三位一体節後7 真央旅・初夏の青森その1

DSC04060 (807x1080).jpg


DSC04559 (808x1080).jpg



今度の日曜日(8月4日・三位一体節後第7日曜日)のカンタータは、

第1年巻のBWV186、
第2年巻のコラールカンタータ、BWV107、
後期の、BWV187、

の3曲です。

BWV107は、第2年巻、もちろんコラールカンタータですが、なぜか自由詩の無い、後期によく見られるコラール全詩節テキスト・カンタータの形式になっています。
後期BWV187は、小ミサ曲の原曲となった楽章を含むカンタータです。
これから夏、秋に向けて、小ミサ曲の原曲となったカンタータが多数登場します。
小ミサ曲への編曲は、毎週決まった祭日だけに演奏される、ある意味使い捨て音楽であるカンタータの、バッハ自身による普遍化への試み。
その素材を多く含むカンタータが続く、ということは、つまり、名作オンパレード、ということ。


過去記事は、こちら↓


<三位一体節後第7日曜>
    「小」ミサ聴き比べ&テキスト・カンタータのミステリー(BWV187、107他)



八戸のお祭り


八戸三社祭りの展示


DSC_1465 (810x1080).jpg

DSC04047 (809x1080).jpg


DSC_1473 (810x1080).jpg

DSC04066 (810x1080).jpg


DSC_1481 (811x1080).jpg

DSC_1482 (812x1080).jpg

DSC04059 (1080x810).jpg

DSC04062 (810x1080).jpg



続いて、弘前のお祭


弘前八幡宮祭礼の山車


DSC04571 (809x1080).jpg


DSC04560 (813x1080).jpg


DSC04563 (812x1080).jpg


弘前ねぷたの展示

じゃわめぐ。


DSC04534 (1080x808).jpg

DSC04533 (810x1080).jpg


DSC04417 (794x1080).jpg


「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事