初夏、梅雨の晴れ間のトーハク・アルバム【ヨハネの祝日ほか】

画像



画像



画像



画像




画像




 明日、6月24日は、三位一体節後第5日曜日。

 カンタータは、
 
 初期(1715年)、BWV185、
 第1年巻、BWV24、
 後期、コラール・カンタータ年巻補完作、BWV177、

 の3曲です。

 第1年巻のBWV24は、バッハがライプツィヒ・デビューを飾る超大作を連続して作曲・上演した後、ふっと力を抜いて書き上げた、心にしみわたる珠玉作。
 後期のBWV177は、夏本番を告げるようなおおらかで雄大な冒頭大合唱とそれに続くアリアの花園、後期バッハならではの、「大人のカンタータ」。


 さらに明日は、夏至の大祭、洗礼者ヨハネの祝日でもあります。

 カンタータは、

 第1年巻の、BWV167、
 第2年巻の、BWV7、
 そして後期、バッハの現存する事実上最後の教会カンタータ、大名作BWV30。

 この祝日は、バッハの初夏を代表するような名曲が勢ぞろい、正に初夏のカンタータ祭り!


 と、いうわけで、「爽やかで清々しい」バッハをご堪能ください。



 今日は、カンタータにふさわしく、初夏、梅雨の合間のトーハクのアルバム。



 本館+つつじ

画像



 リゾート風?

画像


 ユリノキと表慶館

画像



 法隆寺宝物館への道

画像



 歴史的建造物1

画像


画像
画像


画像


画像


画像



 2

画像


画像


画像


画像


画像



 法隆寺宝物館の池

画像


画像




 たまには平成館も。


画像



画像




 平成館から見るスカイツリー

画像


画像




画像




 ユリノキ


画像


画像


画像




画像




 つつじの園

画像


画像




 現在トーハクも、梅雨の合間ならぬ特別展の合間ですが、

 新収展等魅力あふれる展示が行われています。


 名作誕生等、展示に関しては、次週以降に書きます。(書くつもり)


画像
画像




 旧東京音楽学校奏楽堂


画像



画像



画像




 さつき祭り

画像


画像


画像
画像


画像



画像





「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事