三位一体節後第1日曜日 わが家の植物成長記録

今日(6月14日)は、三位一体節後第1日曜日。


カンタータは、

第1年巻の、気合入りまくりのデビュー曲、BWV75、
第2年巻の、こちらも気合入りまくり、コラール・カンタータ年巻・始まりの4曲の冒頭曲、BWV20、
後期の名作、BWV39、

以上、3曲です。


先週申し上げたように、今週から、1年の後半、夏~秋のシーズンが始まり、祭日の名称も基本的に三位一体節後第○日曜日、というようになります。

毎年くりかえしていることですが、バッハはちょうど今の季節にライプツィヒに赴任したため、何種類か現存する、それぞれの時期のバッハのカンタータ年巻もちょうど来週から始まることになり、従って、バッハのカンタータ年巻をまとめて聴いていきたいという方には絶好のチャンスです。

1年を通じて、それぞれの季節ごとにわたしたちの生活を彩ってくれる、バッハの生涯最高最大の「作品」、「カンタータ年巻」!
バッハのカンタータ、聴きたいけれど、何から聴いてよいのかわからない、という方、
移り変わる季節に合わせて、それぞれの年代の個性の異なる「年巻」をまとめて聴いていくことが、気が長いようでいて実は最も効率的な方法なのではないかと思います。
バッハの生涯最大最高の「作品」、第2年巻「カンタータ年巻」をはじめ、
さまざまなチャレンジに満ちた、若々しい覇気が漲る第1年巻、
後期の円熟が結実した、気宇壮大な自由闊達の境地、ピカンダー年巻などなど、
それぞれバラエティに富んだ魅力にあふれた「年巻」の世界を、四季の移ろいに合わせてじっくり時間をかけて味わってゆく楽しみ!

一歩踏み出すには、正に今がチャンス。
今後ともよろしくおつきあいください。


過去記事は、こちら↓


<三位一体節後第1日曜>

  始まりはいつも Overture(BWV20、75他)
  (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
  きちんと曲目解説~年巻の始まり。この機会に用途不明テキストカンタータの名作を
  バッハの「第3年巻」~BWV39、34の話題を中心に





我が家の仲間たち



柿の木(3年目)

DSC01320 (2).JPG

DSC01602 (2).JPG

DSC01603 (2).JPG

DSC_4425 (2).JPG

DSC01878 (2).JPG

DSC01888 (2).JPG

DSC01504 (2).JPG



あじさい(4年目)

DSC01299 (2).JPG

DSC01300 (2).JPG

DSC01606 (2).JPG

DSC01605 (2).JPG

DSC02013 (2).JPG



シクラメン(もう10年近くになるだろうか)

今年のお正月の状況

DSC00970 (2).JPG



パイナップル(20年近く!)

DSC02002 (2).JPG

背後はシクラメン。まだ咲いておる。

DSC02040 (2).JPG

DSC02099 (2).JPG

DSC02101 (2).JPG



なぞ花 今年も咲いた。(これは、5年目くらい?)

DSC02006 (2).JPG

DSC02060 (2).JPG



どくだみ

DSC02010 (2).JPG



「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事