♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒潮の祭典〜南総里見まつりアルバム・その2

<<   作成日時 : 2012/10/26 10:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 つづき。


 前回のせきれなかった山車・屋台・御舟・神輿の写真をいっきょに。



画像




 夕映え通りは、山車や屋台で埋め尽くされ・・・・。


画像
画像




 そして、海岸通りにも。合わせて16台の山車・屋台・御舟が集まっているのだ。


画像




 やがて、海岸通りには、街を練り歩いた後の、お神輿7基が集結。


画像



 子供もいっしょに「サシ」!

画像



画像


画像


画像



画像




 印象に残った山車をいくつかご紹介。
 (やわたんまちに出る山車は、これまで何度かご紹介したので、それ以外を中心に)


 幕に描かれた天を舞う迦陵頻の図柄が優雅で美しい、大塚の山車。
 左写真(後方の幕)は鞨鼓を演奏している迦陵頻、右写真は笙を吹く迦陵頻で、もう一面は鐃鉢(にょうはち=小さいシンバル)を演奏している図柄。
 パンフレットによれば、安房地方で最大級の総けやき造りの山車とのこと。
館山市の北端、漁師町・船形から来ている山車のひとつで、大漁旗が威勢よく降られている。

画像

画像



 堂の下の山車。下の方に人がもぐりこみ、舵を取っている。
 千葉県では、この山車が唯一この舵取り方式なのだそうだ。(たいていは外で舵を取る)
 近くで見物していた祭り好きそうな地元の方が教えてくださった。
 体力を使いそうな方式だ。
 ここも船形の山車で、大漁旗が大きくひらめいている。

画像


画像
画像


画像




 日も暮れて。

 いよいよ、祭りは最高潮!


画像


画像


画像
画像




 夕映え通り

画像


画像



 海岸通り

画像




画像




 明りを灯し、ずらりと並ぶ山車や屋台、御舟が壮観。


画像



 山車

画像



 屋台

画像



 人の海をゆく御舟。

画像




 お囃子が最高。子どもたちの腕前にも舌を巻く。

画像
画像



 鉢合わせ。音楽はさらに高まる。

画像


画像



 たくさんの大漁旗はためき、あたりには大海原、黒潮の香りが濃厚に漂う。
 独特な迫力!

画像


画像




 最後は、海上花火でしめ。


画像



画像



 
 屋台、御舟の帰還。


 車が渋滞している一般道路に次々と突入。


画像



 順番に踏み切りをわたってゆく。ある意味すごい迫力。

画像


画像


 

 翌日、

 10月14日(日)

 あいにくの雨。


画像



 海の眺められるファミレスで、遅い朝食(早い昼食)。

画像



 海岸のステージで、郷土芸能祭が開催される予定だったが、急遽商工会議所に変更になってしまった。

画像
画像



 ダッペエイベント、じゃんけん大会で、ダッペエぬいぐるみキーホルダーをゲット。
 10個用意されていたのを一発でゲットできたので、なかなかラッキーだった。

画像



 ダッペエぬいぐるみ(大)。これは、2個だけしか用意されておらず、だめだった。

画像




 おみやげあれこれ。

 写真左の上部に写ってるのが、ゲットしたダッペエぬいぐるみキーホルダー。

 びわカレーはとてもおいしい。

 鳥取の「鬼太郎の好きなビーフカレー」、岡山のフルーツカレーシリーズと並び、
 わたしが食べたご当地グルメカレーのベスト3に入る。

画像
画像




 ちーば君、幽体離脱か?


画像




そのほかの「記事目次」



♪本ブログ関連リンク♪


  • カンタータ日記・奥の院

  • カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

  • カンタータ日記・別院 観仏の日々

  • 感動をありがとう!
  • 浅田真央さん情報・最新版
  • *常時更新しています!

    宮沢賢治生誕120年
  • 宮沢賢治記事目次



  • ♪全体記事目次♪




    テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(4件)

    内 容 ニックネーム/日時
    なかなか迫力のある、素晴らしいお祭りですね。
    私なんかが知るわけもありませんが、それは宣伝がないせいだけではありません。
    いろいろな興味を持たれて、お忙しいのに飛び歩いていらっしゃるNoraさんのお元気なこと、若い方は違いますね。

    びわカレー美味しかったですか?どんなお味なのでしょうね。
    そういえば、「そらまち」に全国のカレーを売っているお店がありますね。
    tona
    URL
    2012/10/31 19:57
     tonaさん、コメントありがとうございます。 
    ウェブリブログの緊急長期メンテ等のため、お返事がおくれ、もうしわけありません。

     館山のもう一つのお祭り、「やわたんまち」は何度か行きましたが、こちらのお祭りは、以前から気にはなっていたものの、なかなか観る機会がありませんでした。
     思ったよりずっともりあがっていて、なかなかよかったです。
     山車や屋台が出るお祭りはたくさんありますが、海を背景にしての勢ぞろいは南房総らしい独特の雰囲気で、壮観でした。(年によっては、館山城での開催もあるようですが)

     びわカレーは、はっきり枇杷とはわからないのですが、スタンダードな味わいにフルーティーな感じが加わって、とてもおいしかったです。
     ソラマチのお店は、「北野エース」だと思いますが、同じお店が池袋にもあります。
     全国のご当地カレーや、有名店のカレーのレトルトが、ずら〜〜っと本棚のように並んでいて、すごいです。
     時々めずらしいカレーを買って楽しんでいますが、記事中にある鬼太郎カレーや岡山のフルーツカレーもここで購入しました。
     
    Nora
    2012/11/06 12:41
    Noraさんのごカレーの当地グルメベスト3は今度ソラマチに行った時に購入して食べたいと思います。
    来年の手帳に書き込んだところです。
    ありがとうございました。
    tona
    URL
    2012/11/11 11:10
     tonaさん、いつのまにか来年の手帳を用意する季節になってしまいましたね。
     わたしがあげたのは、けっこうスタンダードなものばかりですが、もしお出かけになる機会があったら、ぜひお試しください。ただ、枇杷カレーは、北野エースで買ったことは無いので扱ってるかどうかわかりません。
     他にもご当地ならではの変わったものや、高級な食材を使ったものなどたくさんあったので、きっと迷ってしまいますよ。
    Nora
    2012/11/13 21:38

    コメントする help

    ニックネーム
    URL(任意)
    本 文
    黒潮の祭典〜南総里見まつりアルバム・その2 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる