三位一体節後第7日曜日 赤塚植物園の新施設・農業園 にんじんの花

今日(7月26日・三位一体節後第7日曜日)のカンタータは、 第1年巻のBWV186、 第2年巻のコラールカンタータ、BWV107、のBWV107、 後期の、BWV187、 の3曲です。 BWV107は、第2年巻のコラールカンタータですが、どうしたわけか歌詞に自由詩が無く、コラール・カンタータ年巻捕作目的で後期によく…
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後第6日曜日 赤塚植物園・ユリと竹林

今度の日曜日(7月19日、三位一体節後第6日曜日)のカンタータは、 どちらも後期のBWV170、BWV9、   早くも真打登場! どちらも、夏を代表する名作中の名作です。 特にBWV170は、全編を、夏の輝きを思わせる美しいきらめきとやわらかな舞曲のリズムとに彩られた、名作カンタータ! お聴き逃しなく! 名曲だけに、…
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後第5日曜日 赤塚植物園・昆虫たちのレストラン

今日(7月12日、三位一体節後第5日曜日)のカンタータは、 第2年巻(コラールカンタータ年巻)、早くも究極のコラールカンタータ(の中の1曲)が早くも登場、BWV93。 もう一曲は、後期のドラマティックなオペラ風、BWV88。  過去記事はこちら。↓ <三位一体節後第5日曜>   源流への旅11 古すぎて斬新!…
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後第4日曜日 赤塚植物園の紫陽花ほか

今度の日曜日(7月5日、三位一体節後第4日曜日)のカンタータは、 初期(1715年)のBWV185、 第1年巻の心にしみる珠玉作、BWV24、 後期のコラール・カンタータ年巻補完の大傑作、BWV177、 以上の3曲です。 第1年巻、バッハはライプツィヒデビューにあたって気合入りまくりで連続して超大作を書き上げま…
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事