池袋に島の風!沖縄めんそーれフェスタ @ サンシャインシティ・その1【三位一体節後第2日】

 今度の日曜日(6月9日)は三位一体節後第2日曜日。


 カンタータは、

 ライプツィヒ第1年巻、大作BWV75の勢いそのままのBWV76
 2年目、BWV2

 の2曲です。

 
 過去記事はこちら↓


 <三位一体節後第2日曜>

    始まりはいつも Overture(BWV2、76他)
    (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
    三位一体節後第2日曜日(BWV2、76)



画像




 梅雨の最中ではありますが、今日は、いかにも真夏を先取りするかのような記事。

 

 サンシャインシティ35周年記念

 沖縄めんそーれフェスタ 2013

  5月31日(金)~6月9日(日)


画像
画像



 我が池袋で、このようなイベントが。(何と今年で5回目とのこと。知らなかった)

 しかも、内容がすごい。

 レストラン、水族館等をはじめとしてサンシャインシティの主なところが沖縄色に染まるほか、
 10日間にわたって、ほぼ毎夕ライブ等のイベントが行われ、これまで本ブログでもご紹介してきた、魅力的な沖縄出身の歌手のみなさんが勢ぞろい!


 公式HP



 入口、インフォメーションなど、沖縄のリゾートみたいな雰囲気。
 シティ全体に、三線のメロディが流れ、良い雰囲気。

画像
画像




 イベント会場のB1F噴水広場

画像




 5月31日(金)


昼間にはオープニングセレモニーで、キャンキャンのお笑いライブなどがあったらしい。
夕方から伝統芸能ライブ。


 旬香周島 おきなわ祭り (5月31日~6月2日)

 ~ 沖縄の歌と踊り 三線live沖縄舞踊、琉球空手演武、恩納村エイサー、ほか


途中から見たので演者さんたちがどこの人たちなのかわからなかった。
ステージ上に「恩納村むら興し協議会」の幟旗が立っていたが、これはエイサー用の幟?


 沖縄舞踊

「四つ竹」
おなじみの優美な古典舞踊

画像


左、「夏姿」(なちすがた)
手に持っているのはくばの葉で作られたうちわ
涼しげな創作舞踊、軽やかな踊りが清々しい

右、「浜千鳥」(はまちどり、チヂュヤー)
沖縄音楽好きにはおなじみの、しみじみ良い曲
故郷に残してきた大切な人を思う心を浜辺の千鳥の姿に託して表現

画像
画像


「白扇の舞」
創作舞踊、おめでたい席で踊るための晴れ晴れとした祝儀舞踊

画像


「谷茶前」(たんちゃめー)
アップテンポの演奏と楽しい踊りで盛り上がる
身のこなしがバッチリきまっていてかっこいい

画像
画像


「黒島口説」(くろしまくどち)
「みゃう、みゃう!!」のところのポーズ

画像



ここまで 地謡(ぢうてぇー)はすべてこの三人。
演奏も唄も素晴らしく、ほれぼれした。

画像



 琉球空手演武

ものすごい迫力
型(形?)を見せる武術だが、実践的なものでもある、との説明に納得。
出演者は実力者揃いで、日本のナショナルチームのメンバーもいるとのこと。
すべて琉球空手なのか、日本の空手もはいっているのかは、わからない。

画像
画像


画像
画像


武器を使う古武術
左、十手みたいなのは「サイ(釵)」
右、棒術

画像
画像


組手
恐いくらいの真剣勝負(勝負ではないが)。とんでもないド迫力で冷や汗が出た。

画像


画像
画像



 記念写真タイム

 観客が舞踊グループや空手グループと一緒に、自分のカメラで写真を撮ってもらえる。 

画像



 恩納村プレゼンタイム&エイサー

「ミス沖縄スカイブルー」の又吉さん(右)が沖縄の魅力をアピール
沖縄に関するミニ・クイズコーナーも。

画像


「ミス恩納ナビー」の二人
リゾートホテルが林立する沖縄本島中部の恩納村(おんなそん)は、
18世紀に活躍した琉球を代表する女流歌人「恩納ナビー」のふるさと。
左の女性がナビーの詠んだ琉歌を紹介、「ナークニー」のメロディで歌った。

画像


噴水が吹き上がる中、エイサー隊、入場。
すさまじい太鼓のリズムが、サンシャインに響き渡る。

画像
画像


画像


画像
画像


画像


画像
画像


画像



出演者、みんな集まって、カチャーシー
なぜかブレイクダンスまで飛び出し、大盛り上がり。

画像
画像




 さて、いよいよ、週が開けて6月3日から、

 OKINAWA artist Live 4days (6月3日~6日)

 石垣島が踊りだす (6月7日~9日)


 と、題して、上記会場にて、連日連夜のライブ週間が始まりました。


 はじめ、それらのライブをいくつか聴いた後で、まとめて一つの記事にしようと思ったのですが、
 初日のオープニングが、意外にも盛りだくさんで見どころ満載で、記事が長くなったため、
 
 あとは、島唄編に続く、ということにします。


 6月9日まで、連日注目アーティストが登場しますので、お近くまでいらしてお時間のある方はぜひ。


 公式HP



 物産展&ビアホール


画像



 ゆる~い感じの会場。

画像
画像


 マーミヤかまぼこと宣野湾そば。

画像
画像


 さきほど噴水広場で見たエイサー隊も、そばをゆでたり、大活躍。恩納村ブース。

画像


 すごくこしがある宣名湾そばと恩納村ブースのもずく天丼。

画像
画像


 ビアホール。

 イベントの出場者のみなさんが、ビアホールや物産展会場等でも、歌や踊りを見せてくれる。

画像
画像


画像




 戦利品。

画像
画像


画像




このイベントに連動して、
土曜日(6月1日)には、サンシャイン60通りでもエイサーなどのパフォーマンスコンテストが開催されたようだ。


画像

 


そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

美ら島
2013年06月09日 13:30
めんそーれフェスタに参加したものですが、真ん中の大太鼓担当でした。毎年参加させてもらっていますが、年々お客様の増加傾向で大変感謝しております。
現在のところ、日程は定かではありませんが、来年度も開催するときいております。またのご参加お待ちしております。
2013年06月09日 18:52
 美ら島さん、コメントありがとうございます。
 エイサーは野外で見ることが多く、室内、しかもこんなにすぐ目の前で見たのは初めてだと思いますが、大迫力で感激いたしました。
 恩納村は数年前に行き、その時のことを懐かしく思い出しました。物産展の恩納村ブースの天ぷらもおいしかったです。
 地元池袋でこのようなお祭りが定着しているのを知り、たいへんうれしく思っいます。また来年も行きます。ぜひ、いらっしゃってください!

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事