そのものですね。
バッハのカンタータにも負けず劣らず、シュッツの話をしてもみんな逃げていってしまいます。
一度聞いてくださればいいのに、とひたすら恨めしく思うaostaです。
2007年09月27日 22:24
 こんばんは、aostaさん。
 おことわりなく、みなさんのお名前を勝手に書かせていただきました。
 今後もこりずにくりかえすことと思いますが、どうぞお許しください。(笑)

 ブラームスは、ワルツや間奏曲などのピアノ曲やオルガン曲はよく聴いていたのですが、新たに室内楽の魅力を知ることができたのは、ほんとにみなさんのおかげです。
 ブラームス、ますますぴったりの季節になってきましたね。

> シュッツの話をしてもみんな逃げていってしまいます。

 でも、aostaさんがシュッツやカンティガなどの記事をお書きになると、みなさん、聴いてみたい、というコメントをくださります!
 それを見ると、なぜかわたしまで、うれしくなってしまいます。
 これからも、セールストーク、がんばっていきましょう。(笑)
2007年10月01日 08:36
BWV161・・・血潮したたるでしたね。情けない・・・。
(((((((((((o_ _)o ドテッ  ∥出口∥
2007年10月01日 14:20
 Papalinさん、しかたないですよ。
 曲を特定するのが、番号(しかも200番まである)と、冒頭の歌詞(しかもほとんどがややこしい文語体)だけなんだから、おぼえてる方がおかしいのです。
 ハイドンの曲みたいにあだなをつければいいのにって、以前aostaさんに力説したことがありました。
 でも、「血潮したたる」じゃ、怖いですね・・・・。
 それに、このコラールを使ってる曲は、他にもたくさんあるのです。
 お手上げ。\(‐‐)/
2007年10月01日 19:41
お気遣い、ありがとう! 嬉しく思います。

(\Y/))'0'((\Y/)パフパフ←ドラクエ
 
2007年10月03日 16:34
 (\Y/))'0'((\Y/) ← これは、ちょっとわかりません。??

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事