三位一体節後第4日曜日 赤塚植物園の紫陽花ほか

今度の日曜日(7月5日、三位一体節後第4日曜日)のカンタータは、

初期(1715年)のBWV185、
第1年巻の心にしみる珠玉作、BWV24、
後期のコラール・カンタータ年巻補完の大傑作、BWV177、

以上の3曲です。


第1年巻、バッハはライプツィヒデビューにあたって気合入りまくりで連続して超大作を書き上げましたが、その後でふっと力を抜いた時に、自然と心のうちよりから滲み出したような名品中の名品がBWV24、
後期、コラール・カンタータ年巻補完作、ということは、もうそれだけで名作、傑作ということ、夏本番を告げるようなおおらかで雄大な冒頭大合唱とそれに続くアリアの花園、後期バッハならではの、「大人のカンタータ」、BWV177。

  
過去記事は、こちら↓


<三位一体節後第4日曜>

  お気に入りのアリア5・ロマン風マリア(BWV24他)
  三位一体節後第4日曜(BWV177)



DSC02315 (2).JPG


DSC02318 (2).JPG


DSC02319 (2).JPG


DSC02319 (2).JPG



DSC02322 (2).JPG


「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事