鎌倉再訪記’09秋~小春日和の金沢街道に、お茶席付庭園と洋館を楽しめる2つのお寺をたずねる

 鎌倉の谷戸歩き。
 その一番の魅力は、古都鎌倉ならではの奥深さからくる、意外性でしょう。

 あふれる緑に覆われ、たいていは小川に沿ってのびる谷戸の道を登ってゆくと、だいたい決まっていずれかの古寺にたどりつきます。
 それから先は、さらに細い道が続いていたり、また、メインの道以外にも、見るからに味わい深い、いくつもの小路や石段、山道が枝分かれしていたりして、
 それらの道を、気の向くまま、風の向くまま進んでいくと、
 次第に山深くなり、心細くなってきたりしますが、
 それでもなお進んでいくと、やがて、まったく思いもかけないところや、驚くほど展望のよいところに出たり、
 古い社やみごとなやぐら群などを発見することもあります。

 そしてまた、たまに運が良いと、山間に打ち捨てられ、忘れられてしまったような、古い寺社の建築物や、洋館などにでくわすこともあり、これだから、谷戸歩きはやめられません。


 金沢街道の浄明寺付近、平行して流れる鎌倉一の大河?滑川の景観が最も美しいこのあたりに、街道と川とをはさみ、向き合うように静かに佇む二つの禅宗寺院、報国寺浄妙寺(地名と漢字が異なるので注意)。

 この2つのお寺の背後に、それぞれりっぱな洋館があるのは、大昔、時間を見つけては谷戸歩きをしていた頃に発見して知っていましたが、
 現在、それらの洋館が、きちんと整備されて、それぞれの態様で利用されているのを知り、思わず懐かしくなって訪れてみました。

 報国寺は「竹の寺」として昔から人気があり、浄妙寺も鎌倉五山第5位の歴史ある名刹。
 どちらにも、今では、ゆっくりとお茶が楽しめるお茶席付の庭園があり、
 報国寺が、深い谷戸の懐に抱かれたいかにも鎌倉らしい山寺なのに対して、一方の浄妙寺は、広々とした丘陵の斜面に広がる明るくのどかな境内が魅力、と、いうように、それぞれ異なる雰囲気が楽しめるので、
 この2つの寺院を中心にたずねるコースは、短い時間でゆっくりと鎌倉の魅力を味わうにはぴったりなのではないか、と思います。



 * この記事の写真の紅葉などの状況は、11月8日時点でのものです。


 * なお、それぞれの寺社等について、くわしくは、
   「奥の院」に、「鎌倉巡礼」というシリーズを書きます。




画像




 谷戸の道

画像


 谷戸のあちらこちらには、山の中に続く石段や山道が。

画像
画像




 報国寺のある谷戸の奥に佇む洋館、旧華頂宮邸


画像



 内部(窓から撮影)

画像
画像



 庭側

画像



 バラが少しだけ残っていた。

画像

 


 報国寺


 清潔な雰囲気の漂う参道と巨樹

画像
画像



 十月桜とりんどう

画像
画像



 庭園

画像


 庭園奥の見事なやぐら

画像



 有名な竹林。京都などに比べて、元気いっぱい。

画像


画像
画像


 竹林のお茶席

画像




 旧華頂宮邸報国寺のくわしい記事はこちら



 浄妙寺


 陽当たりの良いのどかな境内、おおらかな本堂

画像


 正面は、報国寺裏手にある絹張山。

画像



 花と紅葉

画像
画像


画像
画像






 石庭のお茶席

画像




 裏山の小高い丘の上に建つ石窯ガーデンテラス


画像



画像



 焼きたてパンが絶品!

画像



 風が吹きぬけ、花々がそよぎ、小鳥がさえずる。まるでどこかの高原リゾートみたいなテラス席。
 と、いうか、完全にリゾート。

画像



 イングリッシュ・ガーデン

画像


画像


画像


 ここにも10月桜が。右は、おなじみからすうり。

画像
画像



 ねこ。
 大昔、浄妙寺を訪れるといつもねこがいたが、なんだかその時と同じねこのような気が・・・・。

画像




 浄妙寺石窯ガーデンテラスのくわしい記事は、こちら



 滑川秋色

画像


画像
画像




 杉本寺


画像



画像




 鶴岡八幡宮


画像



 静御前ゆかりの舞殿と関東で最も有名な巨樹。

画像
画像



 国宝館。

 時間があったので、何気なく訪れたところ、

 大本山 光明寺と浄土教美術展 (~11月29日(日)まで)

 をやっていた。

 光明寺は、材木座海岸に向き合って建つ「海の寺」。鎌倉でも有数の巨大伽藍を誇る大寺院。
 古代ハスが咲き乱れる浄土庭園でも知られる。

 ついこの前記事に書いたばかりの、阿弥陀来迎図の名品がクライマックスに置かれている、

 国宝・当麻曼荼羅縁起(当麻寺に伝わる国宝・当麻曼荼羅の由来を描いた絵巻)、

 さらに、やはりその記事の中で、関東の阿弥陀像の名品として紹介した、

 運慶作・浄楽寺阿弥陀三尊像

 などが一同に会しているのを、思いがけずに観ることができた。 

画像



 丸山稲荷・火焚き祭

 本殿向かって左側の岡の上にある丸山稲荷では、火焚き祭が行われていた。
 古きよき村祭りを思わせる、素朴なお祭り。

画像
画像



 鎌倉里神楽
 有名な御霊社面掛行列でも行われる鎌倉神楽を見ることができた。

 弓

画像


 天狗ともどき

画像


画像




 緑と紫のソフトクリーム。名づけてあじさいソフト。
 緑は、抹茶。紫は、ムラサキ芋。

画像




画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事