春のスワホー【復活節後第3日曜日】

 今度の日曜日(5月12日)は、復活節後第3日曜日。

 カンタータは、  

 初期のBWV12、初期のバッハを代表する名作です。
 ライプツィヒ2年目、BWV103、
 2年目のカンタータは、コラール・カンタータシリーズからツィーグラー・シリーズに変わり、その第一作目、
 そして、後期作品のBWV146、熟練の後期作品は、今の季節にぴったりの、「美しすぎるアリア」が聴きどころ!
 
 以上3曲です。


 過去記事は、こちら↓


 <復活節後第3日曜>

    無名詩人氏からツィーグラーへ(BWV103他)
    お気に入りのアリア・ピカンダー編、今この季節のための音楽(BWV146、188)



今季初神宮の記事



わたしの今年の初神宮は、先月、4月5日の対中日3連戦の第1戦。

ナイターにはまだ少し寒かったものの、神宮外苑の桜が満開の中の観戦、正に球春到来!

かんじんのゲーム、この日と次の日の試合は、一年に何回かあるかないかというくらいの、緊張感あふれ手に汗握る好ゲーム、
どちらもこれ以上ありえない劇的な逆転勝ちで、開幕早々まるで日本シリーズみたいな盛り上がり、わたしも渾身の全力感動応援、真っ白に燃えつきました。
選手もこちらもこれで1年間持つんかいな、と心配になってしまいました。

超大型連休をはさんだ地獄の12連戦、案の定満身創痍、けっこうギリギリの状態ながら、
御存じのとおり、完全に首位巨人を射程圏内に置く快進撃中!

過酷な連戦で、選手の皆さんはたいへんだろうけど、毎日野球が観られる幸福、そして毎日、すわほー!と笑顔になれる幸福をたくさんかみしめさせていただきました。

特に12連戦の最終戦、絶体絶命の状態から気迫で追いついたドローゲーム、今やスワローズの十八番、またまた五時間近くに及ぶ延長戦。結局ドローに終わりましたが、選手全員の意地と闘志、そして主砲山田の覚醒!
ほんとうにシビれた。

今日から始まる今週末からのジャイアンツとの首位決戦、
そして、ヤクルトが得意とする交流戦が始まるまで、何とか今の状態をキープしてもらいたい!

がんばれ、ヤクルトスワローズ!





画像



画像




画像



画像



画像




画像



画像
画像




画像
画像


 

画像
画像



画像



画像



画像



画像




画像



画像




 やまだ弁


画像



画像
画像




画像



画像



画像



画像




「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事