♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 見どころ意外と盛りだくさんの水戸旅行アルバム【三位一体節後8】

<<   作成日時 : 2018/07/19 10:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今度の日曜日(7月22日、三位一体節後第8日曜日)のカンタータは、


 (おそらく)初期作を改変した、BWV136、
 第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、
 後期のBWV45、

 の3曲です。


 過去記事は、こちら。↓


 <三位一体節後第8日曜>

    三位一体節後第8日曜(BWV45他)
    真夏の幻影、あるいは「夏の夜のオペラ」(BWV45、168)





 ずいぶん時間がたってしまいましたが、今日は、6月中旬の茨城旅行の記録。

  



 茨城の玄関、水戸駅


名古屋駅前のぐるぐるもすごいが、こちらも圧倒的存在感。
水戸のオブジェと言えば真っ先に水戸芸術館が思い浮かぶが、駅から出たらいきなりこれが聳え立っていた。
どうやらこれは時計塔(童謡からくり時計)で、円盤状のところが全開になってたくさん人形が出てくるらしい。
良寛さまのタケノコみたいにデッキを貫いてるところを見ると、デッキ設置以前からあってそのまま保存されたか。

画像


画像
画像



その他、一目で水戸だとわかる、水戸以外の何物でもないオブジェたち。
黄門様、これでは寅さんと同じ架空の人物だ。ご当地の偉人なのだから史実に忠実な姿の方がいいように思うが、それだと誰だかわからないかな。
納豆も、いくら納豆の碑とは言え、そのまんまの巨大な納豆を造ってしかもなぜか立ててある、というのはちょっと・・・・、しかも納豆金ピカです。

画像
画像




 やたら遠い茨城県庁


1999年に、水戸駅に近い水戸城三の丸跡にあった旧県庁から移転した、現在の本庁舎へ。


画像



林木育種センターの広大な跡地に建設された高層ビルで、いまだに茨城県で最も高い建物とのこと。ただ、やたら遠い。水戸駅からシャトルバスが運行している。
最上階が展望ロビーになっていて、筑波山の麓に広がる広大な関東平野を一望に出来る。

画像


画像
画像




 県庁に貼ってあったポスター。

画像




 今回の旅の目的は・・・・、

 もちろん、これだ!!!!!!


画像


画像
画像



これまで全国8カ所の高島屋を巡回してきた、

「美しき氷上の妖精 浅田真央展」

わたしはそのうち、東京、横浜、京都、高崎、名古屋の5カ所に行ったが、今回は初めて高島屋以外の公共施設での開催。しかも、すべて写真撮影OKという驚愕の大判振る舞い!
さらには現在全国各地で開催中の浅田真央サンクスツアーの新しい写真も加わり、雄大な展望が楽しめる明るい会場と相俟ってすばらしい展覧会になっていました。
浅田真央さん初来県!とのことで現地はすごい盛り上がりだった!
と、いうわけで、わたしも渾身の力を込めて可能な限り撮影しつくしてまいりました。
孤高の戦いを続けてきた浅田真央選手の衣裳は、改めて別の記事でアップします。


 会場

画像


画像


画像


画像



会場で上映されている、ブルーレイ&DVD「Smile Forever〜美しき氷上の妖精〜」の特別編集ダイジェスト版、この編集がまたすばらしく、感涙もの、必見の映像で、毎回楽しみの一つ真野だが、
高島屋では真央シアターが設けられて上映されてたのが、茨城県庁展では大型テレビでの上映だった。全体的に素晴らしかった県庁展で、それだけが残念でした。

画像




筑波山の麓に広がる広大な関東平野を一望。
この風景、将門公の昔と基本的にはほとんど変わっていないのでは??
当日は雨交じりの曇天だったため、筑波山さえ見えず、ほんとうに何もない大地を堪能できた。現代においてこんな風景を見ることができるのはここくらいかも。


 筑波山

画像



 牛久大仏

今回の茨城旅行で唯一観た?仏像。
天候が悪かったので、肉眼ではよくわからなかったが、コンデジのズームを最大にして牛久大仏があるという方向に向けてシャッターを切ると、この姿が見事とらえられていた。
すごい。ほんとうに仏様が地平線の彼方に浮かんでいるようだ。

画像


画像



画像



画像




 喫茶・カフェデソラ

何と、納豆パフェが絶品だった。
トルコアイスをフィーチャリングした和風スイーツ、みたいな思いがけないおいしさ、

かなりのび〜る。
ねば〜る君もご来店なさったようだ。
納豆カレーもあるらしい。

画像


画像
画像


画像



いばラッキーくんと真央さんのツーショット。
いきいき茨城ゆめ国体のキャラで、球体にとにかく何でもくっつけられるだけくっつけた、すさまじいキャラ。

画像



画像




 2日間、2回にわたってゆっくりと鑑賞・撮影した後は、

 ゆっくりと観光。


 水戸城址へ。


画像
画像



 弘道館

旧水戸藩の藩校。
第九代藩主徳川斉昭によって創設された。
斉昭自らが、神儒、忠孝、文武、学問事業、治教、それぞれ偏る事無く一致した人間を育てることを目標に掲げた、近代的教育施設。
当時、水戸城三の丸の広大な敷地のほとんど全体を占める日本最大規模の藩校だった。
徳川慶喜はここで学び、徳川幕府がその役割を終えた後は、ここでしばらく謹慎生活を送った。
学問だけでなく精神や武道の鍛錬を目的とした施設であることから、凛とした佇まいが隅々にまで漲る。余計な無駄を排除したシンプルさが美しさにつながっている。
大部分の建物は失われてしまったが、広大な敷地内は公園になっており、梅、桜の名所として知られている。

画像


画像


画像


画像



 県庁三の丸庁舎

弘道館の木と紙による幾何学模様に続き、今回は石と煉瓦が主役。
茨城県三の丸庁舎。
水戸城三の丸、前回ご紹介した弘道館の調練場跡(弓道場・馬場・鉄砲場などがあった)に、昭和5年、茨城県庁として建設された。
1999年に茨城県本庁が別の場所(かなり遠い)の高層ビルに移転した後は、三の丸庁舎として様々な形で県民に利用され、親しまれている。映画等のロケ地としても有名。
何と戦後に1フロア増設されてだいぶ姿を変えていたが、震災後、耐震化に合わせて建設当初の姿に復元された。

画像


画像
画像



 水戸市水道低区配水塔。おとぎの国のお城みたい。思わず住みたくなってしまう?

画像


画像


画像
画像


画像



 道場。水戸東武館。
 現役の武道場。少年少女の勇ましい掛け声が響き渡っていた。

画像


画像




 おみやげ、いろいろ。のび〜るものやねば〜るものなど。


画像



画像
画像



画像






♪本ブログ関連リンク♪


  • カンタータ日記・奥の院

  • カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

  • カンタータ日記・別院 観仏の日々

  • 感動をありがとう!
  • 浅田真央さん情報・最新版
  • *常時更新しています!

    宮沢賢治生誕120年
  • 宮沢賢治記事目次



  • ♪全体記事目次♪




    テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    URL(任意)
    本 文
    見どころ意外と盛りだくさんの水戸旅行アルバム【三位一体節後8】 ♪バッハ・カンタータ日記 〜カンタータのある生活〜/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる