新生侍ジャパンの旅立ち~東日本大震災復興支援ベースボールマッチ

 台湾代表を始めとする台湾のみなさんへ、心から感謝を込めて。



 3月10日(土)


 東日本大震災復興支援ベースボールマッチ

 侍ジャパン VS  プロ野球 台湾代表



画像




 セレモニー


画像
画像



 チャイニーズタイペイオリンピック委員会旗と日の丸の間に置かれた巨大な青いフラッグには、「友」の文字。
 その周りには、大きな「謝謝」をはじめ、「ありがとう」を意味する世界の様々な文字が。

画像



 ちなみに、君が代は、大きなサングラスをかけた鈴木雅之兄さんが登場、ソウルフルに歌い上げた。(写真無し)



画像




 新生侍ジャパンチームの夢のようなラインナップに、過去のWBCの興奮が蘇る。

 台湾代表の選手については、わたしはほとんど知らなかったが、ラミゴ・モンキーズの選手がたくさん入っていた。
 かつて、まだガッツさんや田中幸雄さんがいた日ハムの黄金時代に、アジアカップの決勝でぶつかって雌雄を決した(記事こちら)、その時の相手が、ラミゴ・モンキーズの前身であるラニュー・ベアーズだったので、何だか親近感がある。
 (ベアーズ→モンキーズというのもちょっとすごい。変わりすぎ) 

画像
画像




 外野近くの席で、遠かったけど、一応、我がファイターズの出場選手を中心に、写真を撮りました。

 (選手名にチーム名が無いのは、北海道日本ハムファイターズ選手)



 
 始球式、そして試合開始。


 先発は、ダルビッシュの後を継ぐ日本のエース、マー君。

 1枚目、マー君のとなり、マウンドに立っているのは、始球式を任された、福島県出身の小五の翔吾君。
 見事な球を投げ、大歓声をあびた。       

画像


 <田中将大:楽天ゴールデンイーグルス>
 
画像
画像



 日ハム長靴下の伝統を引き継ぐ糸井。今や日ハムの顔。 

 <糸井 嘉男>

画像



 中盤から中田先生登場。 

 フォームがもとに戻った、というか、さらにガニマタになった。

 <中田翔>

画像


画像



 中田が打って、中島が続く。夢のようなラインナップ。

 <中島裕之:埼玉西武ライオンズ>

画像



 おかわり。

 <中村剛也>

画像


画像



 シーズン中は、あんなに恐ろしい中島やおかわりが、味方。なんて心強い。


 インターバル

画像



 再び中田。

画像


画像

画像



 佑ちゃん、ぼけぼけになってしまった。    

 マー君、内海、吉見、というすさまじいリレーに交じって、1回だけ、マウンドを任された。
 マー君は、ホームランを打たれたが、佑ちゃんは、あいかわらずなんとなく抑えた。

 <斎藤佑樹>

画像



 浅尾登場で、試合終了。

 <浅尾拓也:中日ドラゴンズ>

画像



 今回は、試合結果は 二の次だろう。
 無理のあるスケジュールの中でのチャリティーマッチ。
 厳しいコンデションを押しての全力プレー、日本・台湾両国のスター選手のプレーにしびれました。 


画像




 台湾のみなさん、ほんとうにありがとう!!

 来年はまた、WBCで、全力で戦いましょう。


画像
画像




 試合終了後、台湾代表の皆さんへ、そこに居合わせたすべての人たちから、心からの拍手が送られたので、うれしかった。
 義を持って大きな支援を寄せてくださった台湾の方々への、一般の日本人の感謝の気持ちが、少しでも、伝わるといいのだが。

画像




※ 「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」について

  NPB(日本野球機構)公式サイト内特設ページは→こちら

この試合と、同日・同会場で昼間に行なわれた、「社会人選抜チーム対大学選抜チーム」の2試合が「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」です。支援内容は以下のとおり。

1.大会収益金の中から義援金を被災地に寄付

2.宮城県、岩手県、福島県で被災され、現在自宅を離れて、関東地方(1都6県)で生活されている方を2階内野自由席に12,000人招待
 → 全入場者35,505名のうち、3,785名の招待者が観戦

3.チャリティーオークションの売上金額全額を寄付
本大会に出場した侍ジャパンのメンバーが着用したユニフォームに、直筆サインしたものをインターネットオークションに出品、売上金は、東日本大震災の被災地、被災者への義援金として全額を寄付


※ 野球界全体の東日本大震災復興支援特設サイトも紹介しておきます→こちら


※ 追記 2012年5月22日付け NPB(日本野球機構)公式サイト「お知らせ」より

東日本大震災復興支援ベースボールマッチの義援金について
【義援金】: 総額1億円
 (1) 「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」の収益の一部 86,542,228円
 (2) 「侍ジャパン・プライドピン」 売上金の一部 777,000円
 (3) 「侍ジャパン チャリティーオークション」 12,680,772円
【大会収益金(1)+(2)の寄付先】
 ・ふくしまこども寄付金 29,106,409円
 ・宮城県こども育英募金 29,106,409円
 ・いわての学び希望基金 29,106,410円
  *上記3機関は、いずれも震災遺児支援活動を主としている。
【「侍ジャパン チャリティーオークション」売上金(3)の寄付先】
 ・日本赤十字社
  *「侍ジャパン チャリティーオークション」の詳細は別記。
  *オークション売上金に端数調整のため加算して送金。


そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2012年03月17日 08:50
この日、ドームの横を通りました。夕方凄い行列が各ゲートに出来ていました。
Noraさんもあの中におられたのですね!
中を見ることは出来ませんでしたが、↑のたくさんの写真で様子が伝わってきました。
マー君と祐ちゃん1度見たいのですが・・
2012年03月19日 16:41
> 夕方凄い行列が各ゲートに出来ていました。

 この前の川端龍子氏の仏像もそうでしたが、奇遇ですね!
 まちがいなく、その列の中にいたものと思われます。

 かつて甲子園で名勝負を繰り広げた二人が、こうして同じ日本代表の投手リレーに名を連ねるというのは、とても感慨深いです。
 マー君に比べると、我がファイターズの佑ちゃんはまだまだちょっと頼りないところもありますが、このような貴重な経験を通じてどんどん成長してくれると信じております。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事