トロピカル・フルーツ図鑑~SWの旅行の写真から

画像




 ドラゴンフルーツとマンゴージュース。

 ドラゴンフルーツは、これまで、凍らせてシャーベット状にしたものは何度も食べたが、そのまま食べたのは初めて。
 ゼリーみたいな食感で、瑞々しくておいしい。

画像




 ドラゴンフルーツなどのトロピカル・フルーツは、今ではすっかり身近になって、いつでもどこでも食べられるようになりましたが、どのような状態でなっているかは、なかなか目にすることがないと思います。
 そこで、連休中に目にした、トロピカルフルーツ(がなっているところ)の写真をご紹介。



画像
画像




 まずは、やはり、ドラゴンフルーツから。

 ドラゴンフルーツの苗。(左)サボテンみたい。
 右は実がなっているところ。まだ赤く色づく前。 

画像
画像


 ドラゴンフルーツを栽培している温室。
 右の黄色くビロビロにのびたのは、花?
 実をそのままにしていたら、実のまわりのトゲトゲがのびてしまったみたいにも見えるが・・・・。

画像
画像



 お次は、パッションフルーツ

画像


 花は、トケイソウそっくりだが、ずっと大きい。
 妖しくく美しい。熱帯の女王。

画像


 実も硬質な感じが美しい。息を吹き込んだばかりのガラス細工みたい。

画像



 おなじみ、バナナ。ありきたりなバナナでも、花は、こんなにすごい。
 花は開くとすぐに落ちてしまうので、ひもでぶらさげて見せてくれていた。(右)

画像
画像





画像
画像



 
  ☆    ☆    ☆



画像
画像




  ☆    ☆    ☆



 パパイヤ。田中一村の美しい奄美の絵を思い出す。

画像
画像



 スターフルーツ
 切ったら、星形のかわいいフルーツ。

画像
画像




  ☆    ☆    ☆



画像
画像




  ☆    ☆    ☆



 ミラクルフルーツ

 これを食べた後だと、どんな酸っぱいものでも甘く感じる、ということで、有名。

画像



 ジャボチカバ

 南米のフトモモ科の植物で、木の幹にぶどうみたいな実がそのままなるそうだが、残念ながら、実はなってなかった。
 栄養成分を多く含み、また、さまざまな効能があることから、現地では万能薬として重宝されているそうだが、日持ちがしないため、日本の市場に並ぶことはめったにないとのこと。なおさら残念。

画像



 幹から直接花が咲き、実がなる、ということでは、カカオノキもそう。
 こちらは花が咲いていた、何とも不思議な光景。

画像




  ☆    ☆    ☆



画像
画像




  ☆    ☆    ☆



 ソテツ二景。
 
画像
画像




  ☆    ☆    ☆



画像




 以上、写真だけ見ると、東南アジアのリゾートにでも行ってきたみたいですが、
 これらはすべて、千葉・館山の、有名な房総フラワーラインにならぶ、
 2つのリゾート施設(オーシャンヴェールリゾート)、

 館山ファミリーパーク

 および、

 南房パラダイス

 で撮影したものです。

 と、いうわけで、
 SWの南房総旅行記の予告編でした。

 ほんとは、また、やわたんまちに行きたかったのですが、その日は宿が取れずに断念。

 日をずらして、ゆっくりと観光、南国気分を味わい、温泉に入ってきたのだ。
 ちょっとだけ、「山登り」にも挑戦。
 追って記事を書くつもり。



▽ 南房パラダイスは、シンガポールの国立植物園と姉妹公園のため、
  なんとマーライオンまでいるのだ。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事