テーマ:ツールドフランス

9月・10月、シーズンをしめくくるすわほー・その2【三位一体節後第23】

 明日(11月4日、三位一体節後第23日曜日)のカンタータは、  初期のBWV163、  コラール・カンタータ(第2年巻)の、BWV139、  そして、4年目の、BWV52、  以上、3曲です。  コラール・カンタータのBWV139、バッハのコラールカンタータ作曲技法も、秋の深まりとともに増々磨き抜かれて、ついに結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行け山田!遥かな夢へと続く道(夏休み神宮アルバム)野球&ツール・スポーツの夏総括【三位一体節後13】

山田哲人選手、7月度月間MVP賞受賞、さらには3回目のトリプルスリーへの第一歩、30ホームラン達成、おめでとうございます! はじめにカンタータのお知らせ。 今日(8月26日、三位一体節後第13日曜日)のカンタータは、 第1年巻のBWV77、 第2年巻、コラールカンタータののBWV33、 その翌年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツールの夏+恒例?毒毒ほか~7月のご近所アルバム

 一日過ぎてしまいましたが、昨日の日曜日(8月6日)は、三位一体節後第8日曜日。  カンタータは、  初期作を改変したと推定される、BWV136、  第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、  後期のBWV45、  の3曲です。  過去記事は、こちら。↓  <三位一体節後第8日曜> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も来てくれた!ツールドフランス さいたまクリテリウム~スポーツの秋アルバム2【宗教改革記念日他】

 ソフトバンク・ホークス。日本一、しかも連覇、おめでとうございます。  ヤクルト、何とか一矢は報いることができたものの、結局力およびませんでした。  ヤクルト打線、バレンティンも含め、みんな終盤には何とか本来の姿を取り戻しつつあったのですが、うまくつながることができなかった。  誰かが打てば、誰かが沈黙してしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツール・ド・フランス 2015~激動の前半戦総括【三位一体節後第7日曜日】

 今度の日曜日(7月19日、三位一体節後第7日曜日)のカンタータは、  第1年巻のBWV186、  第2年巻のコラールカンタータなのになぜか自由詩の無い、コラール全詩節テキスト・カンタータ(のBWV107、  後期のBWV187、  の3曲です。  BWV187は、小ミサ曲の原曲として知られていますが、これから夏、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PVで観たクリテリウム・表彰式ほか~2014 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムその2

 会場の5か所に、PVが設置され、レースの状況を確認しながら生の走りを観戦することができる。    戦いが終わって・・・・、  新幹線が通る高架の下のPVで、表彰式を観る。  ポイントレース  左、ポイントレース1優勝のニコラス・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も生で体感!イエローの疾風!~2014 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムその1

 終盤、猛烈なアタックをしかけてフラムルージュを単独先頭で通過し、見せ場を作ったニバリ。  去年の繰り返しになるが、これはいったいどこの風景?  ニバリ&マイカ  2014 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム   @ さいたま新都心  今年は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏到来!デュフィ展、ツールにTHE ICE、七夕から梅雨明けまでの7月のアルバム【三位一体節後6】

 「ヴァイオリンのある静物:バッハへのオマージュ」。  背景に、モチーフとなった(これは、その他のモーツァルトやドビュッシーへのオマージュ等にも使われている)植物のテキスタイルを敷いてみました。  梅雨も明け、いよいよ本格的な真夏到来ですが、カンタータの世界でも、夏夏を代表する超名曲の登場です。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三種類のアラベラ+NHKクラッシック放送感想~今年前半おさらいディスク&TVその2【三位一体節後5】

 九州地方では梅雨が明け、東京も梅雨明け間近か。いよいよ夏本番。  サッカーW杯は終わってしまいましたが、夏と言えば、ツール・ド・フランス。  現在、激戦の真っ最中。  前半の見せ場の一つ、第5ステージで、雨の石畳の前についに力尽きたフルーム。  あまりにも過酷な条件に、有力選手が次々と遅れてゆく中、ペースを乱すことなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ今月はTHE ICE!浅田真央選手関連ほか~今年前半をおさらいするディスク&TV放送・特別編

 サッカーW杯ブラジル大会、いよいよ決勝、一方ツール・ド・フランスもますます盛り上がりを見せてますが、(ただ、フルームのリタイヤは、昨年さいたまクリテリウムでその雄姿を間近に観ただけに、やはりショッキング・・・・)  今年前半のスポーツ界最大のビッグイベントは、何と言ってもソチ五輪でした。  多くのメダリストたち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二種類の「巨人」~今年前半をおさらいするディスク&TV放送その1【三位一体節後4】

 梅雨もなかなか明けず、全国的に雨の被害も多い上に、超大型台風までが全国を縦断中、心配です。  そんな中、サッカーW杯ブラジル大会、いよいよクライマックスを迎えますが、  一方で、今年もツール・ド・フランスが開幕、こちらは一足早く夏本番!  序章と言うべき熱狂のイギリスステージのうち、第1、2ステージ、そしてフランスで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の白日夢か?ツールの最速軍団がさいたま新都心を駆け抜けた!~さいたまクリテリウム

▽ これは、日本、しかもさいたまでのシーンです。  10月26日(土)  SAITAMA Criterium by Le Tour de France   さいたまクリテリウム by ツールドフランス  さいたま新都心周辺の道路を一時的に車両規制してつくった1周2.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK クラシック音楽館の感想・4月~6月【三位一体節後第9日曜日】

 今度の日曜日(7月28日)は、三位一体節後第9日曜日。  カンタータは、  第1年巻のBWV105、  第2年巻のBWV94、  後期のBWV168、  の3曲です。  BWV105、真夏の大名曲の登場。名演奏。  過去記事をご参照の上、↓ぜひお聴きになってみてください。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年前半観た映画等。ヴェルヌチルドレンの映画。ワーグナー映画。小川さん映画も。【三位一体節後7】

 お江戸の七夕。  今度の日曜日(7月14日)は、三位一体節後第7日曜日。  カンタータは、  第1年巻のBWV186、  第2年巻のコラールカンタータですが、なぜかコラール全詩節テキスト・カンタータのBWV107、  後期の、小ミサ曲の原曲として有名な、BWV187、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R.シュトラウス古楽系?~今年前半聴いたCD・R.シュトラウス編【三位一体節後第6日曜日】

 100周年記念のツール・ド・フランス、  今年は、NHKBSで、「まいにち ツール・ド・フランス!~第100回大会を楽しもう~」というのを、放送してくれている。  現在、中国ドラマ「項羽と劉邦」を観るため、WOWOW契約中なので、今年はJスポの生中継は我慢することにした。  ただ、この「まいにち ツール・ド・フランス!」、以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツールの夏、フィナーレへ+最近聴いたCD・全部聴けるのか?ちょっと無茶な買い物編【三位一体節後7】

 ツール・ド・フランス 2012。  ピレネーの戦いも終わり、マイヨジョーヌを始めとする各賞等、勝負の趨勢も大方定まりつつあります。  今日、ただひたすら真北を目指す第18ステージがあった後、いよいよ今週末は、最後のタイムトライアル、そしてパリ・シャンゼリゼ。  エヴァンスの不調、スカイ軍団のあまりのスキの無さゆえに、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近聴いたCD・ベートーヴェンとウィーン世紀末、20世紀音楽【三位一体節後5】

 新城幸也選手、ツール・ド・フランス第4ステージ(アブビル~ルーアン)、日本人初表彰台、おめでとうございます!!!!  今年も長く熱い戦いの夏、ツールの夏が始まりましたが、いきなり、カンチェラーラの飄々としたマイヨジョーヌぶり、スロバキアチャンピオン・サガンの、度重なるアクシデントをはねかえす激走など、見どころ続出の中、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレー展等に行き、東北に思いを馳せる+ツールの夏

 この7月は、わたしにとって、「ツール・ド・フランスの夏」でもありました。  ほとんど全ステージを生放送で観戦することができ、そのように久しぶりに本腰を入れて追いかけ続けた大会が、実に見どころの多い、感動的な大会となったのは、ほんとうにラッキーでした。  孤高の苦労人、カデル・エヴァンス、男泣きの表彰台。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツの夏

 なでしこジャパン、ワールドカップ優勝、おめでとうございます。  こうして「ワールドカップ優勝」とキーで打つだけで、彼女たちがなしとげた途方も無い偉業に胸が熱くなります。    その他にも、7月は、見逃せないスポーツが目白押し!  まずはプロ野球。  今日の、ダルビッシュVSマー君の息詰まる投手戦、実に見応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事