アフター6のディズニーシー~25周年アニバーサリー、感動のフィナーレ!のはずが・・・・

画像




 昨年春からずっと続いていた、ディズニーリゾート25thアニバーサリー も、いよいよエンディング。

 現在、ランド、シーの両方で、

 Grand Finale The Dream Goes On

 を開催中。 (~4月14日)

 わたしも、昨年から何度か、ランド、シーの25周年イベントにでかけ、記事にも書いてきましたが、
 今回は、そのしめくくり。

 比較的すいていそうな、ディズニーシーの方にしました。



 3月27日(金)

 平日。
 しかも、重く雲が垂れ込め、時々冷たい雨がぱらつく肌寒い日でしたが、アニバーサリー期間もあとわずか
 なので、行ける時に行っておこう!と。

 デコレーションなどをのぞけば、具体的なイベントは、スペシャル・ショーだけなので、
 夜の部のショーを見て、他は、ゆっくり食事+散歩、というつもりで、
 仕事帰りに、アフター6パスを使用して、行ってまいりました。

 シーは風景、特に夜景が美しいので、気軽にこのような楽しみ方もできるのがよい。



画像




 6時に入園して、まず会場に行ってみると、早くもだいぶ列ができていたので、(ショーは7時55分から)
 すぐ近くのニューヨーク・デリで食事をしてから、 開始1時間前くらいに列に加わる。
 夜になってますます冷えてきて、そんな厳しい状況の中、しばらく立ったまま待つのを覚悟したのですが、意外とすぐに会場に入れてくれて、しかも前のほうの席に座れました。
 座れたところで、もちろん、寒いことに変わりなかったけれど。

 夕方くらいにかなりまとまった雨が降ったようですが、この時には一応上がっていて、天気の心配は無さそう。



画像




 ウォーターフロントパークショー

  ミッキーのドリームカンパニー  


 まず、ミッキー率いるドリームカンパニーのダンスショーのようす。

画像



 ダンサー志望の主人公・マーガレット(人間)乱入。

画像



 対応を協議する幹部たち。

画像



 この後、マーガレットは臨時オーディションを受けるも失敗、
 一人波止場でシクシク泣いていると…、


 チップ&デール登場!

画像
 「泣いてちゃダメだよお」
 「ボク、泣いてなんかないよ」
 「デールじゃないよお」
 「だって、チップだって泣いてないじゃないか」
 「ええーん、ええーん」
 「あー、うそ泣き~~」
 「きゃは、きゃは、きゃは」
 「きゃは、きゃは、きゃは」
 と、すっとぼけた掛け合いをしながら、
 泣いているマーガレットに接近。




 波止場で働く青年たち登場、みんなでマーガレットを元気づける。

画像



 激しいアクションシーンが始まってビックリ。

画像
画像


画像
画像



 デイジー登場。チャイナタウンに店を持つやり手の女主人。

画像



 その他、ドナルドも、滑舌の悪いボイス・トレーナー役で登場したが、写真は失敗。


 街のみんなに励まされ、マーガレットは夢の実現に向かって、仕事をしながら歌やダンスのレッスンに力をそそぐ。
 どうやら、それまで、仕事もせず、ろくにレッスンなどもしていなかった模様。

画像


画像



 やがて、ドリームカンパニーの大々的なオーディションが始まる。
 子ブタやらおしゃれキャットマリーらに混じって、オーディションに挑戦。

画像


画像



 そして、いよいよ、結果発表、という時・・・・


 オーディションを受ける立場で、それまで隅っこの方で小さくなっていたマーガレット、
 いきなり真顔になって、キャラクターたちをしたがえてステージの中央に立ち、何事かと思ってポカーンとする客席に向かって、

 悪天候によるショーの短縮、中止

 を発表。

 がくっ。

画像



 ショーの中止については、何も触れず、あいそを振りまきながら去っていくミッキーたち。

 しょぼん・・・・

画像


画像


画像



 と、いうわけで、せっかくの25周年フィナーレなのに、わりと地味な感じで、もやもや~っと終了してしまいました。



 終了後、スターたちを出待ち。

 この頃には雨粒がぽとぽとと落ち始めていた。どうやら、すごい気象感知システムがあるらしい。

画像
画像




 その後、雨が降ったりやんだりになったけど、園内をまわるには支障はない程度。


 きらめくコロンビア号

画像



 花火(ドリームス)もやってくれた。

 写真は、ミッキー花火だと思うが、撮影失敗。 

画像




 だんだん、寒さが厳しくなってきた。

 寒い時、疲れた時は、まよわず、ここ。

   シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ  

 メインのショーのご紹介が中途半端になってしまったので、今日は、こちらをくわしくご紹介しましょう。


 相変わらず、待ち時間はほぼゼロ。何回でもぐるぐる乗れる?


 左写真はガッツさん似の盗賊、右写真はダルビッシュ似のシンドバッド。

画像
画像



 さあ、航海に出発!

画像



 いろんな民族楽器が登場。

画像


 猿使いの大道芸。

画像


 影絵のシーンが美しい。右は、映しているところ。

画像
画像



 この後、嵐に遭いますが人魚たちに助けられ、怪鳥の島へ。怪鳥といっしょに盗賊退治。

画像
画像


画像



 盗賊たちの隠していた金銀財宝をゲット。

 前にも書いた気がしますが、金銀財宝の山に埋もれながら、

 ♪ 「宝石や黄金より大事なものがある~~。旅の中でめぐり合ったすばらしいボクのともだち~~」 ♪

 と、高らかに歌うシンドバッド・・・・。
 
画像



 巨人を助け、すっかり友達になった(てなずけた)シンドバッド。

画像



 この後、サルタンに頼まれ、今度は、猿退治。
 音楽を通じて、猿ともすっかり友達になります。(てなずけます) 

画像



 帰りの航海、今度はくじらに助けられる。

画像


画像


画像



 シンドバッドの帰還。
 このあたりから、満天の星空の風景になります。
 空には、次々と花火があがり、
 地上では、テーマソング、「コンパス・オブ・ユア・ハート」の大合唱。
 思わず一緒に歌ってしまいます

画像



 「さあ、心のコンパスに従って、自分の信じる道を行こう!」

画像




 外に出れば、そこはアラビアの街角。

画像
画像




 おまけ・夜の闇に浮かぶノーチラス号

画像




公式HP



そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

かげっち
2009年04月08日 12:24
まだシーは行ったことないんですよね。いつ誰と行けるのか・・・(笑)
サウンドスケープとしてはランドと似たような感じなんですか?
2009年04月10日 10:53
 かげっちさん、
 最近は、一人ディズニーランドもはやってるようです。(笑)

 サウンドスケープとなると、ちょっと難しいのですが、単純に音楽という点では、シーの方が、多少アダルトな感じでしょうか。
 この記事に書いた、「シンドバッド」の音楽は、もと?劇団四季の方がメイン・ボーカルとして歌っているそうですし、「ブロードウェイミュージカルシアター」のショー、「ビッグバンド・ビート」は、ミッキーがドラムを叩きまくる以外は、本格的なビッグバンドのライブと変わらない、と言っていいと思います。
 また、昨年のクリスマスに見た「キャンドルライト・リフレクション」では、ボレロのリズムに、クリスマスソングのメロディがかぶさり、どんどん盛り上がる、というハナレ技を見せてくれました。
かげっち
2009年04月11日 02:06
Noraさま、
な~るほど、そういう音楽のほうが好きかも。そのボレロ聞きたいですね。ボレロって3拍子ですけど4拍子系の曲もかぶせたのかしら?ならば芸が細かい!
2009年04月11日 23:24
 かげっちさん、
 記憶に残っているのは、「ヒイラギ飾ろう」で、確かに4拍子だったと思います。どうやって組み合わせていたのか、詳細ははっきり覚えていませんが、確かに芸が細かいですね。 

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事