横浜・旅フェア~岩手の伝統芸能に触れ、さらに、ゆるキャラとも触れ合う【ヨハネの祝日、三位一体節後3】

 おーっと、昨日(6月24日)は、洗礼者ヨハネの祝日でした。


 カンタータは、
 第1年巻のBWV167
 第2年巻(コラール・カンタータ)のBWV7
 最晩年のBWV30
 の3曲。

 すべて特別な名曲ばかりですが、夏の到来を高らかに告げるような、さわやかさいっぱいのBWV30は、
 何と、(現存する)バッハの最後のカンタータの一つです。

 この曲は、ラ・フォル・ジュルネでBCJが演奏してくれて、TVでも放送された?
 お聴きに(ご覧に)なった方も、復習に聴いてみて、この大傑作カンタータを、より身近なものにしてくださるとうれしいです。


 CDは、どれでもよいですが、
 ATMAのモントリオール・バロック盤が断然おススメ。
 清々しい滝の絵のジャケットの、この祝日のカンタータがみんな収められた「コンセプト・アルバム」。
 それにしても、このカンタータといい、この前書いたヘンデルや、ネゼ=セガンのブルックナーといい、このカナダのレーベルは、いったいなんなんでしょ。


 過去記事は、次のとおり。


  <洗礼者ヨハネの祝日>

      バッハの最後のカンタータは?その2(BWV30)
      始まりはいつも Overture(BWV7、167他)
      (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
      お気に入りのアリア・ヨハネの祝日編 夏至の火祭・不思議なギター~BWV30



 さて、ついでに、今度の日曜日のお知らせもしてしまいます。


 6月28日は、三位一体節後第3日曜日。


 カンタータは、

 初期の超大作、BWV21
 第2年巻(コラール・カンタータ)のBWV135

 の2曲です。


 名作BWV21については、歴史的名演の試聴ができます。こちらから。

 BWV135は、コラール・カンタータ「始まりの4曲」のラスト。

 この後、いよいよ、コラール・カンタータは、正に驚くべき多様な展開を見せるようになります。


 過去記事↓


  <三位一体節後第3日曜>

      始まりはいつも Overture(BWV135他)
      (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
      三位一体節後第3日曜(BWV21、135)



  *    *    *    *    *    *



 今日は、もうだいぶ前のことになってしまいましたが、横浜・旅フェアのことを書きます。
 これ、もう、5月のことなんだ・・・・。



 5月31日(日)



 旅フェア 2009 第15回日本観光博覧会 at パシフィコ横浜 C・Dホール



 一番の目的は、

 ご当地キャラター撮影会

 全国の、いわゆる「ゆるキャラ」が大集結。

 この撮影会以外にも、ゆるキャラたちが、会場のいたるところに出没して、ゆるキャラ天国、
 楽しくてしかたない。


画像画像
画像


    * 左から、おなじみ、ひこにゃん、うながっぱちゃん、ぐんまくん&カリンちゃん


 ここにあまりくわしく書いてもなんなので、「奥の院」の方に、

 「ゆるキャラ」大図鑑

 というのをアップしました。

 興味のある方がもしいらしゃったら、ぜひご覧になってください。
 
 こちら →→ Part 1 Part 2



 会場では、ゆるキャラ撮影会のあったメイン・ステージを始めとするいくつかのステージや、各コーナー、ブースなどで、実にさまざまなイベントが行われていましたが、
 その中で、最も印象に残ったのが、岩手県からはるばる参加の、

 盛岡さんさ踊り早池峰神楽

 どちらも、ふつうだったら実際に岩手まで行かなければ見られないような、迫力満点の本格的なもので、感激。

 どちらも、時間の関係で、メインステージでの踊りは見られませんでしたが、
 岩手県のブースでやっていたのを、すぐ目の前で見ることができました。


 盛岡さんさ踊り


 ミス横笛、ミス太鼓、ミスさんさ祭り、オールスター総出演のさんさ祭り実演。

 ミス太鼓たちの踊りが圧巻だった。
 体の芯だけを固定し、それ以外を激しくくにゃくにゃと動かしながら、激しく太鼓を叩く。
 これを大人数でやったら、さぞや壮観だろう。
 ミス横笛の笛も見事。(写真では見づらいですが、奥にちょっと写ってます)

画像
画像



画像



 早池峰神楽


 早池峰山は、賢治の詩などにやたら出てくるので、ものすごくなじみ深い。
(特に、「春と修羅」の「栗鼠と色鉛筆」など、印象深いし、有名な「どんぐりとやまねこ」の舞台でもある。)
 そんな、賢治も心から愛した早池峰山の麓にある、早池峰神社と大償神社の奉納神楽(それぞれ岳神楽、大償神楽)の総称が、早池峰神楽。
 みちのくの古代の気風を現代に伝える古式ゆかしき神楽で、国の重要無形文化財に指定されている。
 さらに、ユネスコ無形文化遺産にも登録(2009年9月に第1回代表一覧表に登録)予定。
 この時見たのは、式舞に続く式外の舞のうち、「神舞」の一部。(だと思う)


 広い会場全体に響き渡るような原初的なリズム。
 周囲がみちのくの深い森に一変したかのよう。
 いつしか、「どっどど どどうど」のリズムが、頭の中に響きわたる。

画像



 幕が大きくふくらんで、鬼が飛び出してきて、荒々しく暴れまわる。
 会場全体を走り回り、時には高くジャンプする。

画像
画像



 天孫?が降臨し、荒々しい踊りを鎮める。
 ここまでが面をつけた「ネリ」(神々の舞)で、この後、全員が面をはずし、仲良く「クズシ」(人間の感謝の舞・最後の写真)を踊る。 

画像
画像


画像



 秋には、このようなイベントもあるらしい。
 先日の中尊寺展では、あらためて東北仏の魅力に心奪われたし、
 これは、もう、東北に来い、ということか?

画像




 それにしても、日本各地のブースの展示やイベントなどを見ていると、あそこにも、ここにも行きたくなって、困ってしまう。


 会場のいたるところで、展示や物産販売の他、
 クイズ、抽選会、スタンプラリーなどが行われ、さまざまな体験コーナーなどもあって、まったくあきない。
 ゆるキャラも、歩いてるし。


 旅フェア会場とご当地グルメの屋台(物産展)。
 試食などもたーくさん。中には、カニなども。

画像
画像



 特においしかったのはこちら。しらす丼とカニ三昧セット。

画像
画像



 座間の大凧(左)、有名な高山祭の山車(右上)、平泉毛越寺の曲水の宴(右下)。

画像
画像
 

画像



 沖縄ブース。空飛ぶマンタの下で、三線体験などができる。

画像



 津軽三味線、柴田三兄妹のライブ。

画像



 三崎港まぐろ解体ショーと、下呂温泉の足湯、ならぬ手湯。

画像
画像



 長崎くんちの龍踊りと、えちごせきかわ「大したもんじゃ祭り」の世界一長い蛇(の頭)。

画像
画像




 会津・起き上がりこぼしの絵付け体験。

 やってみました。結果は、こちら

画像




 (おまけ)


 横浜は、今年、開港150周年。
 かならず、何かしら、開港記念イベントをやっている。


 雰囲気満点の港のジャズ・ライブと、こども神輿。

画像
画像



 美しい帆船。
 もしかしたら、これが、日本丸Ⅱ世か?
 帆をいっぱいに上げているところを見てみたい。
 よく見ると、大きな帆船の向こうには、万国旗をいっぱいつけた、小さな帆船も。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

かげっち
2009年06月28日 19:15
お久しぶりです。
Noraさんは関心領域がほんとうに広いですね。私など、蕎麦と酒くらいしか思いつかない岩手ですが・・・
2009年06月29日 15:41
岩手の神楽、懐かしいです。オランダで岩手の高校生による、鬼剣舞とネリを観たことがあります。高校の部活でやっているんですって。サンサも。今時の高校生って(といっても10年近く前)、変わったことに興味持ってるんだ、とびっくりしました。
宮沢賢治も大好きです。でも実際に行って見た岩手の風景より、ドイツのワイン畑を抜けた先に広がる森の冷たい風や渓流の風景の中に身を置く方が、彼の作品がなぜか実感できるんです。

そうですか、横浜開港150年で、イヴェント目白押しですか。9月に里帰りするので、その時も楽しい催し物があるといいなあ。
2009年06月29日 22:49
 かげっちさん、こんばんは。
 盛岡は、今では、わんこそばと並び、冷麺やジャジャー麺が、人気みたいですね。
 仙台は、何と言っても牛タンが有名ですが、東北の大都市には、焼肉文化が分散して根付いていて、おもしろいですね。
 ・・・・って、わたしも、食べ物の話ばかりで、恐縮です。
2009年06月29日 23:10
 レイネさん、こんばんは。
 わたしも学生時代賢治が好きで、岩手のあたりをウロウロしていたことがあるのですが、このような伝統芸能を見る機会は無かったので、今回は思いがけず見ることができてよかったです。
 本当は、鬼剣舞や鹿踊りも見たいところですが、今回の神楽もやたら気合が入っていて、感動的でした。

> ドイツのワイン畑を抜けた先に広がる森の冷たい風や渓流の風景の中に身を置く方が、彼の作品がなぜか実感できるんです。

 言われてみれば、賢治の森や野原は、時にドイツ風ですね。街はイタリア風でしょうか。
 賢治は心の底からヨーロッパにあこがれていましたから、これを聞いたら喜ぶんじゃないでしょうか。
2009年06月29日 23:21
> 横浜開港150年

 あちこちで、やたら150周年記念イベントのポスターなどは見るのですが、もともと横浜は、常日ごろから何かしらイベントが行われているので、普段と比べて盛り上がっているかというと、それほど変わらないような気も・・・・。(笑)
 ちなみに、日米修好通商条約などによっていっせいに開港したため、神戸や函館など、みんな150周年だそうです。
かげっち
2009年06月30日 13:03
Noraさん、こんにちは。

そういえば新花巻駅に近い賢治記念館はなかなかよかったです。でもやっぱり温泉と蕎麦がいいなぁ。。。早春に蕎麦屋で山菜づくしを出してもらい飲んだ記憶もあります。
2009年07月02日 00:56
 かげっちさん、
 賢治記念館の展望台から、早池峰山がとても美しく見えたのを、思い出しました。
 蕎麦って、そういうのんびりした蕎麦でしたか。いいですねえ。てっきりわんこそばかと。
 わんこそば、何だかあわただしくて、苦手です。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事