鴨川シーワールド続き(大水槽、ベルーガ他)&館山アクシオン~梅雨入り直後、房総老舗リゾートの旅2

画像




 この後は、夕方行われる、この日最後のベルーガパフォーマンスの時間まで、ゆっくりと水族館を見学。



 エコ・アクアローム


 はじめは身近な川や池などの世界からスタート。

 でも、ゲンゴロウ、今では幻の昆虫なのだ。
 昔はあんなにつかまえたのに。

画像



 シーワールド付近の房総の海。

 身近な海のはずだが、黒潮の恵みあふれる房総の海には、かつてモルディブや沖縄で親しんだ魚たちが。

画像
画像



 外洋の世界。大物たちも続々登場。

 ものすごく目力のあるマンボウ。

画像
画像



 クラゲの世界、深海の世界。

画像
画像




 展示する生物たち、展示方法ともに、次第にダイナミックになってゆき、ついにここにたどりつく。


 トロピカル・アイランド 無限の海


画像



 上部が手前にせり出している大水槽が迫力!

画像
画像



 あこがれのナポレオンやウミガメ。

画像



 上の方に、ハンマーヘッドも見える。

画像



 美しいビーチもある。

画像
画像




 この後、はるかな水の生き物の旅は、そしてやがてはイルカ、シャチ、アシカなどの海獣たちの世界へと。



 やがて、時間も来て、


 ベルーガパフォーマンス @ マリンシアター


 これも絶対に観たかったのだ。


 マリンシアターに足を踏み入れたとたん、アニメか特撮としか思えないようなファンタジックな光景が目に飛び込んでくる。


 これが、ベルーガ(シロイルカ)。まずは、2頭揃ってご挨拶。

 イルカと言っても、驚くほど巨大で、クジラと言った方が近い。(もっとも生物分類学上は、イルカもクジラも同じ仲間)
 ただ、顔は、ふざけているみたいにかわいい。
 
画像



 小さい方。(これでも)

画像


 大きい方。

画像



 この後、この2頭のベルーガが、司会の進行通りに愛嬌たっぷりに動き、その現実離れした大きさ、容姿と相俟って、まるでディズニーか何かのよくできた特撮スクリーンを見ているとしか思えないような情景がくりひろげられるのだった。


画像
画像



画像
画像



 何だか、最後は、ほんとに、バーチャル映像なのではないか、と疑ってしまうほど。

画像




 外に出ると、雨はもうほとんどあがっていた。


画像



 マンボウカステラを8マンボウ買ったら、2マンボウサービスしてくれた。

 (8マンボウで320マンボウ(円)。お店の人は絶対に円と言わず、お金の単位も「マンボウ」)

画像
画像




画像




 その後は、まっすぐこの日の宿、ホテルアクシオン館山に向かう。



 ホテルアクシオン館山



 バブル期に建設された、当時のはやりの最先端を誇っていた南欧風本格リゾートも、今やすっかり老舗リゾート。ところどころ老朽化しているところも見られ、こちらも昭和風なところが散見されるが、施設のうちの必要な部分はとても大切に維持されていて、海風の影響等で錆びている部分など、かえって本物の海外のビーチリゾートを連想させ、雰囲気満点。
 サービスもよく、快適な「リゾートライフ」を過ごすことができた。



 部屋

画像



 部屋のバルコニーからのながめ。

 雨もすっかりあがって、リゾート気分満点。

画像




 バルコニーでくつろいでいるうちに、庭に灯がともった。

 かえるの声も聞こえてきた。

 南欧がどんな風なのかは知らないけれど、かつて旅行したバリ島の夜を思い出した。

画像




 海の幸をふんだんに使った懐石料理のディナー。
 写真の品の他に様々なものが順番に運ばれてくる。
 夕食は他に、洋食バイキングやイタリアンを選ぶこともできる。

画像
画像




 館内に温泉が2か所あるので、夕食後と翌朝に両方入浴。



 翌日。



 さわやかなリゾートの朝。


画像



画像




 建物の背後に広がるテニスコート。その向こうはさわやかな山。

画像




 朝はバイキング。


 広々とした食堂。左の上部が、昨夜和食ディナーをとったお食事処。

画像




 食事の後は、ゆっくりと束の間のリゾートライフ。



 庭を散策。

画像



 続々と海へ向かうサーファーたち。意外と高年齢の方が多い。

画像



 わたしたちも海へ行ってみる

画像



 チャペル

画像




 館山駅


画像
画像



 ランチ。MONの絶品カレー。

 辛口と中辛を選べずに、ツインカレーをたのんでしまった。

画像
画像



 おみやげ。

 ちょうど枇杷の季節が始まったところ。

画像



 まだ、がんばっていた。

画像



 三越健在!(手前の白い建物)

 池袋のは、閉店して久しいが。

画像



 館山近辺には古社寺が多い。

 アクシオンから館山駅に向かう送迎バスも、いくつかの趣深い山門の脇を通り過ぎて行った。
 いつか、ゆっくりと訪れてみたい。

画像




 富浦駅


 さすが、駅のホームに、すでに枇杷がなっている。

画像



 おいしいケーキ屋さん。

画像
画像



画像



 帰るころになると、すっかり晴れ渡った。まぶしい青空。暑くなった。

画像




画像
画像








そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事