リニューアルトーハクと新指定国宝~緑輝くトーハクアルバム4月・仏像編【三位一体節】

 今度の日曜日(5月26日)は三位一体節。


 カンタータは、

 初期(1715年)の、BWV165
 2年目、ツィーグラー・シリーズ最終曲、BWV176
 後期(1726 or 27?)のコラール・カンタータ年巻補完作、BWV129

 の3曲です。


 過去記事はこちら↓


 <三位一体節>

    クイズ・3枚の絵(BWV165、129他)+新年巻が始まるにあたってのごあいさつ



 三位一体節を迎え、華やかだった春~初夏のカンタータ・シーズンも一段落、
 来週からは、1年の後半、夏~秋のシーズンが始まり、三位一体節後第○日曜日、というようになります。

 毎年言っていることではありますが、バッハがライプツィヒに赴任したのはちょうどこのタイミングなので、それぞれのバッハのカンタータ年巻も、ちょうどこれから始まります。
 バッハのカンタータ、聴きたいけれど、何から聴いてよいのかわからない、という方、
 季節に合わせて年巻をまとめて聴いていくのが一番です。
 今がチャンス、今後ともよろしくおつきあいください。



画像




 恒例、トーハク・アルバム。

 連休前後から、5月中にかけて、何度か足を運んだまとめ。

 はじめ一つの記事にしようと思いましたが、盛り沢山なため、4月編と5月編の2回にわけました。

 上野公園の緑の鮮やかな変化も合わせて。



 特集陳列 25年新指定国宝・重要文化財 (すでに終了)


画像



 以前、お知らせしたように、運慶と快慶の代表作のうち、なぜかこれまで国宝でなかったものが、仲良く新指定国宝となった。

 展示作品リストに両方出ていたので、まさかと思い観に行ったが、快慶の文殊菩薩渡海像(安倍文殊院)の方は「写真展示」(リストもよく見たら、そうなっていた)。しかも、会場のすみっこの方に、小っさな写真。
 まあ、しかたないか。もし持ってきたら、へたな特別展以上の大騒ぎになるだろうし。ただ、写真でいいから、せめて実物に合わせて、大きなものにしてほしかった。

 運慶の不動明王三尊像(願成就院)は、当然のように、会場のど真ん中にで~んといらしていた。
 躍動感あふれる造形、ぎらぎらと黒光りする表面の質感がさらに迫力を高めている。
 にくらしくなるくらい完璧な仏像。ただ、それゆえに、わたしにはあまりおもしろくない。


 他にも興味深い仏像がたくさんあって、さながら仏像の特別展の様相を呈していたが、
 中でも、新指定重文の、山梨県南アルプス市の江原浅間神社に伝わる「木造浅間神像」が、興味深かった。
 ばらばらの方向を向いて背中を付け合っている三人の女神の間から、素朴な姿をした如来のような仏がにょっきりと飛び出している、これまで見たことも聞いたこともないような像。
 当然、地元では非公開だそうだが、さもあらん。あまりにも奇妙だ。これを見られただけでも行った甲斐があった。
 この後にかんたんにふれる大神社展にも通じる像。神像はほんとうに奥が深い。


 貴重なお姿なので、スケッチして記録させていただきました。

画像




 リニューアル


 今年リニューアル・オープンした、東洋館とミュージアムショップ。

 ミュージアムショップは、本館地下から、本館入り口入ってすぐ左に移動して、かなりおしゃれになった。
 もとのミュージアムショップの前の、アイスクリームの自動販売機がある休憩室が、けっこううらぶれていて好きだったので、どうなったか心配になって見に行ったら、ちゃんと休憩室だけ残されていた。さらにうらぶれて。
 

画像
画像



 東洋館


 勢至菩薩立像(東洋館)

 あのおチビ観音様にせまる美しさ、かわいらしさ。

画像
画像



 その他、日本人にも親しみやすい仏像がたくさん!

画像
画像



 飛天いろいろ

画像
画像




 今月の仏像ルーム


 初見のこの仏像がことのほかすばらしかった。

 法隆寺献納宝物のうち、何と、唯一の木造の如来立像だという。

画像



 さらにすばらしかったのが、那智山経塚出土金銅仏

 祈りの原点を見るような気がする。

 * 右の菩薩半跏像は、総合文化展で展示されていたもの。

画像
画像



 おなじみの方々も。

 文殊渡海五尊像
 ひさしぶりに本来の形でせいぞろいしていたので、しつこいようだが、撮ってみました。
 やはり、美しい!

画像


画像


 迦陵頻伽たちも、本来の位置におさまり、高らかに歌を奏でる。

画像



画像




 新緑のトーハク


 4月

画像



 ユリノキの花が満開

画像
画像




 上野公園

画像
画像


画像


画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事