HAPPY BIRTHDAY!+春の花と巨樹

画像




 WBC、連日手に汗握る熱戦が続いていて、目が離せません。

 青木や内川もすごいですが、ベテラン勢も健闘。
 あまり目立たないながらも、栄光の元日ハムクリーンナップ、稲葉&ガッツさんも大活躍。
 特に、18日のキューバ戦、青木、稲葉、ガッツさん、と立て続けに火を噴いた打線は、前日の韓国戦からずっと続いていた、なんだかいやーなムードを一気に吹き飛ばしてくれました。
 ガッツさんは、中途半端なフライでしたが。(笑)
 それでも、あそこで点がとれたのは、ほんとうに大きかった。

 と、いうわけで、見ている方は面白くてしかたないのですが、選手の皆さんは大変だと思います。
 何だか、韓国、キューバと、エンドレスで試合をしているようで、誰がこんなめんどうくさいルールを考えたんだ、と思いますが、
 これからは、いよいよ、一戦一戦が真剣勝負。

 がんばれ、侍ジャパン!



 さて、今日、3月21日は、バッハの誕生日。
 心からの愛情と感謝を込めて、HAPPY BIRTHDAY!

 毎年、バッハの誕生日を迎えると、そろそろ春だな、と感じます。
 折りしも世間は、3連休。
 それを待っていたかのように、すっかり暖かく春めいて、
 街を歩くと、いたるところで、いっせいに、花々が咲き始めたのを目にします。
 今週末には、気の早い桜も咲き出したようです。

 昨日は春分の日でしたが、春分の後、最初の満月の次の日曜日がイースターとなります。
 今年のイースターは、まだまだ先で、4月12日。
 それまでカンタータはお休み、カンタータの世界では春はまだ遠いですが、

 今日は、ここ数日に見かけた、春の花々の写真のアルバムと、
 それから、巨樹探訪シリーズ、第4弾です。



 * 花の名前は、コメントでtonaさんに教えていただき、追記しました。ありがとうございます。



 こぶしが満開。

画像


画像


画像



 こちらは、ピンクがかったこぶし。ベニコブシ。

画像


画像




 サクラの仲間。

画像



画像




 練馬駅周辺の巨樹。

画像
画像




 かわいい花。スノーフレーク(オオマツユキソウ、またはスズランズイセン)
 花びらに緑の斑点があり、スカートみたい。

画像


画像



 地面近くに咲く花。左、オキザリス。右、ヒマラヤユキノシタ。

画像
画像




 生垣とガードレール。
 ガードレールの花が、黄色くてめずらしい。トサミズキ(or ヒョウガミズキ)

画像
画像




 サンシュユ。

画像


画像




 つつじ園で、真っ先に咲いていた、ミツバツツジ
 左は、バルタン星人のハサミ(手)みたいなつぼみ。

画像
画像



 つつじ園にも、こぶしの巨木が。

画像
画像




 お彼岸のお墓参りに行った寺のそばに、「巨樹探訪」で紹介されている巨樹があったので、見に行く。


 白山神社。入り口。

画像



 一本目の大けやき。
 八幡太郎義家にまつわる伝説があるそうですが、実際に樹齢7、8百年以上とのこと。
 鑑定したのは、またまた出ました、本多静六博士。
 巨樹探訪を続けてゆく限り、この名前とはまた度々遭遇しそうな気がする。 

画像
画像



 石段を登ったところに、2本目が。
 一度完全に倒れかけたが、外科的大手術によって見事復活したそうです。 

画像


 これは、石でなく、こぶです。

画像
画像



 振り返り、2本の老木を見る。彼らは、いったいどれだけのことを見つめ続けてきたのか。

画像




 気の早い桜たち。

画像
画像




 冬木立の間を、花びらがやわらかにたなびき、春を告げる。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2009年03月22日 10:09
こんにちは。

WBC盛り上がりますね~。ところが1位通過なので準決勝が月曜日なのですよね。仕事でTVを見ることができません。2位なら今日だったので複雑な気持です。ここまで来たらやはり連覇に期待したくなりますね。がんばれサムライ!
Nacky
2009年03月22日 23:13
Noraさま
春の息吹きを感じる美しいお写真、ありがとうございます。
バッハの誕生日、私は朝からFMラジオ(NHKのバロックの森)で
インベンションとカンタータ54番を聴いてお祝いしました。
この世に偉大な文化・芸術遺産を残して下さったバッハに
改めて、感謝です。
2009年03月23日 00:49
 ハルくんさん、こんばんは。
 アメリカやベネズエラが出てきて、やっと、世界大会らしくなったと思ったら、ベネズエラ、いきなり負けてしまいましたね。
 ベネズエラ戦も観たかったので、そういう意味でも2位でもよかったような気も。何だかんだ言っても、アメリカ、怖いですし。
 でも、ほんとうに苦労して長い戦いを戦い抜き、ここまできたので、何とか連覇してほしいですね。
(実は、ここまでこれるとは思ってませんでした)
 
2009年03月23日 01:00
 Nackyさん、こんばんは。
 しばらく春らしい陽気が続いていたのに、今日は一転して冷たい雨で、せっかく咲きかけた桜も、しぼんでしまったのではないでしょうか。
 春と言えば、何と言ってもカンタータの季節。わくわくしてきます。本格的な春の到来が待ち遠しいです。
 あ、でも、復活節のカンタータの前に、受難曲がありましたね。
 今年こそ、何か聴いてみようかな。 
 
 
my
2009年03月23日 13:58
 Noraさん、こんにちは。ご無沙汰致しております。WBC、対アメリカ戦、素晴らしかったですね。明日の韓国戦も是非勝利を!私は今の日本のプロ野球は全く見ないものですから、日本代表の選手は殆どの名前が知らなかったのですが、今回のWBCを見て、何人かの名前を覚えることができました。しかし今は、日本の素晴らしいプレイヤーは、みんなメジャーいってしまうので、ダルビッシュ君も心配ですね。ところで今度はバッハです。実はちょっとしたことがあって、ミサ曲ロ短調、ガーディナー指揮 イギリス・バロック管を手に入れようと思っています。レコードは、リフキン指揮 バッハ・アンサンブル管だったのですが。確か Nora さんが前に書いていたように思って・・・私の思い違いかもしれません。今日の日本の勝利を祝して・・・それでは又、失礼致します。
2009年03月24日 02:15
 myさん、こんばんは。

 アメリカ戦、見応えがありましたね。
 点差以上に厳しい試合だったと思いますが、よくがんばってくれました。
 わたしはミーハーな日ハムファンなので、なつかしの稲葉&小笠原(もと日ハムの主砲)コンビが、常に追撃の端緒となったのが、何よりもうれしかったです。
 ダルビッシュの最後の一球にもしびれました。
 大事な場面でのマー君の投入には驚かされましたが、よく投げてくれました。 
 あしたの決勝は、また韓国戦か、という感じですが、ここまできたのだから、何とか勝ってほしいですね。まあ、後は実力を出し切ってくれれば、結果は後からついてくると思いますが。

 ガーディナーのロ短調ミサ曲は、スタンダードな名盤として定評のあるものです。
 ガーディナーには、2000年のバッハ・イヤーに、世界中を巡礼しながら、集中的にカンタータ全曲を録音した、SDGシリーズというのがあり、それについては、これまで何度も書いてきました。
 ロ短調ミサ曲のCDについては書いたことが無いと思いますが、もちろん立派な演奏だと思います。
2009年03月25日 16:25
アメリカ戦は最後まで目が離せませんでしたが、優勝しましたね。
そのあとのインタビューの答えがまたよかったです。

巨樹探訪、白山神社もそのうち行ってみたいと思っていますが、2本のけやき、
感動的です。助けられ、こんなにしても立派に生きているなんて。

シデコブシのピンクのをベニコブシというそうですが、これがそうでしょうか。
スノーフレーク、オキザリス、ヒマラヤユキノシタ、トサミズキ?(ヒュウガミズキ)、サンシュユ、ミツバツツジなどもきれに咲いていたのですね。
花いっぱいの素敵なブログです。
2009年03月25日 23:44
 tonaさん、こんばんは。
 花の名前、教えていただき、ありがとうございます。
 さっそく、確認した上で、本文に名前を書かせていただきました。
 一応、今回は、図鑑(昔購入した原色牧野日本植物図鑑)で何とか調べようとしたのですが、まったくわかりませんでした。
 トサミズキ、サンシュユ、マンサクのちがいなど、図鑑の絵で見ても、ほとんど区別がつきません。やはり実際の植物をよく見て、慣れないとだめですね。

 白山神社、たまたま、お墓参りしたお寺のすぐそばにあったので、足をのばしたのですが、すごかったです。
 こぶの中側はほとんど空洞みたいになっていて、巨体は何本もの鉄柱で支えられ、何とか立っている、といった感じですが、これからの季節、まだまだ元気に青々とした葉をしげらせるとのことです。
 何百年もの間、ずっと2本並んで立っていて、何だか仲のよい夫婦のようでした。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事