祝!日本ハムファイターズ、リーグ優勝!

 超大型台風が列島を直撃し、南太平洋上の美しい島々では、巨大地震が立て続けに起きて、あいかわらず平穏ならざる日々が続いています。

 台風の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げるとともに、また、地震や津波に襲われた南の島々に関しては、一日も早い復興を心から祈りたいと思います。



 そんな不安定な世の中ではありますが、そうした中、音楽やスポーツなどは、いつもわたしたちを明るい気持ちにしてくれます。

 来年のバンクーバー冬季五輪に向け、フィギュアスケートなどのシーズンも始まって、楽しみなことですが、わたしにとっては、とりあえずは野球。


 日本ハムファイターズ、2年ぶりのリーグ優勝、おめでとうございます。


 前にも書いたように、インフル禍以降、満身創痍の中、高校野球顔負けの全員野球、毎日が明日をも知れぬ総力戦、で、実力でもぎとった栄冠です。
 2~3年前の全盛期に比べると、飛びぬけたスターはそれほどいないかもしれませんが、逆に言えば全員が主役。
 1番から9番まで、どこからでもたたみかけるようなすさまじい攻撃ができ、守備は外野のみならずどこをとっても鉄壁。
 これは、相手のチームにしたら、いやでしょう。よくこれだけのチームに育ってくれたものです。
 こんなにすばらしいチームのファンであることを誇りに思いたいと思います。


 それにしても、
 優勝を決めた6日の、西武との死闘。
 すでに試合途中で優勝が決まってしまいましたが、
 なりふりかまわずに意地を見せる西武に対し、梨田監督の、何が何でも今日札幌で勝つ、という執念の名采配、それに見事に応える選手。
 今年を象徴するかのように、小谷野から始まった攻撃を金子がしめくくる、劇的サヨナラ。
 こんな試合を目の前で見ることができた札幌のファンは、なんて幸せなんでしょう。

 その後の、
 グラウンドで行うのは史上初だという、満員のファンを前にしての、異例の公開優勝記者会見といい、
 梨田監督の「宇宙一のファン」発言といい、
 とにかくファンを大切にして、まずありきのファイターズ。
 なんてうらやましい。
 札幌に住みたくなってきた。

 だけど、もうそろそろ、インタビューなどにも慣れてこなくちゃ。
 みんな、まったく飾ることなく、本音をそのまましゃべるのは、いいことではあるけれど。


 これでしばらくの間、傷を癒し、ダルビッシュが帰ってきて、やむを得ず出場し続けている他の故障選手たちも少しでも復調することができれば、その時は、ついに無敵のチームになるでしょう。
 できるならば、そんな万全の体制で、CSを迎えさせてあげたい。

 いずれにしても、選手の方々はたいへんだとは思いますが、選手のみなさんのおかげで、
 今年もまた、CS、さらには、日本シリーズへと、楽しい夢を見続けることができます。
 楽天が勝ち上がってくれば、ダルVSマーの師弟?対決が楽しみ。野村監督は怖いけど。
 あと、ソフトバンクの底力も、怖いな。

 まあ、どちらが勝ち上がってくるにせよ、これからが本番。厳しい戦いになることは必至。
 心から応援したいと思います。



画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

かげっち
2009年10月15日 13:10
優勝おめでとうございます。
わたしは故郷さっぽろの球団ではなく、かつて沿線に住んだ西武球団をいまだに応援している者ですが、今年のライオンズはシーズンを通してぴりっとしなかったので、CSなどに出なくてよかったと思いますし、日ハムに目の前で胴上げされた悔しさが今後の糧になることを期待しています。

かくなるうえは日本一を目指していただきたく、シリーズまで応援させていただきます。
2009年10月15日 16:28
 かげっちさん、どうもありがとうございます。
 西武は、ダントツのホームラン王おかわりくんや、ハーラートップの涌井がいるのに、残念でしたね。何となく歯車がうまくかみあわない、というのがあるんでしょう。野球は、おもしろい、というか、難しいですね。
 CSの相手としては、楽天やソフトバンクよりも、西武がいやでした。
 短期決戦では、やはり、涌井やおかわりくんはこわいです。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事