テーマ:ジャズ・ポップス

近代ロック・ついに響きわたる銀河鉄道の汽笛~あがた森魚の2010年代計画前半を総括・新たなる旅立ち篇

 そして、青春のヴァージンVSが21世紀によみがえり、そこから銀河鉄道の幻影が立ち現れる!  (前の記事から続く)  まさかの記念碑的超大作、浦島3部作の余韻が残るうちに、  すぐに、銀河系からもディランからも卒業した新生?あがたさんの第1弾が早くもとどけられた。  近代ロック  ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦島3部作・Fスペクターとディランと~あがた森魚の2010年代計画(前半)を総括・旅の終わり篇

 新しい旅立ちの季節に。  毎年恒例。  バッハのカンタータが無い時の、「最近聴いたCD」の感想文。  今年は、最近どころか、ここ何年か(足かけ4年!)にわたって聴き続けたCDから。    我らがあがた森魚さん、  現在、ニュー・アルバムを1年1枚発表するという「あがた森魚の201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル賞記念・ディランがいた春のアルバム蔵出し(14&16日本ツアーまとめ)【三位一体節後22】

 今年のノーベル文学賞がボブ・ディランに決定し、ほんとうはお祝いの意味もこめてまとめ始めた記事。ぐずぐずしている内に何やら怪しい雲行きになってきてしまったが、記念は記念として、とりあえずアップしておくことにする。  我々音楽ファンにとって、ディランはすでにビートルズなどと同じく、バッハやベートーヴェンと並ぶような、ノーベル賞さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズ&こけし!音楽とアートの池袋の休日+新オープン施設~初夏のご近所アルバム【三位一体節後1】

 今日(5月29日、三位一体節後第1日曜日)のカンタータは、  第1年巻の、BWV75、  第2年巻の、BWV20、  後期の名作、BWV39、  の3曲。  今週から、いよいよ1年の後半、夏~秋のシーズンの始まり、基本的に三位一体節後第○日曜日、というようになります。  最も重要なことは、この時期にバッハが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディランのいる春、再び!4/6東京公演セットリスト他。桜のアルバム付【復活節後第2日曜日】

   ボブ・ディランがまた来てくれた。  しかも、ほとんど一か月の間ずうっと日本にいて、全国各地で今回はホールツアーを敢行!  早速はじめの東京シリーズ、オーチャードホールの3日目(4月6日)に行ってきました。  2年前の大阪、ライブハウスでの生涯初ディランは、四天王寺の聖霊会と重なり、特別な春の記憶、「四月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの仏像と音楽&カレーのコラボ、インドの仏展&庭園桜コンサートほか、春の上野の森のイベント

 4月、GW以前に出かけたトーハク等を中心とした展覧会やイベントの総括。  この前の桜の記事では、個々のイベント等については、くわしく触れられなかったので。  特別展 コルカタ・インド博物館所蔵 「インドの仏」 仏教美術の源流   @ 表慶館 ~5月17日(日)まで  インドや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディランの今の声が記録された「レコード」!~昨年から今年聴いたCD・ジャズ&ポップス編

 ライプツィヒのバッハ先生はお休み中。  ただ何もしていなかったわけではなく、受難曲や何日も続く復活節のカンタータをこの間に書き溜めたりしていて、大忙しだったようです。  わたしも、毎年、この間に、たまってしまったCDの感想等を少しづつアップするようにしていますが、今年はまず、バッハや古楽、クラシック以外のCDから、選りすぐ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新年・羊をめぐる音楽【新年ほか】

 謹賀新年。  今年もよろしくお願いいたします。  新年、新年後第1日曜日(明日、1月4日)、顕現節(来週火曜日、1月6日)のそれぞれのカンタータについては、  クリオラ後半の祝祭日 新年・顕現節周辺のカンタータ一覧  をご参照ください。  過去記事は、こちら↓ <新年…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夢のようなクリスマス!浅田真央選手 on スペクターサウンド!?~クリスマス・オン・アイス 2014

   クリスマス・オン・アイス 2014 Christmas on Ice 2014 (初日・12月21日(日)、夜の部)   @ 新横浜スケートセンター  チケットがなかなか取れずにあきらめかけていたのだが、何とか初日夜公演の立見席をゲット。  当日券で良い席が出たのをあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャズとベースボール~11月のアルバム

 本日午後1時22分、小惑星探査機「はやぶさ2」他を載せたH2A26号機が無事宇宙に旅立ちました。  今頃は、はやぶさ2を切り離している頃でしょうか。  はやぶさ2は、2018年に、地球から約3億キロも離れた1999JU3という小惑星に到着し、1年半滞在した後、2020年には地球に還ってくる予定。  今度はどんな感動をわたした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も池袋がブラジルカラーに染まり~池袋サンバ&フェスタ・ド・ブラジル 2014【三位一体節後14】

 今度の日曜日(9月21日)は、三位一体節後第14日曜日。  カンタータは、  第1年巻のBWV25、  第2年巻の名作、BWV78、  後期のBWV17、  の3曲。それぞれの時期を代表する名曲ぞろいです。  過去記事はこちら↓  <三位一体節後第14日曜>     三位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏旅立っていった3人のアーティストの思い出に【三位一体節後13】

 今度の日曜日(9月14日・三位一体節後第13日曜日)のカンタータは、  第1年巻のBWV77、  第2年巻のBWV33、  その翌年のBWV164、  です。  めっきり秋めいてきましたが、去りゆく夏をしのぶのにぴったりな、夏の終わりのトランペット、BWV77の登場です。  バッハのトランペットと言えば、まずは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四天王寺聖霊会とディランライブ、めくるめく春の一日の記録~常に海を近くに感じた春の関西旅行1

 わたしにとっては、何年に一度、いや、何十年に一度あるかないか、というビックイベントが、同じ日に重なった。  舞台は、大阪。  毎年行われている聖霊会はともかく、ディランのライブにいたっては、何十年に一度どころか、一生に一度あるかないかのことだったかもしれない。  この二つのイベントが、今回の関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディランのいる春(+観音の里の祈りと暮らし展、美ら海フェスティバルほか)~花のアルバム【復活節】

 植物園の春の道。  散り残った花のピンクと新緑の緑が霞みたいに溶け合っている。  前方、地面で雪のように輝いているのは、ニリンソウ。  今年の4月は、ディランがいる4月。  ZEPPライブハウス日本縦断ツアー開催中。  わたしも、最後の方のライブに行く予定。  このところ、ディランのライブの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金の輝きX’マスSP~筒美京平さんのこと、小泉今日子&薬師丸ひろ子他女性アイドルポップス名曲選付

 今さら、ですが、  今年人気だったドラマ、「あまちゃん」。  前半は、キョンキョン扮するお母さんが失われた自分自身を取り戻す物語だった、ということは以前書いたような気がするが、  後半は、同じように、薬師丸ひろ子扮する「大物女優」が自分自身の原点に立ち返る物語だったように思う。  (その中で、リアル社会のキョンキョンと薬師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続々・黄金の輝きは果てしなく続く~今年聴いたCD・伝統音楽+ポップスの王道(日本)編

 CDなどを聴いた時、必ずその場で感想を書くようにしている。  だから年末などは、それをいくつか貼り付けるだけで記事になるのでとても楽なのだが、さすがにちょっと古いのが多くなってしまう。  そのあたりはお許しください。  「黄金の輝き」第3弾、  今日はまず、沖永良部のユタのおばあたちが伝えてきた幻の音楽を、若い才能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・黄金の輝きは果てしなく続く~今年聴いたCD・ポップスの王道編

 毎年恒例、クリスマスまでのカンタータお休み期間を利用した、その年聴いた印象深いCDのご紹介、  今年はジャズやポップスの大御所、御大と言うべきアーティストたちのよいCDがたくさんリリースされましたので、  「黄金の輝きは果てしなく続く」と題してそれらのCDをご紹介していますが・・・・、  「黄金の輝き」と言えば、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

黄金の輝きは果てしなく続く~今年聴いたCD・ジャズの王道編【待降節】

 今度の日曜日(12月3日)は、待降節第1日曜日。  12月に入って待降節になり、カンタータの世界も新しい暦を迎えます。  今後も引き続き、よろしくお願いいたします。  毎年毎年のくりかえしになってしまいますが、  カンタータは、バッハがほとんどその全生涯に渡り、暦に従って作曲していった、日常的な「季節の音楽」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでゆくのか、浅田真央選手の「ノクターン」&ラフマニノフ~NHK杯観戦記【三位一体節後25】

 注:選手の写真は、会場外にあったパネルを撮影したものです。すべて、昨年のNHK杯の様子。      グランプリシリーズ 2013/2014 第4戦 日本大会  NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会 NHK Trophy   2013年11月8日(金)~11月10日(日) @ 国立代々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は池袋にブラジル旋風!~フェスタ・ド・ブラジル @ サンシャインシティ

 またまたサンバの記事です。今度は、池袋だ!  9月14日(土)  東池袋、サンシャインシティやサンシャイン60通り周辺が、ブラジル一色に。  当日のイベント等をご紹介。  AM10:30~PM14:00  池袋サンバカーニバル in サン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン=サーンスを注目の女流演奏家で堪能する-LFJ・聴いたもの~GWアルバム後半の1【昇天節他】

 明日(5月9日・木)は、昇天節。  カンタータは、  1年目の定型カンタータ、BWV37、  2年目、ツィーグラー・シリーズのBWV128、  3年目のBWV43、  おなじみ、昇天節オラトリオBWV11。   さらに、今度の日曜日(5月12日)は、復活節後第6日曜日ということになります。  カンタータは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島唄 at デパートメントストア+新緑と花のアルバム~四月の思い出【復活節後第4日曜日】

 いよいよGWが始まります。  今度の日曜日(4月28日)は、復活節後第4日曜日。  カンタータは、  1年目のBWV166、  2年目のBWV108、  の2曲。    2年目のカンタータは、先週からツィーグラー・シリーズが始まってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年のしめくくり、最後の最後に浅田真央選手SP「アイ・ガット・リズム」を観た!~国別対抗戦2013

 フィギュアスケート国別対抗戦は、シーズン最後のちょっと中途半端な時期に行われることもあり、選手たちにとっては、スケジュール的にも大変だと思うが、観る側からすると、とても楽しい大会。  オリンピックとのからみもあり、TV局は「国の威信をかけた団体戦」などとあおっているが、世界選手権を終えてプレッシャーか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年聴いたCD・ますます盛んなポップスの王道、ジャズの王道+氷上のかぶとむし

 今年も12月8日がやってきました。まずはビートルズ関係の話題を少し。その後で、ジョンがらみの超ド級作品を含む、クラシック以外のCDをご紹介したいと思います。  ビートルズ関係、というのは、他ならぬフィギュアスケートの話題。  グランプリシリーズ、先々週のNHK杯で、各国での転戦も終わって、いよいよ今週、ロシア・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

’12第31回浅草サンバカーニバル・ダイジェストアルバム

 銀座線の田原町で降りて、フィニッシュ地点へ急ぐ。  2年ぶりに無事開催された、浅草サンバカーニバル。  みんなの笑顔が帰ってきた。  8月25日(土)  第31回浅草サンバカーニバル ~パレード    * 以下の各チームごとの詳しい記事を、奥の院に載せる予定です。    楽しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう一人の放浪都市楽師あがたさんと由一「山形市街図」の建築たち(古い建築写真館付)【三位一体節後2】

 今度の日曜日(6月17日)は三位一体節後第2日曜日。  カンタータは、  ライプツィヒ第1年巻の、BWV75に引き続いて気合いは入りまくりの、BWV76、  2年目、BWV2、  の2曲です。    過去記事はこちら↓  <三位一体節後第2日曜>     始まりはいつも Overture…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おめでとう、そしてありがとう、あがた森魚さん!40周年記念ツアー&CDにも小川が流れる

 これは一夜の夢か。(もと)ムーンライダーズ他の日本一の超豪華バンドをバックに、ヴァージンVS復活!?  セットリスト含め、記憶のある限り、記念すべき一夜を再現。  5月12日(土)    あがた森魚 デビュー40周年記念コンサートツアー 「女と男のいる舗道」~東京ファイナル   @ 日比谷公会堂 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝のしぶきが世界を包む。みんな大好き?フィル・スペクター~ポップスの王道、再び?

 先週記事に書いたあがたさんと言えば、日本で最も多く「ビー・マイ・ベイビー」を歌ってる一人、重度スペクター・フォロワーといっていいと思うが、  これは、昨年末、「ポップスの王道」という記事でご紹介したスペクターBOXの、日本盤リリース時に、いっしょにリリースされた、日本独自企画盤。  世界の(笑)重度スペクター・フォロワーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月に向かってさよなら、ムーンライダーズ。そして常にそこにいてくれるあがたさん【マリアのお告げの祝日】

 今度の日曜日(3月25日)は、マリアのお告げの祝日。  レントの期間中ではありますが、闇の中に輝きわたる希望のカンタータ、BWV1の登場です。  バッハは、レント中でも、マリアのお告げの祝日と棕櫚の日曜日が重なった時だけ、例外的にカンタータを書きました。  今年の棕櫚の日曜日は、まだ1週先で、4月1日、それに続く週が受難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地共鳴!ジャズの王道、再び?~「カム・サンデイ」 H.ジョーンズ&C.ヘイデン

 さて、前回の記事を書いた後のこと。  今年に入ってから、とんでもないアルバムがリリースされたので、それにもちょっと触れておこうと思う。  まだ、とても、きちんと感想など、書けそうもないけれど。  これはいったい!?なんなんだ??  と、いうくらい、衝撃を受けたアルバム。  Come Sunday …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事