マリアの訪問の祝日ほか 赤塚大仏の紫陽花

過ぎてしまいましたが、昨日の日曜日(6月28日・三位一体節後第3日曜日)のカンタータは、

初期の大名作、BWV21、
2年目、コラール・カンタータのBWV135、

の2曲。

第2年巻、コラール・カンタータ年巻BWV135は、バッハのコラールカンタータ年巻への意気込みを示す、
コラール・カンタータ年巻そのものの巨大な序曲とも言える、「始まりの4曲」の最終曲となります。



さらに今週の木曜日(7月2日(水))は、おなじみのBWV147が登場、マリアのエリザベト訪問の祝日。


初期の待降節用カンタータBWV147aを改作、ライプツィヒ1年目に初演したBWV147、
第2年巻(コラール・カンタータ年巻)の大傑作、ドイツ語マニフィカト、BWV10。

BWV147ももちろんいいですが、ぜひBWV10を聴いてみてください。
第2曲アリアは、ひたむきな力強さを感じさせる、バッハが書いた最も美しいアリアの一つ。


過去記事はこちら↓


<三位一体節後第3日曜>

  始まりはいつも Overture(BWV135他)
  (参考資料) コラールカンタータ年巻 「始まりの4曲」 一覧
  三位一体節後第3日曜(BWV21、135)


<マリアのエリサベト訪問の祝日>

  マリアとバッハ~はじめて聴くカンタータ
  アドヴェント・クランツのともしび(BWV36、61、62)
  クリスマスとバッハその2・風の中のマリア(BWV147、10)
  対位法とバッハ・その1?
  お気に入りのアリア5・ロマン風マリア(BWV10)



DSC02353 (2).JPG


DSC02348 (2).JPG

DSC02361 (3).JPG


DSC02356 (3).JPG

DSC02356 (2).JPG



DSC02358 (2).JPG


DSC02354 (2).JPG





「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事