アジアフェス~秋のトーハクその1【三位一体節後第17日曜日】

▽ キングギドラか。

画像



▽ 国宝展前ののどかな秋の上野公園。 

画像



画像




 今日(10月12日、三位一体節後第17日曜日)のカンタータは、

 カンタータは、
 (おそらく)第1年巻のBWV148
 第2年巻(コラールカンタータ)、BWV114
 後期のBWV47
 の3曲。

 コラール・カンタータ年間は、いよいよここまできたな、という感じ。


 過去記事はこちら↓


 <三位一体節後第17日曜>

    涸れた谷川にて鹿が水を慕うように(BWV148他)
    三位一体節後第17日曜(BWV114他)



 アジアフェス in トーハク

  @ 東京国立博物館・東洋館ほか ~10月13日(月・祝)まで


▽ 「真ん中に写っている、モフモフの埴輪みたいなものは何ですか?」
  という問い合わせがあったという、問題?のポスター

画像




 2014年日中韓国立博物館合同企画特別展 「東アジアの華 陶磁名品展」

  @ 本館特別5室 ~11月24日(月・休)まで。


画像



 日中韓国立博物館合同企画特別展ということで、それぞれの国の古代から近世にいたる陶磁器から代表的な十五品づつを選りすぐり、一堂に集めて展示している。
 日本で言えば、縄文土器と織部、伊万里が並ぶ、という具合で、ポイントが絞れず散漫なイメージはあるが、アジアの名品がずらりと並ぶ様は壮観。ぜいたくな気分を味わえる。


 特別展は撮影禁止につき、この写真は、以前総合文化展で撮影したもの。
 何だかんだ言って、一番インパクトがあった??

画像




 博物館でアジアの旅


 東洋館・総合文化展から


 名物企画、トーハクの投票 「博物館でアジアの旅 あなたが観たい名品は?」(こちら)で、現在トップ独走中の 緑釉犬君。


画像



画像
画像



 五龍図巻 伝陳容筆

画像


画像
画像



 中国・ベゼクリク石窟の衆人奏楽図

 釈迦涅槃仏の置かれていた石窟の壁面に描かれていた楽団。
 悲しみの表情?がすさまじい。

画像



 アジアンな仏像


 仏頭
  
画像



 中国の千手観音

画像


画像


画像
画像


画像



 小さな仏像たち

画像


画像
画像



 その他、アジアの小さな方々。

 以前ご紹介したあくびちゃんのお仲間。
 実際に観ると、あまりの小ささにびっくりします。どこにあるのか探すのも一苦労? 

画像


画像
画像


画像


画像



 東洋館には、インドの細密画等も。

 ラーガマーラという音楽を絵画化した細密画。(18世紀初)

 とても興味深い作品。当時の音楽は、男性曲に、それぞれいくつもの女性曲と子供曲が付属する構成になっていたとのことで、これは、マールコス・ラーガという男性曲に付属する女性曲を表現しているのだそうだ。

画像



 これまでの東洋・総合文化展の記事、こちらこちら


 トーハク東洋館のゆるキャラ?たち その1その2



 アジアン屋台


画像
画像


画像



 これは、また、ちがう日の様子。
 博物館で野外シネマ(「時をかける少女」)の日。
 (野外シネマ「時をかける少女」のようすは、改めて記事を書きます)

画像
画像




 その他のイベント


 アジアンぬり絵&着てみてポーズ!伝統衣装の会場。

画像



 着てみてポーズ!伝統衣装

画像



 アジアンぬり絵

 下の絵は、写真に写っているぬり絵のもとになった実際の絵。

 すごい色鉛筆セットが用意されていた。
 これを使って、じっくりとインド細密画を塗りたかったが、時間オーバー。

画像
画像


画像
画像



 テーマ別のスペシャルツアー等も連日実施。

画像



 10月5日(日)には、アジアン スペクタクル 中国伝統芸能 京劇・雑技・音楽のショーが開催され、変面なども演じられたようだ。これは行く予定だったが、台風接近で雨がひどかったため、わたしは行くのをやめてしまった。



 10月初旬、本館前のトーハク名物、紅白の萩が満開だった。


画像
画像






 上野公園のイベント、いろいろ。


画像
画像



画像
画像



画像



画像



 陶器市

画像






 国宝展ポスター

 善財童子君と仏陀波利三蔵さん、二人だけで上京の旅!

画像


画像






画像






そのほかの「記事目次」

"アジアフェス~秋のトーハクその1【三位一体節後第17日曜日】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

過去ログ

テーマ別記事