テーマ:建築

三位一体節後9 真央旅・初夏の青森その3 建築編1

今日(8月18日)は、三位一体節後第9日曜日。 カンタータは、 第1年巻のBWV105、 第2年巻のBWV94、 後期のBWV168、 の3曲です。 今週は、お盆休みだった方も多いと思いますが、折しもしも真夏を代表する大名曲、第1年巻屈指の傑作の一つ、 BWV105が登場。 過去記事に詳し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後8 真央旅・初夏の青森その2

今日(8月11日)は、三位一体節後第8日曜日。 カンタータは、 初期作を改変したと推定される、BWV136、 第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、 後期のBWV45、 の3曲です。 過去記事は、こちら。↓ <三位一体節後第8日曜>     三位一体節後第8日曜(BWV45他)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後6 真央旅・宮城

明日(7月28日、三位一体節後第6日曜日)のカンタータは、 どちらも後期のBWV170、BWV9、   両曲とも、夢見るように美しい夏のカンタータの最高峰! 真夏本番!といった気分になる名作カンタータです。 特に、BWV170は、夏の大空に架かる虹のカンタータ! 過去記事は、こちら↓ <三位一体節後第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三位一体節後5

今日(7月21日、三位一体節後第5日曜日)のカンタータは、 第1年巻のオペラティックなBWV88、 第2年巻、早くも行き着いたコラールカンタータの究極の「カタチ」、BWV93、 の2曲です。 BWV93は、真夏の入道雲のように堂々として威厳に満ちた、格調高い大傑作です。 過去記事は、こちら↓ <三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月・梅雨時の花アルバム【三位一体節後3、4】

 過ぎてしまいましたが、先週の日曜日(三位一体節後第3日曜日)のカンタータは、  初期の大名作、BWV21、  2年目、コラール・カンタータ年巻の「始まりの4曲」の完結編、BWV135、  の2曲です。  さらに、今度の日曜日(三位一体節後第4日曜日)のカンタータは、  初期(171…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り地元サンクスの記録・その2 東京公演【三位一体節後2&マリアの訪問の祝日】

 明日(6月30日)は、三位一体節後第2日曜日。  カンタータは、  ライプツィヒ第1年巻の、BWV76、  2年目、コラール・カンタータ第2曲、BWV2、  の2曲です。。  そして。  来週の7月2日(火)は、皆さまおまちかね、マリアの訪問の祝日。  否が応にもバッハの気合が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り地元サンクスの記録・その1 群馬公演【三位一体節後1&ヨハネの祝日】

 今日(6月23日、三位一体節後第1日曜日)のカンタータは、  第1年巻の、BWV75、  第2年巻の、BWV20、  後期の名作、BWV39、  の3曲。  今週から、いよいよ1年の後半、夏~秋のシーズンの始まり、  今後しばらくは、基本的に三位一体節後第○日曜日、というようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和な初夏のトーハク等【昇天節等】

まずは、カンタータのお知らせをまとめて。 過ぎてしまいましたが、先週の日曜日(5月26日)は、復活節後第5日曜日でした。 カンタータは、 ライプツィヒ1年目のBWV86、 2年目のBWV87、 引き続き、1年目は定型カンタータ、2年目のツィーグラーカンタータとなります。 BWV87、長調のシチリアーノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の桜アルバム・その2【復活節後第2日曜日】

 元号も恙なく令和に変わり、新しい令和時代が始まって初めての記事となります。  令和時代も、引き続きどうかよろしくお願いいたします。  さて、平成→令和に伴う超大型GWも、いよいよ後半、  自宅の周りには人の気配はほとんど無く、心地よい静寂があたりを包み込んでおり、  そんな、「令和な昼下がり」に、これを書いています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の桜アルバム・その1【復活節後第1日曜日】

 明日(4月28日)は、復活節後第1日曜日。  カンタータは、第1年巻のBWV67、  ライプツィヒ2年目の(ただし、もはやコラール・カンタータではなくなっている)BWV42、  の2曲。  どちらも、復活節の雰囲気をそのまま引き継ぐ、春の気配の色濃い名作カンタータです。  復活節のカンタータの一つの側面である、春のし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を告げる鳥と花々&建築~早春アルバム・その2【復活節】

 赤、白、黄色  長いお休みもあっという間に終わり。  今年はかなり遅めでしたが、カンタータの暦でもいよいよ春本番!  先週の日曜日(4月14日)が棕櫚の日曜日だったので、  今日(4月19日)が聖金曜日、そして今度の日曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今さら、ですが、1月のアルバム【復活節前第7日曜日】

 今日は(3月3日)は、復活節前第7日曜日。  バッハのカンタータの最高峰、代表作がずらりと並ぶ祭日です。  バッハのライプツィヒ・トマスカントル就活作品、言わば勝負曲でもあるBWV22、23のセット、  2年目、第2年巻(コラールカンタータ年巻)のクライマックス、長い道のりがたどりついた最高傑作のひとつ、作品の宗教的な内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸の内・紅葉からイルミへ その2クリスマスツリー篇【待降節4&降誕節ほか】

 今日(12月23日)は、待降節第4日、  そして、あさって、12月25日から3日間、いよいよクリスマス、降誕節となります。  さらに今年は待降節第4日がクリスマス直前のため、12月30日の降誕節後第1日曜まで巡ってきます。  さあ、新しい暦が始まって、最初の、そして最大のクライマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移り変わるご近所の彩り~11月のアルバム・後篇【待降節2】

 今週はアドベント中に付き、ライプツィヒのバッハのカンタータはありません。  でも、バッハ先生、決してさぼっているわけではありません。  アドベント・クランツの蝋燭を一本一本ともしていくように、クリスマスを彩る大量の傑作カンタータをかきまくっているところ。   Ⅰ 初旬 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の野球シーズンしめくくり!日米野球、紅葉&イルミ~11月のアルバム・前篇【待降節1】

 今日(12月2日)は、待降節第1日曜日。  いよいよ、アドヴェント、新しい暦が始まります。  バッハの教会カンタータは、その大部分が暦に沿って書かれています。  バッハの宗教曲というと、マタイ受難曲に代表されるようなしかつめらしい音楽を連想される方が多いかと思いますが、実際は、一年を通じてわたした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅周辺で甲府を堪能!~9月連休・山梨甲府小旅行【三位一体節後第21日曜日】

 駅を降りるとすぐに、信玄どんがお出迎え。  今日(10月21日、三位一体節後第21日曜日)のカンタータは、  まず、第1年巻のBWV109、  コラール・カンタータ(第2年巻)、BWV38。  そして、後期作品、BWV98とBWV188  以上です。  コラー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芸術の秋、食欲の秋~9月のアルバム【三位一体節後20】

 まずは、カンタータのお知らせから。  今日(10月13日、三位一体節後第20日曜日)のカンタータは、  初期のBWV162、  第2年巻(コラールカンタータ)の、全編に魅力あふれる舞曲が散りばめられた、秋のカンタータを代表する大名曲、BWV180、  4年目のダイヤログ・カンタータ、BWV49、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のアルバム トーハクの夏休み【三位一体節後】

 今日の(10月11日、三位一体節後第19日曜日)のカンタータは、  1年目のBWV48、  コラール・カンタータ(2年目)の、BWV5、  4年目の、BWV56です。  おなじみ、バスのためのソロ・カンタータ、BWV56の登場です。  もちろんBWV56もいいですが、始めから終わりまで一瞬のスキもないコラールカン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のアルバム お盆休みの旅行・魅惑の水戸へ、再び!【ミカエルの祝日ほか】

 また台風が近づいています。  もういいかげんにしてほしいところだが、とにかく被害が少ないことを、ただただ祈るのみ。  今日(9月29日)は、大天使ミカエルの祝日です。  カンタータは、  (おそらく)第1年巻のBWV50、(断片)  第2年巻のBWV130、  後期のBW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のアルバム 札幌旅行・旅のしおり その2【三位一体節後17】

 今日(9月23日、三位一体節後第17日曜日)のカンタータは、  (おそらく)第1年巻のBWV148、  第2年巻(コラールカンタータ)のBWV114、  後期のBWV47、  の3曲です。  東京地方、突然すっかり秋めいてまいりましたが、第2年巻では、あたかもそれに呼応するかのように、フルートが活躍する曲が続くよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のアルバム 札幌旅行・旅のしおり その1【三位一体節後16】

 北海道を突然の大地震が襲ってから、10日が経ちました。  亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方の生活が一日も早く復旧することを、心より願っています。  夏のアルバム、続いては、7月の北海道旅行です。  当然、地震の前のことなので、大きく変わってしまっているところもあるかと思います。  それを思うと胸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の夏のアルバム・その1(7月)【三位一体節後14】

 今日(9月2日、三位一体節後第14日曜日)のカンタータは、  第1年巻のBWV25、  第2年巻の名作、BWV78、  後期のBWV17、  の3曲。  第1年巻、気合に満ちた充実の傑作、BWV25、  第2年巻・コラールカンタータ年巻屈指の人気曲、BWV78、  そして自由闊達な心が羽ばたく、後期カンタータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルッソオの森に包まれる至福!ルソー、再び!~プーシキン美術館展【三位一体節後12】

 お盆休み中につき、先週はカンタータのお知らせをさぼってしまいました。  遅ればせながら、先週の日曜日(8月12日、三位一体節後第11日曜日)のカンタータは、  初期のソプラノ・ソロカンタータの名作、ソプラノ・カンタータのBWV199、  第1年巻、ミサ曲の原曲を多く含むBWV179、  第2年巻、コラール・カンタータの大作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見どころ意外と盛りだくさんの水戸旅行アルバム【三位一体節後8】

 今度の日曜日(7月22日、三位一体節後第8日曜日)のカンタータは、  (おそらく)初期作を改変した、BWV136、  第2年巻のコラール・カンタータ、BWV178、  後期のBWV45、  の3曲です。  過去記事は、こちら。↓  <三位一体節後第8日曜>     三位一体節後第8日曜(B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球&ツール、スポーツの夏(6月の神宮アルバム)【三位一体節後7】

 今日(7月15日、三位一体節後第7日曜日)のカンタータは、  第1年巻のBWV186、  第2年巻のコラールカンタータ、BWV107、  後期の、BWV187、  の3曲です。  BWV107は、第2年巻のコラールカンタータなのですが、作詞者が不在だったのか自由詩が無く、後期によく見られるコラール全詩節テキスト・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とか梅雨空を吹き飛ばしてほしい!夏のカンタータたち~6月の身近なアルバム【マリアの訪問の祝日ほか】

 西日本の豪雨、たいへんな災害になってしまいました。  これ以上被害が拡大しないことを願うとともに、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。  また亡くなった大勢の方々のご冥福をお祈りいたします。  それではカンタータのお知らせです。  前回の記事にカンタータのお知らせを乗せていなかったため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏、梅雨の晴れ間のトーハク・アルバム【ヨハネの祝日ほか】

 明日、6月24日は、三位一体節後第5日曜日。  カンタータは、    初期(1715年)、BWV185、  第1年巻、BWV24、  後期、コラール・カンタータ年巻補完作、BWV177、  の3曲です。  第1年巻のBWV24は、バッハがライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事