落語と新そば、食欲の秋の話題、ゆる?キャラも再び登場~9月のアルバム・2【三位一体節後19】

 今度の日曜日(10月14日)は、三位一体節後第19日曜日。


 カンタータは、

 1年目のBWV48
 コラール・カンタータ(2年目)の、BWV5
 4年目の、バスのための、おなじみBWV56です。


 過去記事は、こちら。↓


 <三位一体節後第19日曜>

    ソロ・カンタータのすすめ(BWV56、5他)



 9月20日(木) 


 池袋演芸場 9月中席・夜の部


画像


画像



 ものすごくマイペースで自由気ままな円丈さん(ガマの油の創作)、淡々とした揺るぎない真面目落語である意味マイッペースな今松さん(「質屋蔵」)、
 テンション高すぎの白鳥さん(看護婦のミドリちゃんの創作)に、逆にすさまじいまでの脱力系の、漫才の笑組、奇術のアサダ二世、
 一癖も二癖もある個性派?メンバーがそろっていたが、それらをはさむように、最初と最後に聴いた、堂々たる正攻法落語がすばらしかった。(わたしは夜の部第二部の扇遊さんから聴いた)
 どちらも季節感あふれる名作。このあたり、落語はカンタータにも通じる?。

 扇遊さんは、「お菊の皿」。扇遊さんも「お菊の皿」も何度か聴いたことがあるが、お菊さん見物のドタバタが楽しい。

 そして、やはり、大トリの市馬さんが圧巻、最終日なので、なおさら気合が入っていた。(自慢の歌も)

 「船徳」。
 枕もそこそこに、アットホーム?な会場いっぱいに広がる芳醇な落語世界。
 夏の暑い盛りの、四万六千日の縁日の墨田川の情景が鮮やかに眼前に浮かび、
 水に反射してぎらつく真夏の太陽の光、川面を渡る風までが、鮮烈に感じらる。そしてそこに展開する愉快な物語の登場人物の一人一人の顔が、くっきりと見える。

 先日、トーハクで見た国芳の団扇絵の中にも、川遊びの絵がたくさんあった。
 正に、それらの絵を彷彿とさせる世界。


▽ 若旦那、こんなにいなせにはこげない。かっこだけは一人前のようだが。

画像


▽ むしろこんな感じか。

画像




 新そば出たっ。


 そばが香り豊かでおいしいのはもちろん、職人さんの気合いの入り方もちがう気がする。

画像
画像



 上の蕎麦屋、宮城野で、この夏に食べたオリジナル冷やし麺、あれこれ。

画像
画像


画像



 一方、美蕎の夏野菜天。

 おくら、アスパラ、ヤングコーンなどのほか、例によって何だか不明だがおいしい天ぷらがたくさんつく。
 
画像



 美蕎では、ランチメニューが新しくなった。 

画像


 上の写真は、野菜天膳。
 野菜天は三品つき、季節やその日の状況で変わり、その他に、小鉢、デザート、食後のだったん茶がつく。
 もう一つのランチメニューは、野菜天ぶっかけ。
 いつかのカリフラワーに続き、ある日、またまたびっくりする天ぷらがのっていた。
 下の扇形の天ぷら。さて、なんでしょう。(写真を失敗したので、絵を描きました)

画像


 不思議な歯ごたえ、香りもよい。しばらくわからなかったが、食べているうちにわかった。
 えのき。いしづきの部分はくっつけたまま全体をほぐして、扇形にしてあげたようだ。



 なお、10月になってからの話だが、池袋 東武の秋の大北海道展に続いて、

 西武池袋本店の、秋の北海道うまいもの会(~16日(火)まで)

 が始まった。


画像
画像



 初登場の富良野とみ川の、まるで歯ごたえのある日本そばみたいな石臼挽き中華そばなど珍しく、(写真右)
 最近始ったスタンプラリー企画や、女子でも気軽に食べられ、また食べ比べも楽しめるハーフサイズ企画もなかなか良いのだが、
 まあ、北海道展は、全般的に、最近さすがにマンネリっぽくなってきた。


 ところが・・・・、

 そのキャンペーンで、ついにあのキャラが襲来!

 夕張からやってきた、メロン熊
 おいしい夕張メロンを食べ過ぎてこんなになってしまったらしい。

 まったくゆるくなく、もはやゆるキャラではない。
 ポーズをとっては激しく暴れ回り、子供は泣き叫び、女子高生は悲鳴をあげて逃げ回っていた。

画像
画像



 ゆるキャラコーナーが大充実。

 いずれも、「ゆるキャラ」の一言ではすまされない強者ぞろい。

 左から、↑でご紹介したメロン熊、お懐かしのテレビ父さん(さっぽろテレビ塔)、あまりふれたくないまりもっこり、
 感受性強すぎのえべチュン(江別市)、熱血50歳、「シーク・イン!」のマルヤマン(円山動物園)。

画像
画像


 その中で、ひときわ目立っていて、人気だったのが、白チェブコーナー。

 チェブラーシカ、ついに北海道のゆるキャラになったか。

画像



 デパートの人ごみで、えべチュンが泣いていた。

画像




 もらったっ。浅田真央さん関係のプレゼント。

 今、ロッテ・デュアルにチャレンジ中。

画像
画像


画像




 お彼岸の道

画像




 パイン


 何年も前に、最強パワースポット、今帰仁城でお土産に買ったパインに、またチビパインがなった。


 花?

画像
画像



 りっぱに完成。収穫して、また植えました。

画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

2012年10月18日 19:40
コメントしたのですが消えてしまいました。
パインについて、どれが実で?召し上がったのでしょうか?
どの部分を植えられたのでしょうか?
こういう植物を育てるのは楽しいですね。
2012年10月19日 00:54
> コメントしたのですが消えてしまいました。

 このところ、ブログサービス(ウェブリ)の不具合が続いており、ごめいわくをおかけして申し訳ありません。わたしもせっかく書いた記事が消えてしまうようなことが何度かあり、困っています。早く落ち着いてくれるとよいのですが・・・・。

> パインについて、どれが実で?

 花が終わって、一番下の写真の状態になったのが、新しい実です。
 始めは食べようかとも思ったのですが、それほど大きくないので、茎の先の実の部分を切りとって、そのまま植えました。
 このパインで三代目になります。育て方などまったく知らないのでただ水をあげているだけですが、けっこう長生きですね。
 急に茎が伸びたり、花が咲き出したり、予想もしなかったことが次々とおこり、ほんとうにおもしろいです。   

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事