目指せ、日本一!日ハムで果たせなかった夢をヤクルトに託す!~スポーツの秋アルバムその1

 日本シリーズ、
 福岡ヤフオクドームでの始めの2戦が終わったところですが、ソフトバンク、強すぎ。

 ソフトバンクは昨年の日本シリーズから、ポストシーズン9連勝、
 内川の骨折戦線離脱も、かえって火に油を注いでしまった感じ。

 第2戦で勝利投手となったバンデンハークにいたっては、レギュラーシーズンから、CS、そして日本シリーズと、無敗の11連勝。

 工藤監督、最終回にサファテに投げさせるため、8回の投球後にベンチで必死にバンデンを説得。
 勝利インタビューで、「バンデン、ごめんね。完封できたのに・・・・」って・・・・、

 これが最後の頂上決戦、日本シリーズにおけるインタビューの言葉だろうか。


 レギュラーシーズンは、日ハムがほとんんど相手にならずやられまくり、この1年(というか、何年か)ずっとくやしい思いをし続けてきて、おしまいにはソフトバンク戦士に対する畏敬の念さえ芽生え始めてくる始末で、情けない限り。

 そんな中、ひょんなことから観に行ったヤクルトVS中日戦で、ヤクルトのぞくぞくするような強力打線とていねいで粘り強い戦いぶりに一目惚れし、これなら何とかソフトバンクに一泡ふかせてくれるのではないか、と淡い希望を胸に、これまでずっとヤクルトを応援してきたのだが・・・・。

 無念・・・・!

 だが、一応想定内。
 ヤクルトは、絶対にこれでは終わらない。

 戦いの場も神宮に移る。
 上田、川端、山田、畠山、(できればバレンティンも)、そして、雄平、今浪、大引、中村、
 あの打線が一たび甦れば、決してソフトバンクにひけをとらないと信じている。

 山田VSギータのトリプルスリー対決も、まだほんとうの勝負を観ていない。

 ここは何が何でも神宮に駆けつけねばならないところなのだが、残念ながら、先行抽選、一般発売どちらでも、チケットを取ることが出来なかった。
 TVで全力応援!

 明日は館山ではなく、杉浦が投げるみたい。
 頼むぞ、杉浦。がんばれ、スワローズ!



 新参ヤクルトファンであるわたしは、実はクライマックスシリーズの応援にも行ってまいりましたので、ここではその時の写真を。



画像



画像



画像




 10月14日(水)

 セ・リーグ クライマックス・シリーズ 第1戦 ヤクルトVS巨人



画像



画像




 いきなり外野応援席!初体験。

画像




 国家斉唱、

 さだまさし。

画像
画像



 始球式、

 May J.。なんだ、この組み合わせは。

画像
画像




 プレーボール!

画像



 山田

画像
画像



 畠山

画像



 バレンティン

画像



 鉄壁の守備

画像
画像



 こちらは、長野。

画像




 楽しい。

画像



 やたら楽しい。

画像
画像



 東京音頭

画像
画像


 楽しくってしかたない!

画像




 CS初戦のこの日も、ジャイアンツにやられてしまったのですが、翌日には、ヤクルト強力打線の封印が解き放たれ、それから3連勝でジャイアンツを一気にけちらした。


 その再現を夢見ています。


 がんばれ、川端!山田!畠山!





 ヤクルト選手フィーチャリングのメニュー。

画像


 川端、山田、バレンティン、雄平、みんなおしゃれなお酒。

画像


画像
画像


 畠山だけ、ガッツリした牛サーロイン弁当。

画像




画像
画像


画像
画像


画像




 ラグビー場。一度試合を観てみたい。

画像






そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事