テーマ:映画

バッハと夏とタイムマシン~サントラバッハ・夏休み特別編+三位一体節後第12日曜日

 北京オリンピックも始まり、来週お盆休みという方も多いと思います。  世の中夏休みということで、今日は、青春ドラマやアニメを中心に。  CDや小説なども、ごちゃごちゃご紹介してますので、夏休みでヒマな少年少女のみなさんは、どれでもいいからぜひ手にとってみてください。  って、誰も見てないな。   わたしにとって、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

最近観たアジアの映画・続き~「こころの湯」

 猛暑や天候不順が続いていますが、みなさん、くれぐれもお体には気をつけてください。  東京は梅雨明けはまだですが、暑中見舞いがわりにちょっとすずしい絵を。  前回の続きで、アジア映画のご紹介。  前回、世界4大おじいさんの話をしたところですが、  今回は、そのうちの一人、中国の朱旭(チュウ・シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近観たアジアの映画~「風の前奏曲」+東西を結ぶ民族楽器・ツィンバロンのこと+三位一体節後第8日曜日

 7月13日は、三位一体節後第8日曜日。  カンタータは、  おそらく初期作を改作した第1年巻、BWV136、(これもミサ原曲)  第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、  後期のBWV45、  の3曲です。  昨年の記事はこちら。   *    *    *  先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュビレーション!ティンク大活躍!~ディズニーランド25周年オープニング・つけたし

 25周年アニバーサリーでお祭り気分一色の東京ディズニーランドですが、  その目玉というべき、スペシャル・パレードが、   ジュビレーション!    です。  これまでのさまざまなディズニー映画のキャラクターたちが総登場、おなじみの名場面等が見事に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近観た世界の映画から~「らくだの涙」ほか+三位一体節後第5日曜日+ヨハネの祝日

 これから7月の始めにかけては、大きな祝祭日が連続して、カンタータも名曲が目白押し、  カンタータファンにとっては、正に、「夏のカンタータの祭典」!  まず、今度の日曜日(6月22日)は、通常通り、三位一体節後第5日曜日ですが、  その2日後の6月24日(火)が、洗礼者ヨハネの祝日です。  三位一体節後第5日曜日のカ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近観た邦画~「アヒルと鴨とコインロッカー」 サントラ・ディラン、「カトリ」 サントラ・シベリウス他

 GW前後に観た、DVDから。今回は、邦画を中心に。  また、みんな音楽に関係するものばかりになりました。  まずは、ボブ・ディランの音楽と、正面から向き合った映画から。  バッハの音楽が登場する映画は、なるべく観るようにして、サントラ・バッハという記事を書いていますが、以前書いた ”ONCE” に続き、サントラ・…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Adieu,plancher des vaches(「素敵な歌と舟はゆく」)~サントラ・バッハ

 最近、映画館に行く機会がありません。  DVDはたまに見てはいるものの、なかなかいい映画に出会えなくて、ちょっとさびしいな、と思っていたところ、思いがけず、とってもすてきな映画にめぐり合うことができました。  タイトルにひかれて、何の知識も無い状態で、発作的にレンタルしたDVD。  しかも、ほんのわずかですが、実に印象的にバ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近観た映画から~3つの音楽映画、「ONCE」、「迷子の警察音楽隊」、「ジプシー・キャラバン」

 東京は、夕方くらいから、雪が激しくなってきました。  こんなに冬らしい冬もひさしぶり。  連休ですが、とりあえずどこにも行かず、この記事を書いています。  暦はレントで、しばらくの間、カンタータはお休み。  わたしも、気ままに、好きなことを書くことができます。  と、いうわけで、まずは、映画のことから。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Vitus (「僕のピアノコンチェルト」)を観た!~サントラ・バッハ

 僕のピアノ・コンチェルト (”Vitus”)     (2006年、スイス、フレディ・M・ムーラー監督作品)  rbhhさんに教えていただいたバッハの音楽が登場する映画の中で、  特に気になっていた、Vitus (邦題=「僕のピアノコンチェルト」)が、  単館上映のモーニングショーで、12月21日(金)まで、上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「バグダット・カフェ」(平均律第1巻)、「アワー・ミュージック」(BWV106)~サントラ・バッハ

 バッハの音楽が登場する映画に関しては、rbhhさんのブログにすばらしいページがあります。  懐の深いバッハの音楽は、映像にもよく合うので、わたしも、なるべく気をつけて見るようにしているつもりだったのですが、このページを見て、真っ青に・・・・!  根がお気楽なもので、ふだん能天気な映画ばかり観ているせいでしょう。  ほとんど観…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ULTRASEVEN X~サントラ・バッハ+「かぐや」のハイビジョン映像と実物大試験機(予告編)

 バッハの音楽が使われている映画は、なるべく観るようにしていて、これまでも何度か書いてきました。  今回は映画じゃなくて、TVドラマ。  しかも、特撮ヒーローもの、ウルトラセブンです。  始めは、たまたま使っただけかな、と思ったのですが、  どうやらその後も使い続けているようなので、一応記事にしておくことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の音楽DVD三昧 「春にして君を想う」(マタイのコラール)&「合唱ができるまで」(真夜中のミサ)

 最近観た、DVDの記録です。  他にもいろいろと観て、印象深い作品もありましたが、ここでは、音楽に関係のある映画を、2作品だけ。  どちらも、いい意味で、こちらの予想を裏切られた作品でした。   1、「春にして君を想う」 Children of Nature   (1991年、フリドリック・トール・フリドリクソン…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「サン・ジャックへの道」(セロー監督) サンティアゴ巡礼映像体験~いつか行ってみたいところ・その3

 フランス映画 「サン・ジャックへの道」  (コリーヌ・セロー監督作品。2005年)  何かの映画に行った時に予告編で観て、絶対観にいこうと思っていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。  そうこうしているうちに、9月末、早くもDVDがリリースされたので、早速レンタルで借りて観ました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

灼熱の新宿、ウチナー三昧!~映画「恋しくて」、オリオンビアフェスト・伊禮麻乃ライブ、エイサーまつり

 すっかり夏です!  夏といえば海。海といえば南の島、沖縄。  この頃はなかなか沖縄に行けなくってさびしいのですが、 (といいつつ、浮気して北海道に行ってしまったですが)  そんなわたしにとって、待ちに待った日が、今年もやってきました。  毎年この時期に、新宿東口で、大々的にエイサーまつりが行われます。  さらに、そ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

G・Wの記録 Vol.2~パタゴニアを舞台にした、犬とおじさんの物語・映画 「ボンボン」

 <G・Wの記録 その2>  アルゼンチン映画 「ボンボン」  (カルロス・ソリン監督作品。2004年)  六本木ヒルズの帰り、乗り換え駅の日比谷で降りて、  ラ・フォル・ジュルネ(国際フォーラム)の様子を見に行きましたが、もうチケットはほとんど売り切れ。  昨年以上の大盛況。  すぐ近くのビック…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぎりぎり間に合った!!ディズニーシーの「ハーバーサイド・クリスマス」

 これまで、クリスマスのディズニーシーには一度も行ったことがありませんでした。  ずっと体調が悪く、今年もあきらめかけていたのですが、  突如決意を固め、「ハーバーサイド・クリスマス」の最終日、クリスマス当日の25日に、無謀にも行ってまいりました。 ▽ イクスピアリでは、ジャックも働いてました。  イルミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマス・イブに「ロード・オブ・ザ・リング」

 クリスマス・イブは、特に予定らしい予定もなかったので、ゆっくりカンタータでも聴いて、1年の反省でもしよう、などと思っていたのですが、  ちょっとTVをつけたら、  アイゼンガルトの瓦礫の上で、メリーとピピンがパイプ草をふかしているシーン  が、目に飛び込んできました。  「ロード・オブ・ザ・リング 第三部 王の帰還」の吹き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北極熊 POLAR BEAR~トールキン博士のおくりもの

 前回のカンタータの記事にのせた、トールキン博士のクリスマス・カードは、  毎年かかすことなく、博士の子どもたちに送られたものです。  ちゃんとお手製の北極の切手が貼ってあり、時には雪でよごれていたりして、びっくりするほどのこり様です。  連続した物語になっていて、  北極柱(ノース・ポール)のすぐそばに住む、サンタと助手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D!飛び出すナイトメアー・ビフォア・クリスマスを観た! + 多摩センターのイルミネーション

 日曜日、ついに、3D版「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観てきました。  ジャックへの熱い思いは、以前書きましたので、くりかえしませんが、  どれだけこの日を楽しみにしていたか・・・・。  ゼロが目の前に飛んできたら、どうしよう。  限定特製メガネをかけて、始まり、始まり。  宣伝のあと、ピクサーの短編映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サラバンド」(ベルイマン監督) + いつか、行ってみたいところ・その2

 バッハの無伴奏チェロ・サラバンドに関係する映画だというので、  11月1日、サービスデーに、観にいってきました。  2003年、スウェーデン映画。  監督は、88歳のイングマール・ベルイマン。  すでに引退していたのに、自らの映画人生を締めくくるべく、  20年ぶりにメガホンをとったそうです。  わたしは、ふだん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズと無伴奏

 山下洋輔の、無伴奏チェロ・ト長調プレリュード。 (ピアノ・ソロ)  バッハがらみのジャズはたくさんありますが、 バッハのメロディーのみを借用して、アドリブを行うだけ、というイメージがあって、正直言ってこれまで、そんなに好んで聴くほうではありませんでした。  それでも、比較的好きで、昔よく聴いたのが、このアルバムです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハッピーハロウィン!ディズニーランドと「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

 少し早いですが、そろそろハロウィンの季節です。プロテスタントでは万聖節をやらないので、ハロウィンはカンタータとはほとんど関係ないのですが、日曜日に、ハロウィン一色の東京ディズニーランドに行ってきたので、そのことを少し。  今は東京都限定割引期間中。(10/18まで。チラシ等が必要。除外日あり)  事務所の福利厚生がらみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメント用ページ Vol.6 バッハの音楽の出てくる映画(「小川の流れる映画」)

 * このページは随時更新いたします。  「小川の流れる映画」 バッハの音楽の使われている映画  バッハの音楽の使われている映画は、なるべく観るようにしています。  カンタータ掲示板の方にも、このような記事がありますので、ご覧になってくださると、うれしいです。  はじめ、本の話題ですが、No.174から、映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事