ちょっと変わった各地の料理(デパート物産展から)

 デパートの地方物産展等が大好きです。

 tonaさんのブログで、第43回「有名駅弁と全国旨いもの大会」の記事を拝見し、わたしもぜひ行きたいと思ったのですが、新宿の街はどうもなじみがない上、TVの特集ですさまじい行列を見て、断念。


 そのかわり、と言っては何ですが、よく行く池袋でも、新春恒例の、

  寿司・弁当とうまいもの会(西武、~22日(火)まで)

  食の大北海道展(東武、~22(火)まで)

 等を実施中なので、それでがまんすることにしました。

 まあ、がまんする、と言っても、これはこれで、すごいのだ。


 とりあえず、先週は、西武の「寿司・弁当とうまいもの会」へ。

 ここにも、けっこう全国のめずらしいお弁当が集結しているのですが、
 結局、いつもの定番の、明石・ひっぱりだこ飯と、横川・おぎのやの釜飯を買ってしまった。


▽ 明石・ひっぱりだこ飯。定番だが、駅弁の中では、一番好き。
  たこ飯の中ほどに、たこのフワフワさつま揚げが入っていて、
  これをくずして、混ぜると、またおいしい。

画像
画像



▽ これも定番、「峠の釜飯」。
  横川・おぎのやの釜飯。駅はなくなっても、なぜか駅弁は不滅。
  定刻に、あたたかいのがとどけられる。

画像



 なお、この、「寿司・弁当とうまいもの会」、いつもは、わたしの大好きなラーメン店、中村屋(天空落とし&かけそばで有名)の特別出張店舗(イートイン)が出るのですが、
 今回は、違う店だったので、がっくり。

 

 さて、デパートの全国物産展、北海道や鹿児島、沖縄などが大人気のようですが、わたしもなぜか、毎回、必ずふらふらと吸い寄せられてしまいます。
 やはり遠いところほど、魅力的ですね。
 以下、物産展等に行くと、毎回必ず買うものや、物産展で見つけたちょっと変わったものなど。
 昨年の物産展で買って、写真を撮りためたものを中心に、ご紹介します。
(なお、沖縄は、わしたショップを始め、たくさんお店があり、デパートの物産展ではあまり買物はしないので、省きました)



1、鹿児島展


▽ 奄美大島に本店がある薬膳料理・新穂花(あらほばな)の鶏飯セット。
  奄美の郷土料理鶏飯を、薬膳風にアレンジした、独特の味。

画像


 冷凍のスープ+具材を解かすだけでOK。

画像
画像



▽ きびなご
  これも鹿児島名物。
  串ごとにラップで包み、冷凍しておく。
  そのまま油をひかないフライパンでやけば、いつでも、新鮮なきびなごが食べられて便利。


画像
画像



 その他、とんこつラーメンはもちろん、
 飛魚さつまあげ、卵ケーキのかすたどん、などもよく買います。



2、北海道展


▽ じゃが豚
  じゃがいもでできた生地で包んだ小龍包、といった感じ。
  ジャガイモの皮は、もちもちしていて、おもちそのもの。
  スープ、なべ、ラーメン、おでん、とにかく何にでも入れるだけ。

画像


 和洋中、どんなスープにもぴったり。
 これは、トマト中華スープ。

画像



 その他、北海道展と言えば、何と言っても、かにをはじめとする海鮮物やステーキなどの豪華弁当。
 いつも、選びきれずに、ついつい買いすぎてしまいます。


▽ 豪華弁当の数々。

 これは、左、釧路和商市場のかに天丼。
 右、有名な十勝ファームレストランのスペシャルステーキ弁当。
 (ステーキ、ハンバーグ、カルビ付・笑)
 その後ろのそばは、去年の北海道旅行のおみやげ、美瑛のだったんそば。

画像


 このハンバーグ弁当(右)は、札幌豊平館のスペシャル弁当。
 豊平館は、明治初期に建てられた洋館ホテルで、現在も結婚式場、完全予約制レストランとして現役です。
 この前の北海道旅行で、ここには行けなかったので、まあ、気分だけでも味わおうと。
 左は、札幌後楽園ホテルの、すさまじい北海道名産全部のせ弁当。

画像



▽ くしろのザンキバーガー
  昨秋、初出店だった。少し高いが、おいしいチキンを使っていて、大人気。

画像



▽ おなじみ夕張シャーベット。
  いつもは、袋つめ放題タイプ。袋からはみだしても、手にかかえられるだけ、くれます。
  夏は、常に冷凍庫に入ってます。

画像



 北海道展で、そのほかに買うのは、やはりおかし(六花亭のマルセイバターサンドや、特濃ミルクプリンなど)でしょうか。



 以下、そのほかの物産展から。


▽ 昨秋の東北3県展で買ったお弁当。
  左、ごぞんじ仙台なまず家の牛タン弁当。
  右は、釜石中村屋の三陸海宝漬弁当。
  (海宝漬は、あわび、いくら、めかぶを、特製タレに漬けこんだもの。
   ごはんが何杯でも食べられる危険な名物)

画像



▽ 横手焼きそば。
  有名な横手や富士宮以外にも、今、いろいろな御当地焼きそばブーム。
  毎回変わったのが登場して、焼きそばファンとしては、うれしいかぎり。

画像



▽ 盛岡ぴょんぴょん舎、温めん。
  いつもは冷麺を買いますが、今回は、温めんを買ってみました。(まだ作ってない)
  有名なジャージャーめんより、ふつうの冷麺等の方が好き。
  賢治イラストがかわいい。
  盛岡に行くと、ほんとに冷麺屋、じゃーじゃーめん屋ばかりあるので、びっくりします。
  
画像



▽ 大分佐伯のうに、さざえむすび。これは、すごくおいしかった。
  今回の「寿司・弁当とうまいもの会」でも、出店していました。

画像



▽ さんまにぎり。これはどこだっけ。味よりもインパクト優先でのせました。

画像



▽ 関西のお土産の定番、551。
  なかなか入手困難なので、出店したら必ず買います。
  いつも大行列ですが、それだけのことはあります。とてもジューシー。
  このお店も、いつもなら「寿司・弁当とうまいもの会」に出店するのですが、
  今回は出てなかったな。

画像



▽ 焼き肉まん。これもおいしかった。でも、どこのだっけ。 

画像



▽ かもめの玉子。
  地方の名産のお菓子の中では、一番好き。萩の月よりも好き。
  赤福も好きだったけど・・・・。

画像



▽ ちびくま
  今年の「寿司・弁当とうまいもの会」には、
  これのミスター・フレンドリー版のお店が出てました。

画像



▽ ちびたい

画像



▽ ちびきびだんご

画像
画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2008年01月21日 09:24
またまたうわーです。凄い!
Noraさんがお買いになって美味しかったそうなので、これは私も見かけたら買わずにはいられません。
ノートにこのコーナーを作って記録しておかなくては。
明石ひっぱりだこ飯と峠の釜飯は凄い行列で前者は断念しました。来年こそ、空いた日をねらって。
きびなごは九州に生活していたとき、刺身にして食べていたので焼いた味は知りません。100円で100尾以上あったような気がします。
じゃが豚や三陸海宝漬弁当なんていいですね。牛タン弁当も。
お菓子のちびくまなど、ちびシリーズも食べやすくてなかなかいいです。
よくぞご紹介くださった、有難うございます。
2008年01月21日 23:28
 tonaさん、こんばんは。
 ひっぱりだこ飯と釜飯は、一瞬の隙をついて買えて、ラッキーでした。
 今日の昼休み、今度は東武の大北海道展に行きましたが、すさまじい人で、ほとんどほしいものが買えませんでした。(笑)
 物産展は、運と気合です。

 きびなごは、いつも買う店の人が、地元ではお刺身でそのまま食べるんだけど、これは輸送してるので、焼いて食べてね、と言っていたのを思いだしました。
 焼いて食べても香ばしくておいしいのですが、いつか生で食べてみたいです。
 ちびシリーズはおやつにぴったりですが、つい調子に乗って結局食べ過ぎてしまいます。(笑)
2008年01月24日 22:04
横川・おぎのや、諏訪インターを出てすぐのところにありますよ。
実家にも近いので、何かのついでに立ち寄ることもしばしば。
香の物が入っている小さなプラスティック容器が可愛いですよね。
蓋をあけると、さまざまな具が彩りよく並んでいるのを見ると、嬉しくなります。ただ、困るのは食べた後のお釜です。
捨てるにはもったいし、数ばかり増えて頭が痛いです。
何かいい利用法がありましたら教えてくださいな。
かもめのたまご、私も大好きです。ころんとした、”まんま”のかたちも可愛いし、あの黄色い餡が美味ですね。新年のごあいさつがわりには紅白のセットをよく使います。最近、ちょっと小さめの「チビかもめのたまご」も気に入っています。内使い用に買っても、ぺろりと食べてしまう、危険なお菓子です。
2008年01月25日 09:50
 aostaさん、おはようございます。
 おぎのや、そう言えば地元ですね。いいなー。
 tonaさんもおっしゃってるように、こちらで買うには、えらい苦労するのです。まあ、それが楽しいのかも。

 お釜、昔は、かぶと虫の幼虫や、亀を買ってたことがありました。aostaさんもどうですか。
 さらに、おしんこ容器は、薬入れにしてたことも。(笑)あれもお釜型なんですよね。
 ところで、今回、包装紙に、
 「この容器で1合のごはんがおいしく炊けます」
 と、書いてあるのを発見!
 というわけで、早速チャレンジいたします。結果は追って御報告いたします。乞うご期待。

> 紅白のセット

 そんなの、あるんですか。(大笑い)何味なんでしょ。
 それから、写真の「かもめのたまご」は、おそらく、チビではなかったかと思います。
2008年01月25日 12:06
紅白のセット、ただ卵の殻の色が赤いものと白いもののセットです。
味は変わりません(笑)。

食べた後のお釜、植木鉢代わりにしたり、ぼんぼんのご飯用に使ったりしていますが、虫を飼ったことはありませんでした。
カブトムシの幼虫!いいかもしれません。秋にはコオロギや鈴虫などいかがでしょう。

常々、甘いものがお好きなNoraさんに、知られざる諏訪の銘菓、新鶴の塩羊羹を召し上がっていただきたいと思っておりました。類似品はたくさん出回っておりますが「新鶴」のものでなくてはなりません。諏訪大社の近く、昔からの店構えで支店を出すこともなく頑固に創業以来の味を護っている老舗です。
表千家のお茶会などにはいつも使われています。
造る数が限られていますので、地方発送は可能かも知れませんが、物産展などで買うことはできないと思います。
2008年01月25日 16:31
今日のお昼ご飯は我慢できなくて、おぎのやまで釜飯を買いに行ってしまいました。ついでに信玄もちも買いました。
家に帰って一人、ほかほかとまだ暖かい釜飯と、甘い信玄もちを熱いほうじ茶でいただきました。美味しゅうございました。
2008年01月25日 22:42
 aostaさん、HP、見ました!
 古社の門前の、宿場街に古くからある老舗。店構えもすばらしいですが、薪を焚いて練り上げる製法など、これは、機会があったら、食べてみたいですね。これなら、体にもよさそうです。ちょっと高いけど。

> おぎのやまで釜飯を買いに行ってしまいました。

 そんなに近いんですか。また、お釜がふえましたね。
 まさかと思って調べてみたら、こんな危険なページがありました。(笑)
 塩羊羹のお返しに、ご紹介しておきます。(→右URL欄)  

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事