夜の水族館と香港バーチャル旅行~ハロウィンのサンシャインシティ【三位一体節後第19日曜日ほか】

画像




画像



画像






 我がファイターズ、日本シリーズ進出はできませんでしたが、残念、というよりも、(CSに限っては)やるだけのことはやりきった充足感のようなものの方が強い。

 パリーグCS、ファイナルステージ、VSソフトバンク戦、
 VSオリックス・ファーストステージに続いて、両チーム持てる力限りを尽くしたすばらしい戦いだった。

 レギュラーシーズンでは、上位2チームにからむことさえできなかった今季だが、稲葉さんとともに一戦でも多く、その思いだけを胸に、選手もファンも一丸となってCSをただひたすら戦い続けてきた。
 一方、上位2チームにも、もちろん、それぞれの思いや意地がある。
 結果、どちらも最終戦の最後の最後までもつれ込む大熱戦。
 最後の最後、秋山ソフトバンクの前についに力尽きたが、もうこれで十分だと思う。日本シリーズに行ってもしファイターズが日本一になっても、今のファイターズは決して日本一強くは無いからだ。
 それにかなり早い段階で、どこかのチームがあまりにもふがいないせいで、東京ドームで再び稲葉ジャンプを、の夢は断たれてしまっていた。
 昨年の寂しさから比べれば、夢みたいだ。ここまで熱戦を観続けることができて、ほんとうに幸せだった。
 それに、すべてアウェイの厳しい状況の中で、見事フルセット戦い続けた選手たちは、絶対に大きな成長を遂げたはずだ。かけがえの無い力を得たはずだ。
 稲葉さんはもういないけれど、来季がほんとうに楽しみになった。
 選手の皆さん、ほんとにありがとう。

 ソフトバンクは、真のチャンピオンだと思う。日本シリーズ、がんばってください。心から応援します。
 あの晴れの舞台で、稲葉を、そしてマックを胴上げしてくれてありがとう。
 ヤフードームも、わざわざボーン・トゥ・ラブ・ユーを用意し、かけてくれてありがとう。
 そして、秋山監督が大隣を呼んでのヒーローインタビュー。
 いずれもが、歴史の残る、感動的な瞬間だったと思う。

 このパリーグのCSの圧倒的な盛り上がり、そして、戦いが終わっての、選手同士、ファン同士の清々しい心の交流。敵同士ではあるが、一つの目的位のために戦っている一体感。
 パリーグのファンであることを、心から誇りに思う。



 さて、今度の日曜日(10月26日、三位一体節後第19日曜日)のカンタータは、

 1年目のBWV48
 2年目、第2年巻・コラール・カンタータの、BWV5
 4年目の、バスのための、おなじみの名曲、BWV56

 の3曲です。


 過去記事は、こちら。↓


 <三位一体節後第19日曜>

    ソロ・カンタータのすすめ(BWV56、5他)


 また、来週の金曜日、10月31日は、宗教改革記念日。

 カンタータは、大名曲、BWV80を始めとして、後期のBWV79129

 の3曲。

 BWV80は、典型的なコラールカンタータですが、一概に第2年巻と言うことはできない作品です。
 ライプツィヒ1年目に初稿が成立し、その後、バッハが生涯の最後まで大切に大切に手を加え続けた、ある意味バッハの最高傑作のひとつ。

 その他の2曲も、どちらも名作中の名作。

 過去記事をご参照の上、ぜひお気に入りの一曲を見つけてください。


 過去記事↓


 <宗教改革記念日>

    ルターへの思い・父子のきずな~宗教改革記念日(BWV80)その1
    ガーディナーの挑戦~宗教改革記念日(BWV80)その2



 バッハのカンタータとは関係ありませんが、10月31日は、ハロウィンでもあります。

 今日は、サンシャインシティで行われている、かなり身近なハロウィン・イベント。



 HAPPY HALLOWEEN 2014 in サンシャイン水族館

 今年の秋は、海ハロ?空ハロ?

  ~10月31日(金)まで


 ポスターを初めて観た時、サンシャインで、空海がらみのイベントがあるのかと思った。

画像
画像



 海ハロ、空ハロのうち、海ハロ、のレポート。


画像



 まずは、昼間の様子から。つまり、昼ハロ。


 ハロウィンバージョンのパフォーマンス


 実は、基本的にナイトメアー・ビフォア・クリスマスの音楽がかかって、ボールがかぼちゃになっただけ。
 しかし、よく見ると、舞台にかぼちゃがはってあったりする・・・・。

画像
画像



 ハロウィン水槽


 バットフィッシュドラキュラシュリンプゴビー

画像


画像



 お次は、夜ハロ。


画像



 ナイトアクアリウム


画像



 入口

画像



 水中パフォーマンス

 「ハロウィンナイト~癒しの海へ~」


 美しい夜の大水槽。

画像



 司会のお姉さんと水槽の前のカボチャ。

画像
画像



画像


画像



画像



 夜のマリンガーデンへ。

画像



 キーパーズトーク キンカジュー


画像



 係りの方が餌を持って現れると、いきなり巣から飛び出して走り回りだした。動いてるのを初めて観た。
 あまりにもすばしっこくて、うまく撮れない。

画像
画像


画像



 キンカジューの手と舌。

 舌はかなり長いそうだ。

画像
画像



画像



 ハロウィン・グッズ

画像



 恒例、カナロア・カフェのスペシャルメニュー。

画像



画像




 こちらは、ハロウィンとは関係ありませんが、サンシャインシティですばらしいイベントが行われていた。


 10月17日(金) ほか


 香港ミニチュア展

  @ サンシャインシティ 噴水広場 すでに終了。


画像



 噴水広場で開催されていた興味深いイベント。(残念ながら、昨日で終わってしまった)

 香港には行ったことが無いのだが、まるで実際の観光旅行に行っているのと同様に、写真を撮るのが楽しくてしかたない。
 こちらの方にランチに行く度に立ち寄っていた。ちょっとした観光旅行。

 撮った写真を見てみると、本当にリアル。
 不思議なことに、実際の観光でわたしが撮る写真と、アングルや雰囲気が似ているので、ほんとうに香港に行ったみたい?

 展示されているミニチュアの時代的な詳細についてよくわからないが、少し前の懐かしい風景が多いようだ。あるいは、このように過去と現在が混然一体となっているところが香港の魅力なのかもしれない。
 わたしが行った20数年前の上海はそうだった。

 現在、香港はややこしいことになっているが、何とか平和に解決してほしいものだ。


画像



画像



画像
画像



画像



画像


 
 少し前のいかにも香港らしい風景。
 道路に垂直に張り出した物干し竿と雑誌屋。

画像
画像



 満漢全席

画像



 その他、おいしそうな料理がたくさん。

画像
画像



 ミニチュアは、以前青梅で観たことがあったが、もっと日本の観光地や寺院など、ないだろうか。

 がぜん興味がわいてきた。 



 こちら、ほんとうの晩ご飯

画像
画像


画像




 サンシャイン付近のビルのハロウィンの飾り。

 やたら気合が入っていた。

画像


画像
画像


画像






画像





そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

ANNA
2014年10月24日 23:20
Noraさん、こんばんは。

ミニチュアジオラマが大好きなものですから、この香港ミニチュア展のお写真じーっくり拝見いたしました。見たかったなぁ。

渋谷東急本店1階に、1964年当時の渋谷駅東口付近のミニチュアジオラマが展示してあります。当時の渋谷の街は知らなくても、60年後半生まれの私にはデパートの屋上遊園地やアドバルーンなど、たまらなく懐かしいミニチュアが散りばめられていて、いつまでも見ていたくなります。
2014年10月27日 13:49
 ANNAさん、こんにちは。

 わたしはこれまで、どちらかと言うとジオラマみたいな実際の風景が好きで、現実の風景をジオラマのように撮影して楽しんだりしていたのですが、わたしも今回は完全にミニチュアジオラマに開眼いたしました。
 ちょうどいろいろ観てみたいと思っていたので、渋谷の情報はありがたいです。
 今度渋谷の方に行った時に、ぜひ観てみたいと思います。

 そう言えば、以前青梅に行った時、昭和幻燈館というところでジオラマを観たことがありました。こちらは昭和と言ってもかなり古いレトロなものが中心で、今回の香港展ほど細かさを追求したものでなく、雰囲気を重視した作品になっていました。
 いずれにしても、失われた風景の再現というのはロマンですね。
 ジオラマと一口に言ってもいろいろ奥が深いようです。

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事