四月の思い出【復活節後第2日曜日】

画像




 遅くなってしまいました。
 今日(4月26日)は、復活節後第2日曜日。

 バッハの田園カンタータ、おなじみ、1年目のBWV104
 美しいアリアが連なる、2年目のBWV85
 後期のコラールカンタータ年巻補完作品(テキスト・カンタータ)、自在の境地のBWV112
 名曲3作の登場です。

 今日、東京は、風が少し強いながらも、初夏らしいさわやかなお天気。
 こんな日に、うららかなバッハの田園カンタータを聴く幸福は、何物にも変えられない。

 演奏は、やはりヴェルナー、それからさわやかで美しいコープマン、
 BWV112は、リリングの誠実な演奏が良い。


 曲について、くわしくは、以下の過去記事をご参照ください。

 <復活節後第2日曜日>

    鋼のようなやさしさ・「田園」 パストラーレ(BWV104、85、112)
    お気に入りの仏像 奈良駅周辺編+復活節後第2日曜日(BWV104)



  *    *    *    *    *    *


 
 ダラダラした日常の記録、4月編。
 ついこの前、3月編を書いたばかりのような気がしますが、今回は、少し早めに。

 大好きなバドの「四月の思い出」などをかけながら、これまでに書いていないことをつづっていきます。



 4月8日

 日ハムVSロッテ戦 at 東京ドーム


 日本ハムファイターズ、開幕直後に、いきなり思いっきりつまずいたので、これはいかん、と、4月8日の東京ドームホーム試合に、応援に駆けつけました。


 B☆B

画像
画像



 F・G

画像
画像



 いつも全力疾走、稲葉さん。
 左、ファイターズ・ガールの声援に送られ、思いっきり守備に飛び出していく。
 右、B☆Bの後を激走、B☆B、速いので、けっこうたいへん。

画像
画像



 この日は、対ロッテ戦。
 ロッテの応援歌は、どれも妙に凝っていて、半音階まで使っているのもある。
 それを黒づくめの大軍団が一糸乱れぬ統制のもと、歌い続けるのだから、大迫力。
 合唱コンクールでも、通用するのでは。でも、ちょっと怖い。

 ゲームは、応援に行った甲斐があってか、日ハム打線大爆発。
 常に先制し、追いつかれそうになってもまたさらに点を加えていく、という、ファンにはこたえられない、手に汗握るすばらしい試合。
 なんと、稲葉さん、3ホーマー!小谷野も2ホーマー!

 これが、現在の快進撃につながりました。

 楽天はちょっと好きなので、このまま、最後まで上位で戦えればいいのに。
  

 いまや、ミスター・ファイターズ。いつのまにか、大選手になった。

画像
画像



 ヒーロー・インタビューは、もちろん稲葉さん。

画像



 翌日のスポーツ紙の1面はこれで決定だな、とわくわくしていたら、
 なんと、阪神の兄貴・金本も3ホーマーを打っていて、新聞は、そのことばかり。
 ガクッ。


 
  ☆   ☆   ☆

 

 4月の物産展は、わたしの一番好きな、西武、第8回 全国味の逸品会

 これは、5月6日(水)までやってます。(お店入れ替えあり)


 札幌清味屋の巨大焼きホタテ丼(左)。
 ホタテは、育て続ければ、5年、6年と生きて、どんどん大きくなり続けるとのこと。
 普通の大きさのもあったけど、巨大ホタテのにしたら、あまり火が通っていなくて、生々しかった。
 欲ばらないで、普通のにすればよかったか。

 右は、やはり北海道、根岸駅の有名駅弁、かきめし。
 かきだけでなく、いろいろな貝が入っている。 

画像
画像



 大阪の老舗藤熊のたまねぎ天(左)。
 これはおいしかった。ボール状のは、たこ焼き、ならぬ、たこ天。

 右は、おなじみほうとうだけど、群馬のほうとう。

画像
画像



 いつも楽しみにしている中村屋。
 なんだか、ますますおいしくなってきた。トッピングの並び方が、かわいいコックさん、みたい。
 右は、今回初登場メニュー、「まさら」(カレー味)。
 こちらは、期待した割には、まあ普通だった。

画像
画像



 究極のB級グルメ。
 新潟みかづき(甘味処らしい)の、イタリア~ン。
 うどんみたいな極太焼きそば(ソース味)に、トマトソースがかかっている。右のは、カレーソースバージョン。
 焼きそば自体、なんだか不思議な味がするな、と思ったら、隠し味に粉チーズを使っているとのこと。

画像




 一方、もうすぐ51年の歴史に終止符を打つ池袋三越でも、例年通り、三重県展を開催。(これはもう終了)


 おもしろい食べ比べ弁当。(左)
 松坂牛と飛騨牛が食べ比べられる。当然、松坂牛の方をおいしくしてある?
 いつも買う伊勢うどん。今回が最後なので、今年は特製手打ちにした。(右)

画像
画像




  *    *   *   *   *   *



 今月の植物園 (4月16日撮影)


 植物園は、まったく別世界みたいになっていました。


 今年も美しく咲きました。
 しゃがとしゃくなげ。

画像
画像



 オーニソガラム・ウンベラツムとアジュガ・レプタンス。名前がむずかしい・・・・。

画像
画像



 シライトソウ。右はつぼみ。

画像
画像



 左、ユキモチソウ、今年はきれいに撮れた。
 右、ホウチャクソウ。花が、五重の塔などの軒に下がっている宝鐸に似ているからとのこと。 

画像
画像



 ヤマシャクヤクとクサイチゴ。
 tonaさんに教えていただきました。

画像
画像



 ヤマブキソウとニリンソウ。

画像



 ネモフィラと、右はぼやけていてわかりにくいですが、レンゲでまちがいないようです。

画像
画像



 オドリコたちも帰ってきました。オドリコソウ。

画像



 にぎやかな春の植物園。

画像




 おまけ。妙にのどかな、春の大仏。箱庭みたいだけど、意外と大きい。

画像



 花や新緑が燃え上がるように空間を埋め尽くして、外から大仏の背中が見えなくなった。

画像


 ついこの前の様子と比べてみてください。



 大仏近くの「ひびき庵」のさくらそば。しつこいようだけど、ほんとうに良い香りでおいしい。
 これは平日限定のお昼の定食を、2色バージョン(ふつうのそば+さくらそば)にしてもらったもの。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2009年04月28日 09:03
日本ハム、調子いいですね。キャッチャーにルーキー起用とか。
ダントツで危なげないです。

植物園もいつもより少しずつ早くいろいろ満開になっていますね。
この植物園は珍しい山野草の花が1年を通じて咲いているのが素晴らしいです。
白い花、左がヤマシャクヤク、右がクサイチゴのようですがいかがでしょうか。
ネモフィラの右のピンクのお花は何でしょう?
サクラソウとかレンゲのようにも見えますが、きれいですね。

あと3日でもう5月です。早いですね。
2009年04月29日 02:23
 tonaさん、こんばんは。
 日ハム、快進撃で、今は笑いが止まりません。
 おっしゃるとおり、新しい戦力がどんどん起用されて、飛びぬけた選手がいなくても、うまく歯車がかみ合って勝つ、というのが、調子がよいときの日ハム野球なのです。
 でも、実は、ものすごくあぶなっかしくて、まったく楽観視はできません。
 パ・リーグのチームは、どこも強いので、これからが正念場です。
 
 この植物園は、びっくりするくらいせまいのですが、起伏に富んでいて、ほんとうにたくさんのめずらしい植物が手軽に見られるところがいいです。
 いつも、花の名前を教えていただき、ありがとうございます。
 不明なものも調べてから、また、記事にも名前を書かせていただきます。

 それにしても、1年たつのは早いですね。
 ついこの前、同じ花を見て記事にのせたような気がします。
 環境問題等は深刻ですが、こんな東京の植物園でも、自然の営みは、ちゃんと力強く繰り返されているのだから、感動してしまいます。
 でも、覚えたはずの花の名前も、すっかり忘れてしまって、情けないです。
2009年04月30日 14:47
初めまして。
写真もたくさんアップされていてとても素敵なブログですね。
私は写真が好きなので旅行に行くと写真ばかり撮っています。
また遊びに来ますので宜しくお願いします。
2009年05月04日 11:14
 dragon pearlさん、はじめまして。
 お返事が送れてごめんなさい。
 ブログ拝見させていただきました。
 わたしは最近海外旅行はまったく行っていないので、今後も海外の美しい写真を覗かせていただきたいと思います。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事