テーマ:歌舞伎

無条件に楽しい!新年ならではの極上エンターティンメント・通し狂言 「南総里見八犬伝」 @国立劇場

 初春歌舞伎公演  南総里見八犬伝刊行開始200年記念  通し狂言 南総里見八犬伝   @ 国立劇場 大劇場  発 端 (安房)富山山中の場  序 幕 (武蔵)大塚村蟇六内の場           本郷円塚山の場  二幕目 (下総)滸我足利成氏館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月のアルバム~いつものように歌舞伎や建築など【三位一体節後第3】

 今度の日曜日(7月10日)は、三位一体節後第3日曜日。  カンタータは、  初期の大名作、BWV21、  第2年巻、始まりの4曲の最終曲、BWV135、  の2曲です。  過去記事は、こちら。↓  <三位一体節後第3日曜>     始まりはいつも Overture(BWV135他)     (参…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

究極のトロープスC、BWV126+2月のアルバム2 舞楽界のロ短調ミサ他~お江戸の春編【復活節前8】

 まずは、ニュージーランド大地震で被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。  一日も早く、被災された方々が救出され、美しい街が復興されることを願っています。  さて、コラールカンタータ、最後の高峰への登攀、  次なる頂きは、BWV126。  カンタータ第126番 「主よ、われらを汝の御言葉のもとに留めたまえ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

CKの名品BWV3を聴く+H23の三が日は寝正月TV三昧~年末年始のアルバム1【顕現節後第2日曜日】

 3づくしのタイトルになった。なんともめでたい?  カンタータも3のつく曲が多いです。  ウサギと言えば、大国主の命。  オオクニヌシ(ここでは、=大黒様)と言えば、東京では神田神社、ということで、  当然、ここにもいました。しょぼんとして。  (正門(隋神門)の彫刻)  1月16日は、顕現節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルナータカ音楽と五月花形歌舞伎、その他、風薫る5月のアルバム【三位一体節後第2日曜日】

 今度の日曜日、6月13日は、三位一体節後第2日曜日。  カンタータは、  第1年巻のBWV76、  第2年巻のBWV2、  の2曲。  過去記事は、こちら↓。  <三位一体節後第2日曜>     始まりはいつも Overture(BWV2、76他)     (参考資料) コラールカンタータ年巻 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長いお別れ・その2歌舞伎座~何とか間に合った、歌舞伎鑑賞デビュー

 かなり以前から、歌舞伎鑑賞デビューの機会をうかがっていましたが、  銀座・歌舞伎座建て替え計画のため、あの歌舞伎のシンボルとでも言うような現在の建物が、今年の4月いっぱいをもって閉館、取り壊しとなってしまうので、その前に何とか、ということで、まずは3月5日に行ってまいりました。  歌舞伎座さよなら公演 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事