三位一体節後第9日曜日 東京大仏 蓮に浮かぶお堂

DSC02375 (2).JPG



今日(8月9日・三位一体節後第9日曜日)のカンタータは、

第1年巻のBWV105、
第2年巻のBWV94、
後期のBWV168、

の3曲。


先週ようやく梅雨も明けて、夏本番ですが、折しも真夏を代表する大名曲、BWV105が登場。

ちょうどお盆休みも始まりますが、今年は例年通りにお休みを楽しめない方も多いかと思います。
せめて、バッハの用意してくれた季節の音楽の贈り物に耳を傾け、気分だけでも夏を満喫してはいかがでしょう!


過去記事をご参照の上↓ぜひお聴きになってみてください。

歴史的名演奏を聴くページへのリンクがあり、実際に音楽をお聴きいただけます。



<三位一体節後第9日曜>

  夏空の彼方へ続くプレリュードとフーガ・きちんと曲目解説(BWV105、94他)
  真夏の幻影、あるいは「夏の夜のオペラ」(BWV45、168)



DSC02371 (2).JPG



DSC02365 (2).JPG


DSC02377 (2).JPG



DSC02364 (2).JPG



「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事