ダンスの夏のしめくくり、異常気象を吹き飛ばせ!浅草サンバカーニバル

 エイサーから始まり、バリ、ボリビア、阿波踊り、とダンスがらみのイベントに明け暮れた暑い夏もそろそろ終わり。
 しめくくりは、もちろん、これ!

 第28回 浅草サンバカーニバル

 サンバのことばかり書いてるので、またか、とお思いでしょうけど、実は、先週の土曜日が本番でした。
 今年は、高円寺阿波踊りと日にちがずれたため、両方行くことができた。



▽ 仲見世バルバロスのハイーニャ・ダ・バテリア&バテリア
  パレードコンテスト、優勝おめでとう!


画像




 パレードS1リーグの中盤に間に合うように行きました。
 それまでは比較的いい天気だったのに、最近の異常気象の例にもれず、地下鉄から地上に上がると、すさまじいスコール。

 会場の車道には、雨が叩きつけるばかりで誰もいません。 
 これはいくらなんでも中止か、とがっかりしていたら・・・・、
 遠くから、だんだんと音楽が近づいてきます。
 なんと、スコールに煙る彼方から、パレードが!

 黒雲が流れてくると突然スコールになり、しばらくするとやむ、という状況の中、サンバ・カーニバルは続行のようです。
 滝のようなスコールの中、雨を吹き飛ばすかのように明るく踊り続けるダンサーたち。
 熱心なファンも少しも動かず声援を送り、(またはカメラを構え)
 雨でスピーカーがダメになってしまったチームが来ると、自然に手拍子が湧き上がって盛り上げます。

 結局、最後の大物4チームの頃には奇跡的に雨も弱まり、各チーム、最後まで踊りきることができたようです。

 今日は最後まで、応援したぞ。
 雨のせいで、ある意味とても感動的な、印象深いサンバ・カーニバルになりました。

 
 以下、S1リーグの後半7チーム。(通過順)
 始めの4チームは間に合いませんでした。ごめんなさい。



 エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ


 横浜野毛の古いチーム。テーマは、「サウーヂは飛ぶ!」
 ちょうどスコールがひどい時に通過しましたが、不屈のサンバ魂を見た。


画像


 せっかくの衣装がびしょびしょになって、しょんぼり。
 でも、音響が故障し、唯一の頼りになったバテリア(リズム隊)が、雲も吹き飛べ、とたたきまくる。
 観客も、歓声+手拍子。

画像
画像


画像




 ICU ラムズ


 三鷹の国際基督教大学のサークル。テーマは「大空の彼方へ」

 スコールがさらにひどくなったが、若い力ではじきとばしていた。
 見ている方も、もう、めちゃくちゃ。


画像
画像


画像
画像




 E.S.クルゼイロ・ド・スゥル


 スコールが突然和らぎ、老舗名門チーム、クルゼイロがやってきた。(ただ、出発直後には降られたはず)
 テーマは、なぜか、「大相撲サンバ」。裸一貫で潔く戦う大相撲への謳歌だそうです。
 始め、ナンだそりゃ、と思いましたが、実際に見て、心から納得。
 アイディアといい、完成度といい、今年のマイベスト


 せっかくなので、サンバのパレードの一般的構成がわかるように、くわしくご紹介しましょう。


 コミッソン・ヂ・フレンチ(左写真、先導のダンサー)に導かれて、
 アレゴリア(右写真、大きなチームになるといくつかあって、これは先頭の山車)が登場。
 スコールにやられて、乗っている女の子もほとんど放心状態。かわいそう。
 ちょっとわかりにくいですが、山車を押している人は、番付表みたいなのを首からかけている。
 スタッフらしき人は、みんなかけていて、細かいところまで、徹底している。

画像
画像


 これに、大相撲をモチーフにした、何種類ものおもしろい衣装のダンサーたちが続く。

 先頭は、これ。あちこちから、「お茶漬け」というささやき声が・・・・。

画像

 
 座布団を投げるダンサー、(左)
 華やかなテーマアーラ(大人数の同じ衣装のダンサー)の衣装にも、あちこちに、綱など、大相撲モチーフが。(右)

画像
画像


 それに対して、唯一思いっきり正統的なポルタ・バンディラ&メストレ・サラ(チームの旗を持つペアー・ダンサー)。

画像


 この衣装が一番気に入った。一見メルヘンチックですが、ところどころに綱や幣束などが。

画像


 弓取り、行司(の軍配)が続く。
 左の弓取りの写真の一番右スミに、上の写真ではわからなかった背中の幣束が写ってます。
 
画像
画像


 ちなみに、この後、
 パレードの華、パシスタ(派手な衣装の個人ダンサー)、ハイーニャ・ダ・バテリア(トップ・ダンサー)などが続くのですが、
 ちょっと過激なので、かんじんの写真はカット。
 弓取り力士の間にちらっと見えます。

 その後、元気いっぱいのバテリア(左写真、リズム隊)、
 このチームは、歌手たちも元気いっぱい歩きながら歌ってましたが、ラテンな歌の途中に、「のこった、のこった」というフレーズがはいったりするのも楽しい。
 あと、あからさまにあやしい人たち(右)。

画像
画像


 上段右の写真の金色の人たち、ちょっと怖いですが、
 土俵上の吊り屋根を飾る四房(青龍・玄武・白虎・朱雀)を表しているようで、背中にそれぞれの色の装飾と名前をつけている。
 (次の写真の右すみにちらっと写っています)

 最後を飾る関取のアレゴリア。雨でしぼんでしまった・・・・。

画像




 G.R.C.E.S ヴェルメーリョ・イ・ブランコ


 テーマは、「Rock」だそうです。
 雨が再び激しくなり、ちょっと移動したりしていて、あまり写真がとれませんでした。残念。


画像
画像




 いよいよ、最強チーム御三家の登場。


 
 G.R.E.S リベルダージ


 潜水艦リベルダージ号による、楽しい海中探検。


 次々と潜水艦登場。
 ダンサーはみんな、海の仲間たち。

画像
画像


画像


 風格あるポルタ・バンデイラ&メストレ・サラ。

画像


 見た目も鮮やかなバテリア。

画像


画像
画像


 巨大深海イカ(ピンクのダイオウイカ?)のアレゴリア。

画像




 G.R.E.S 仲見世バルバロス


 ついに出ました。バルバロス!
 昨年の雪辱なるか。
 すでに、ディズニーランドを超えてる?
 テーマはシンプルに、「アート」。一目でわかる。


 なんとその場で、「最後の晩餐」描いてます。

画像


 名画たちがパレード。「モナリザ」と「叫び」

画像
画像


 「ひまわり」の後から、巨大オブジェのアレゴリアが。こりゃ、ダリでしょうか。
 正にアートの祭典。

画像


 ため息がでるほど美しいテーマアーラの衣装。
 それぞれ、名画の生地でできている。注目。

 まず最初は「ひまわり」。

画像


 モネの「睡蓮」、その奥はフェルメールか。(左)
 あと、浮世絵も(右)。ほかにもいっぱい。

画像
画像


 バテリアも壮観!

画像


 豪華な最後のアレゴリア。
 モナリザなどがめくれてダンサーが登場。
 周囲を固めるジャグリング軍団も見事。 

画像


画像



 さすがバルバロス、王者奪回を期してか、めちゃくちゃ気合入ってました。
 観客も大興奮!



 * 日曜日(8月31日)、パレードコンテストの結果が発表され、バルバロスが見事優勝を勝ち取りました。
   優勝記念に、このページのトップに、
   バルバロスのハイーニャ・ダ・バテリア&バテリアの写真をのせておきます。
   正に、女王の中の女王。おめでとう!




 G.R.E.S ウニアン・ドス・アマドーリス


 大学生中心のグループで、昨年のチャンピオン。
 テーマは、「海賊」。


 海賊と人魚。ロマンあふれるアレゴリア

画像


 長崎くんちみたいな深海魚も登場。(奥)

画像


画像


画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

my
2008年09月02日 10:35
 Noraさん、おはようございます。昨年の11月迄でSGGの活動ができなくなってしまったのですが。5年間カウンターに入っていました。かなり多くの外国人観光客と接することができ、若さをもらいました。このサンバカーニバルや三社祭の時など、汗だくになって、1人で応対をしたものです。ついこの間のことですが、遥か昔のように感じてしまって・・・SGGは雷門のハス前ですので、人混みがすごかったんですよ。Noraさん の素晴らしいお写真を見せて頂き、感無量です。去年までこの風景を、カウンターの中から見ていたんですもの。浅草はいいですねえ・・・若い頃は神谷バー、ロック座、フランス座(もう無くなってしまいましたが)、同じ通りにある寄席、ロシア料理店マノス(ここでは私が幹事の時、中学のクラス会をやりました)。思い出がいっぱい詰まった浅草・・・ありがとうございました。これから芸術の秋ですね。
 又、Noraさんのエッセイを楽しみにしております。失礼致します。
2008年09月02日 23:21
 myさん、こんばんは。今日はまた暑かったですね。
 SGGのことは以前お聞きしてましたので、今回、どこかな、と思って気をつけていたのですが、雨と、ものすごい人でごちゃごちゃしていて、結局わかりませんでした。(雷門付近には近づけない状態でした)
 今年も悪天候にもかかわらず外国人の方がたくさん来ていました。外国人はノリがよい人が多いので、こちらまで楽しくなります。他にも相撲取りや妙にハイカラなかっこうをした人なんかもいて、浅草はほんとに楽しいです。
 マノス、機会があったら行ってみようと思います。
かげっち
2008年09月03日 13:08
サンバカーニバルって、
よく知らなかったけどすごいんですね。
私の故郷のYOSAKOI SORANもすごいみたいですけど。

サンバのリズムって、自分にとっては
乗るのがけっこう難しいです。
Noraさんはお好きですか?

でもサンバができないと、ヴィラ=ロボスなんか演奏できないです。
バッハとは似ても似つかぬブラジル風バッハとか、
コラールとは似ても似つかぬChorosとか・・・
お聴きになりますか?

若い頃、合宿場で、室内楽大会(延々3時間)をしたとき
ヴィラ=ロボスのクラ+フルートというデュオでをやったのですが
複雑なリズムや、意表を突いたアクセントの指示に悪戦苦闘
(駄洒落ではない・・・)
しまいには
「なぜ夜の大宴会で宴会芸としてやらなかったのか!」
と評される始末。

でも懲りずに、次の合宿では
クラ+ファゴット+ピアノというトリオに挑みましたが・・・
曲名忘れちゃったけど探せば楽譜は出てくるでしょう。
サンバがお好きなら、面白く聴けるかもしれませんよ。
2008年09月03日 21:21
ブルガリアのバラ祭りパレードもびっくりのサンバカーニバルですね。
そうですか、夏休みの終わりにやるのですね。
これまた凄い、カッコイイ。
お陰さまで次から次へと見せていただきました。

前回のコメント欄が閉じられていました。
ゴーヤ、美味しそうなのがぶら下がっていますね。
我が家は今年は7つ出来ました。花はまだ咲いていますが、もう終わりでしょうね。
パイナップル又来年ですか。食べたいですね。
最後の逞しい雑草は「オニノゲシ」のように思います。
ノゲシと葉が少し違うようですから。
タンポポに似ていますね。
2008年09月04日 00:17
 かげっちさん、どうも。
 サンバ、すごいですよー。一度見るとやみつきになります。しかも、年々エスカレートしているような気が・・・・。

 おっしゃるとおり、サンバのリズムはすごく難しいですね。
 ダンサーのステップなど、ものすごく複雑で、ただもう感心するばかりです。
 記事にあるように、リズム隊は「バテリア」といって、多いところでは100人以上で、行進しながら、うねるようなリズムを刻んでいきます。
 ただ、よく考えたら、サンバの音楽だけを聴く、ということはあまりないです。わたしの場合、単なるお祭り好き、パレード好きなのかもしれません。

 ヴィラ=ロボスはいいですね。そんなにくわしくないですが。やはりラテン系の作曲家だけあって、いろいろな楽器を組み合わせた色彩的な曲も多いようですね。
 やはりすぐ、ブラジル風バッハが思い浮かびますが、この前記事にも書きましたが、ごくふつうのギター曲などの方が、情感的にバッハに通じる部分が多いように思いました。

 
2008年09月04日 00:46
 tonaさん、こんばんは。
 以前、tonaさんの記事にあった、バラ祭りパレードの写真、すてきでした。パレードはほんとうにいいですね。パレードする方も見るほうも、いっしょになって楽しめます。

 コメント欄は、またまた失礼いたしました。早速直しておきました。
 ・・・・って、もう遅いか。
 ゴーヤ、7つもできましたか!料理もたくさんできたでしょうね。
 わが家でも、もう一度くらいは料理できそうです。
 今年のゴーヤづくりには、いろいろ反省すべき点がありました。ぜひ来年にいかしたいです。

 オニノゲシ、教えてくださってありがとうございます。道端などでよく見る花ですが、こうして生えてくるとかわいいです。でも、現在、ひょろひょろに伸びて1メートル以上になり、えらいことになっております。
かげっち
2008年09月05日 11:17
「お茶漬け」衣装の意味がやっとわかりました。好勝負には懸賞がかかり、呼び出しさんがスポンサーの「のぼり」を掲げて土俵を一周しますが、お茶漬けが有名なN社もよく懸賞をかけていますよね。きっとそれのつもりなのでしょうね。
サンバのリズムは、マーチングバンドのパフォーマンスにも最近よく使われるようになりましたね。軽快なダンスのリズム、私は苦手なんです。アダージオのほうが得意というか・・
2008年09月06日 00:01
 かげっちさん、細かいところをよくご覧になってくださいました。
 この配色は、一見歌舞伎の常式幕のようでもありますが、あきらかに、(はっきり書きますが)永谷園のお茶漬けの配色で、巨大な梅のような花をかついでるので梅茶漬けというところでしょうか。
 その他、この後に登場する四房など、全体的にものすごく凝ってるのに、大雨ですっかりぬれてしまい、ちょっとかわいそうでした。なんとかその凝りざまを伝えようとしたら、こんなに長い記事になってしまいました。
2008年09月16日 21:20
Vova Nagatanien!
失礼しました。
2008年09月16日 21:39
 Papalinさんに、特別にもう1枚プレゼント。
 どちらにしようか悩んだ写真です。
 (→右URL→)
2008年09月23日 08:03
はあ、Viva Viva !
いいっすねぇ。(^-^ )
2008年09月23日 12:53
 よろこんでいただけたようでよかったです。

 それにしても、Papalinさんのブログでもそのようですが、こういう気に入ったイベントの場合、写真を選ぶのがたいへんですね。
 なかなか捨てきれずに、やたら多くなってしまいます。(笑)

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事