三位一体節後第21日曜 秋のサイクリング・荘厳寺の仏像

今日(11月1日、三位一体節後第21日曜日)のカンタータは、

第1年巻のBWV109、
第2年巻(コラール・カンタータ)は、のBWV38。
後期作品のBWV98、BWV188。

古様式を多用し、格調高い雰囲気が全編にみなぎるコラールカンタータのBWV38、
それに対して、全体的にしっとりとした感じ、いかにも「小春日和」という佇まいのBWV98、
そして、秋のカンタータを代表する美しい舞曲アリアが登場!後期ならではの大人のカンタータ、BWV188。
バラエティ豊かな秋の作品群。


一方、昨日(10月31日、土曜日)は、宗教改革記念日でした。

カンタータは、

コラールカンタータのBWV80、
後期のBWV79、129、
の3曲。

バッハにとって大切な祝日のカンタータだけあって、名作、傑作ぞろいですが、やはりBWV80が圧巻。
一応コラールカンタータではあるが、ただし第2年巻の1曲とは一概には言えず、ヴァイマール時代目の初稿をもとにバッハが生涯の最後まで大切に手を加え続けた作品、バッハが最も愛したカンタータの一つと言って良く、従ってある意味バッハの最高傑作の一つでもある。


過去記事はこちら。↓


<三位一体節後第21日曜>

  夢のピカンダー年巻はどこに(BWV188、98他)
  お気に入りのアリア・ピカンダー編、今この季節のための音楽(BWV146、188)
  フーガとジャズは、親戚か?魂のインタープレイ(BWV38、188)






<宗教改革記念日>

  ルターへの思い・父子のきずな~宗教改革記念日(BWV80)その1
  ガーディナーの挑戦~宗教改革記念日(BWV80)その2



DSC03316 (3).JPG


DSC03291 (2).JPG



DSC03286 (2).JPG


DSC03289 (2).JPG


DSC03308 (2).JPG

DSC03306 (2).JPG

DSC03307 (2).JPG

DSC03312 (2).JPG


DSC03299 (2).JPG

DSC03300 (2).JPG

DSC03293 (2).JPG


DSC03295 (2).JPG

DSC03296 (2).JPG


DSC03315 (2).JPG


DSC03322 (2).JPG



「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

過去ログ

テーマ別記事