ハワリンバヤル 2007・春のモンゴル祭り in 光が丘公園

 ハワリンバヤルには、毎年、モンゴル民俗音楽や舞踏の超一流アーティスト、モンゴル出身力士たち(大相撲と本場モンゴル相撲の両方)が勢ぞろいするので、必ず行くようにしています。
 ちょうど、公園の緑が気持ちよいし。



 今年は4月29日、30日に開催。
 わたしは、30日の方に行きました。 
 今年も楽しみにしていたのですが、すっかり寝坊。
 駆けつけたときには、もう、民族音楽と舞踏他のライブは、みんな終わってしまっていました。
 今年は、リンベ(笛)、馬頭琴、アマンホール(口琴)の若手名手、ダワーさんがメインだったようですが、残念。


 去年は、ホーミー、馬頭琴の巨匠、バトオチルさんが出演。(今年もいらしたのかな?)
 夢のように美しいホーミーが、風に乗って、会場をすっかりモンゴルの平原に変えていました。
 写真が出ている記事があるので、代わりにそちらをどうぞ。



 しかたないので、今年は、緑の丘の上で行なわれる、モンゴル相撲をじっくり見ました。


 様々なデモンストレーションで、モンゴル相撲のあらましを紹介をした後、トーナメント方式で真剣勝負が行なわれました。


▽ 試合前には必ず、歌(口上?)にあわせて、踊りを捧げます。(ワシの踊り)

画像



▽ 組んだ時、パンツ(日本のまわしみたいなもの)と、
  おなかにかけたヒモの両方をつかむことができます。
  ヒモがおなかに食い込んで痛そう。
  土俵は無く、地面に倒れるまで取り組みは続きます。

画像


画像


 
▽ 勝った力士は、帽子をかぶせてもらい、踊りながら、国旗のまわりをまわります。

画像



▽ 決勝戦がすごかった。
  巨漢ががっぷりと組んで、まったく動きません。

画像



 もう、ずうっと動かないのですが、ものすごい力がはいっているのでしょう。
 二人とも真っ赤になり、汗が噴出しています。表情も苦しそうです。

 あまり動きが無いので、主催者サイドも、観客に気を使ってくれたようで、
 残って観戦していた歌手の方が、試合中に、馬頭琴の伴奏で、民謡を歌ってくださいました。とても、ラッキー!

 緑の風に乗って、はるかなモンゴル民謡が流れる中、
 木立の間から、まるで時が止まってしまったかのように動かない、モンゴルの一流力士の真剣勝負を見る。
 なんだか、ものすごくぜいたくな体験をしてしまった。

 何度も行事が組みなおしをさせ、
 2曲目の民謡が終わった頃、突然、片方が相手を激しく地面にたたきこみ、ようやく、決着がつきました。


▽ 勝利の踊りの時、優勝力士は、観客に何かなげてましたが、
  わたしの方には投げてくれなかった。何だったんだろう。 

画像




▽ 大相撲のモンゴル出身力士たちも、駆けつけてくれます。
  朝青龍関や白鵬関も来てましたが、恐くて近寄れませんでした。

画像




 会場には、たくさんの屋台が出ていて、例によって、モンゴル料理を食べまくりました。


▽ ラグマン(羊肉かけうどん)とボーズ(羊肉まん)、ホーショル(あげぎょうざ)

画像



▽ 羊肉の石焼

画像



▽ 羊肉の串焼き

画像




 さらに、会場には、いくつかゲル(テント)が置かれています。


▽ 美しいゲルの内部

画像



▽ このゲルでは、書道を展示。

画像



 そのほか、馬頭琴の体験教室のゲルなどもあり、
 生まれて初めて、馬頭琴を弾いてしまった。
 なんとか、音が出た、という感じ。



▽ 会場に、毎年出演されるベテランオルティンドー歌手、(本場モンゴルで修行された)
  伊藤麻衣子さんがいらしたので、写真をとらせてもらった。
  衣装も美しい。

画像


 

 以下、エンディング・セレモニー


▽ 女子プロレスにも、モンゴル勢が進出。
  5月5日の女子プロレスイベント「息吹」でデビューする、エスイさん。
  がんばれ!

画像



▽ モンゴルのスマップ、だそうです。
  ノミン・タルスト。

画像




そのほかの「記事目次」

"ハワリンバヤル 2007・春のモンゴル祭り in 光が丘公園" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

過去ログ

テーマ別記事